東京電力の電気料金は高い?一番お得な電力会社を徹底比較

世界的にも大都市として知られている東京ですが、その都市を支えているのが電力会社であることは間違いありません。その中でも、東京電力の果たす役割は非常に大きなものがあり、これは個人だけでなく企業にとっても同じです。

ただ、東京電力も紆余曲折を経て様々な困難に立ち向かっています。特に、電気料金という面では他の電力会社に対して高いイメージがあります。

では、実際にどの程度金額的に高いものなのでしょうか?ここでは、東京電力の電気料金や、他の電力会社との違いについて紹介していきます。

東京電力の電気料金情報まとめ

東京電力は、その名の通り東京を中心として首都圏1都7県と静岡県の富士川以東に電力を供給している会社です。このエリアには、東京だけでなく横浜や川崎などの大都市もありますし、京浜工業地帯もあります。日本を支えるエリアに安定して電力を供給しているのが特徴です。

その歴史を紐解くと、1883年に設立された東京電燈が起源となっています。その後、大日本帝国による国策によって、第二次世界大戦直前の1939年4月に発電および送電設備が整備されます。

この時は、半官半民の企業であった日本発送電の管轄となったのですが、さらに太平洋戦争直前の1941年8月には、首都圏における送電事業が関東配電に移管されます。太平洋戦争終結後には、GHQによる再編命令が下されたことに従い、1950年11月24日にGHQがポツダム命令を発して電気事業再編成令と公益事業令が公布されます。

これによって、1951年5月1日に関東配電の営業地域を引き継ぐ形で発足しました。1951年の設立以来、事業地域に自社の保有する原子力発電所を置かない電力会社として知られていますが、実際には福島県、新潟県、青森県に原発があり電力供給を受けています。

複数の都道府県を営業区域としている一般電気事業者としては日本で唯一、都道府県名を社名としている特徴もあります。商用電源周波数については、東京電燈時代にドイツ帝国から輸入した50 Hz仕様の発電機を採用していて、その後も東京電力管内においては50 Hzでほぼ統一されています。ただ、群馬県甘楽郡および吾妻郡だけでは60 Hzとなっています。

2016年現在、合計196箇所、6,750万1240kWの発電能力を兼ね備えています。それぞれの発電能力は、以下のようになっています。

水力発電所
・塩原発電所
・今市発電所
・鬼怒川発電所
・矢木沢発電所
・玉原発電所
・佐久発電所
・神流川発電所
・葛野川発電所
・早川第一発電所
・秋元発電所
・猪苗代第一発電所
・安曇発電所
・水殿発電所
・新高瀬川発電所
・中津川第一発電所
・信濃川発電所

火力発電所
・広野火力発電所
・常陸那珂火力発電所
・鹿島火力発電所
・千葉火力発電所
・五井火力発電所
・姉崎火力発電所
・袖ケ浦火力発電所
・富津火力発電所
・品川火力発電所
・大井火力発電所
・川崎火力発電所
・東扇島火力発電所
・横浜火力発電所
・南横浜火力発電所
・横須賀火力発電所

内燃力発電所
・大島内燃力発電所
・新島内燃力発電所
・神津島内燃力発電所
・三宅島内燃力発電所
・八丈島内燃力発電所
・利島内燃力発電所
・青ヶ島内燃力発電所
・小笠原父島内燃力発電所
・小笠原母島内燃力発電所
・御蔵島内燃力発電所

原子力発電所
・東通原子力発電所
・福島第二原子力発電所
・柏崎刈羽原子力発電所

他にも、次のような発電所を共同運営しています。
・新地発電所
・勿来発電所
・鹿島共同発電所
・君津共同発電所

東京電力の電気料金推移

東京電力では、新しい発電にもチャレンジしており、コスト低減に向けて様々な施策を行っております。
東京電力における、平成以降の電気料金の推移は以下のようにまとめることができます。
改定時期
改定率
改定の経緯
1951年8月13日
24.0%
物価上昇および第1次資産再評価実施による資本費増加のため
1952年5月11日
24.2%
物価上昇および第2次資産再評価実施による資本費増加のため
1954年10月1日
11.6%
電源開発および第3次資産再評価実施による資本費増加のため
1961年8月5日
13.7%
電源開発と送・配電設備の拡充強化に伴う資本費増加および燃料費増大のため
1974年6月1日
東京63.04%
燃料費の高騰・環境対策費および電力供給設備拡充に伴う資本費の増大、諸物価の高騰
1980年4月1日
52.33%
燃料費高騰および資本費増大
1988年1月1日
▲19.16%
燃料費の低減
1989年4月1日
▲3.11%
消費税の導入にあわせて原価補正
1996年1月1日
▲5.39%
経営効率化の実績・見込による原価の低減
1998年2月10日
▲4.20%
経営効率化の実績・見込による原価の低減
2000年10月1日
▲5.32%
経営効率化の実績・見込による原価の低減
2002年4月1日
▲7.02%
経営効率化の実績・見込による原価の低減
2004年10月1日
▲5.21%
経営効率化の実績・見込による原価の低減
2006年4月1日
▲4.01%
経営効率化の実績・見込による原価の低減
2012年9月1日
8.46%
原子力発電所の停止等に伴う燃料費の増加

