ニチガスは高い?メリット・デメリットを口コミ・評判から比較

「ニチガスを使っているけどもしかして高い?」「他のガス会