東京電力の値上げの主な要因は原発

東京電力では、2012年にここまで値下げしていた中で8.46%の値上げを断行しました。この主な理由としては、原子力発電所の停止等に伴う燃料費の増加を取り上げています。

これは、他の電力会社でも同様の動きを見せているだけにさほど目新しいものではありませんでしたが、東日本大震災の中でも大きな事故として後世にわたって影響を及ぼすのが原発事故です。

福島第一原発事故によって、単純に一つの原発が使用できなくなっただけでなく、全国の原子力発電所の在り方について問われる事態となっています。2019年現在でも、まだ稼働再開のめどが立っていない原発も多数ありますが、それによって燃料費が増加している事実があります。

また、福島原発は廃炉に向けて莫大な費用が発生することが懸念されていますが、東京電力の経営にも大きなインパクトを与えているのは間違いありません。

東京電力の電気料金確認と計算方法

東京電力では、電気料金としては基本料金、電力量料金、再生可能エネルギー発電促進賦課金の合計額で計算しています。基本料金は、契約電流(アンペア)、契約電力(キロワット)によって変動する仕組みを採用しています。

電力量料金については、使用電力量によって算出することができ、燃料費調整額を燃料費の変動に応じて加算もしくは差し引いていきます。具体的な計算式は、次のようになっています。

電気料金 = 基本料金 + (電力量料金単価 × 一ヶ月の使用電気量) ± (燃料費調整単価 × 一ヶ月の使用電気量) + (再生可能エネルギー発電促進賦課金 × 一ヶ月の使用電気量)

実際に請求される金額を知りたい場合は、最も手っ取り早い方法では検針票で確認することで確認可能です。また、東京電力のホームページを閲覧すると電気使用量をシミュレーションする機能があり、使用することでより請求額に近い金額を把握できます。

東京電力の電気料金プラン一覧

東京電力では、多彩なニーズに柔軟に対応するように、魅力的な料金プランが用意されています。自分に合ったプランを選択することで、よりお得に電気を利用することができます。

東京電力における、代表的な料金プランには以下があります。
・スタンダード(S、L)
・プレミアム(S、L)
・スマートライフ(S、L、プラン)
・夜得プラン(8、12)
・アクアエナジー100
・従量電灯B・C

では、それぞれのプランにどのような特徴があるのでしょうか?

スタンダード(S、L)

スタンダードプランは、東京電力の中でも一般的なご家庭に向けて提供しているプランです。Sはアンペアブレーカまたは電流を 制限する計量器による契約は10A~60Aとなり、Lは主開閉器(漏電遮断器など)の容量に応じて、6kVA以上の場合の契約に適用できます。

細かな金額は、以下のようになっています。
Sの場合
種類・区分
単位
料金単価
基本料金
10Aにつき
1契約
280円80銭
電力量料金
最初の120kWhまで
1kWh
19円52銭
120kWhをこえ300kWhまで
1kWh
25円98銭
300kWhをこえる
1kWh
30円02銭
最低月額料金
1契約
231円55銭

Lの場合
種類・区分
単位
料金単価
基本料金
1kWhにつき
1契約
280円80銭
電力量料金
最初の120kWhまで
1kWh
19円52銭
120kWhをこえ300kWhまで
1kWh
25円98銭
300kWhをこえる
1kWh
30円02銭
最低月額料金
1契約
231円55銭

プレミアム(S、L)

プレミアムでは、一定の使用量までは定額となるので、それ以上はおトクに利用できるプランです。ペットを飼っている場合など、月々の電気のご使用量が多い方におすすめのプランであります。

具体例を挙げると、月平均の電気料金が17,000円以上の方におすすめできます。
Sの場合
種類・区分
単位
料金単価
基本料金
10Aにつき
1契約
280円80銭
電力量料金
定額料金
(〜400kWh)
1契約
9,700円
従量料金
(401kWh〜)
1契約
29円04銭

Lの場合
種類・区分
単位
料金単価
基本料金
1kVAにつき
1契約
280円80銭
電力量料金
定額料金
(〜400kWh)
1契約
9,700円
従量料金
(401kWh〜)
1契約
29円04銭

スマートライフ(S、L、プラン)

スマートライフは、割安な夜間の電気を上手に使ってスマートに暮らすをコンセプトとしたプランです。主に、オール電化住宅に住んでいるお客さまにおすすめのプランです。

エコキュートなどの総容量1kVA以上の夜間蓄熱式機器を使用していて、キッチンや空調も電気という方に適しています。

Sの場合
種類・区分
単位
料金単価
基本料金
10Aにつき
1契約
280円80銭
電力量料金
午前6時〜翌午前1時
1契約
25円33銭
午前1時〜午前6時
1契約
17円46銭
最低月額料金
1契約
231円55銭

Lの場合
種類・区分
単位
料金単価
基本料金
1kVAにつき
1契約
280円80銭
電力量料金
午前6時〜翌午前1時
1kWh
25円33銭
午前1時〜午前6時
1kWh
17円46銭

夜得プラン(8、12)

夜得プランは、夜間の電気使用量の割合が高くなるほどお得になるプランです。日中は不在がちの家庭や電気炊飯器や食器洗い乾燥機をタイマー予約で夜間に使用したりする場合、夜間の電気をよりお得に利用することができます。

夜トク8
種類・区分
単位
料金単価
基本料金
1kVAにつき
1契約
210円60銭
電力量料金
午前7時〜午後11時
1kWh
32円14銭
午後11時〜翌午前7時
1kWh
20円78銭
最低月額料金
1契約
231円55銭

夜トク12
種類・区分
単位
料金単価
基本料金
1kVAにつき
1契約
210円60銭
電力量料金
午前9時〜午後9時
1kWh
33円76銭
午後9時〜翌午前9時
1kWh
22円55銭
最低月額料金
1契約
231円55銭

アクアエナジー100

アクアエナジー100は、水力100%でCO2フリーとみなされる、エコな電気料金プランとなっています。また、このプランを限定とした特典も多くあります。
種類・区分
単位
料金単価
基本料金
10A
1契約
550円80銭
15A
1契約
826円20銭
20A
1契約
1,101円60銭
30A
1契約
1,652円40銭
40A
1契約
2,203円20銭
50A
1契約
2,754円00銭
60A
1契約
3,304円80銭
電力量料金
最初の300kWhまで
1kWh
23円40銭
300kWhをこえ1kWhにつき
1kWh
30円02銭

従量電灯B・C

従量電灯B・Cは、従来からあるご家庭向けの料金プランであり、時間帯にかかわらず料金単価は同一となっているので、時間を気にせず電気を使うことができます。契約の大きさによって、10~60Aの範囲ではB、60Aを超える場合はCとなります。

従量電灯B
種類・区分
単位
料金単価
基本料金
10A
1契約
280円80銭
15A
1契約
421円20銭
20A
1契約
561円60銭
30A
1契約
842円40銭
40A
1契約
1,123円20銭
50A
1契約
1,404円00銭
60A
1契約
1,648円80銭
電力量料金
最初の120kWhまで(第1段階料金)
1kWh
19円52銭
120kWhをこえ300kWhまで(第2段階料金)
1kWh
26円00銭
上記超過(第3段階料金)
1kWh
30円02銭
最低月額料金
1契約
231円55銭

従量電灯C
種類・区分
単位
料金単価
基本料金
1kVA
1契約
280円80銭
電力量料金
最初の120kWhまで(第1段階料金)
1kWh
19円52銭
120kWhをこえ300kWhまで(第2段階料金)
1kWh
26円00銭
上記超過(第3段階料金)
1kWh
30円02銭

その他のプランまとめ

その他では、すでに受け付けは終了していますが以下のようなプランがあります。
・電化上手…オール電化住宅の方などにおススメなプラン
・おトクなナイト8・10…給湯は電気、夜型の生活をしている方などにおススメなプラン
・深夜電力ピークシフトプラン朝得プラン…電気温水器を利用されている方におススメなプラン
・夜得プラン…夜型の生活をされている方におススメなプラン
・半日お得プラン…お得な時間が12時間確保されているプラン
・土日お得プラン…土日在宅されることが多い家庭向けなプラン

東京電力の電気料金は高い?他の会社と徹底比較

東京電力は、原子力発電所に関しては供給エリア外に設置して、そこから送電される仕組みを採用しています。それもあって、余計なコストがかかっていることもあり、価格が高いのが実情です。

また、エリア内にある他の電力会社と比較しても高い印象があるのが事実です。

東京電力と他の電力会社の料金比較

東京電力エリアにおいて、他に利用できる電力会社で特にお得になる会社としては、次があります。
・loopでんき
・ENEOSでんき
・ソフトバンクでんき

東京電力の従量電灯プランと同等のプランで料金比較した場合、次のような違いがあります。

アンペア容量
東京電力
従量電灯B
looopでんき
おうちプラン
ENEOSでんき
Vプラン
ソフトバンクでんき
おうちでんき
15A
421円20銭
0円
421円20銭
421円20銭
20A
561円60銭
0円
561円60銭
561円60銭
30A
842円40銭
0円
842円40銭
842円40銭
40A
1,123円20銭
0円
1,123円20銭
1,123円20銭
50A
1,404円00銭
0円
1,404円00銭
1,404円00銭
60A
1,684円80銭
0円
1,684円80銭
1,684円80銭

最もオトクなのがlooopでんきで、基本料金がなんと無料となっています。

使用量別で比較すると、以下にまとめることができます。
使用量
東京電力
looopでんき
ENEOSでんき
ソフトバンクでんき
200kwh(1〜2人・30A)
5,264円80銭
5,200円00銭
5,112円00銭
5,365円20銭
300kwh(2〜3人・30A)
7,864円80銭
7,800円00銭
7,521円00銭
8,119円20銭
500kwh(3〜4人・40A)
14,149円60銭
13,000円00銭
12,951円80銭
14,344円00銭
700kwh(4〜5人・50A)
20,434円40銭
18,200円00銭
18,382.6円60銭
20,568円20銭

最もお得なのがENEOSでんきで、700kwhであれば2,000円近く低い金額で利用することができます。

関東で一番お得な電力会社はどこ?

関東エリアで最もお得に利用できる電力会社はlooopでんきです。基本料無料で利用できるというのが最も魅力的であり、実際に金額ベースでも東京電力と比較してお得感があります。

東京電力の従量電灯B 40A 520kWh/月で想定すると、年間約14,000円以上も節約することが可能です。Looopでんきは、東日本大震災の被災地において太陽光発電を設置するボランティア活動を発端として誕生しました。

当時の経験から、自宅で設置できる太陽光発電所を開発して、エネルギービジネス業界で注目を集めていました。また、低価格さも魅力的であり多くのメリットをもたらしてくれる会社として利用価値は高いものがあります。

大規模な発電所はないものの、中小規模なソーラー発電を用いて効率よく発電している点にも注目です。

電気会社を変更すれば電気料金がお得に

一昔前までは、電力会社は基本エリアに1つしかなく、選択肢がありませんでした。ただ、電力自由化によって参入しやすくなったこともあって、一気に参入企業が増えて価格競争が激化しています。

その中で、いざ東京電力から乗り換えようと思っても躊躇してしまうものです。また、

電気会社の変更は簡単?

実際に電力会社を乗り換えようと思っている場合、どのような手続きを踏めばよいか悩むものです。ここでは、以下の電気会社における乗り換え手続きについて紹介します。
・J:COM電力
・東急パワーサプライ

J:COM電力

J:COM電力は、50万件以上の加入実績のある電力会社です。全国にネットワークがあり、特に関東方面で多くの加入者がいます。

50A契約で、年間6,696円もお得になる点に注目が集まっています。また、乗り換えの手続きも容易で、簡単に行うことができます。

申し込みはホームページ上から行い、乗り換え時に東京電力への連絡は不要で、すべてJ:COM電力で対応してくれます。また、スマートメーター設置についても立ち合いが不要となっています。

東急パワーサプライ

東急パワーサプライは、電力自由化に伴って新電力として参入しました。エリア自体は関東地方のほぼ全般となっていますが、東急グループの電力会社となってるので、主に東急沿線である東京都、神奈川県(特に横浜市、川崎市など)でのシェアが高いことで知られています。

同グループに属しているイッツ・コミュニケーションズやケーブルテレビ品川とのセットによる割引によって、よりお得に利用することができます。乗り換えの申し込みは、以下の方法から行うことができます。
・ホームページ、アプリ
・電話
・東急でんき窓口

申し込み後、スマートメーターが概ね1か月以内に設置されて、供給開始となります。

まとめ

東京電力エリアでは、多くの電力会社がひしめき合っていて、価格競争が激化しています。東京電力自体も経営努力によって値下げするように努力していますが、あらゆる選択肢を加味してよりお得な電力会社を見つけ出し、お得に利用しましょう。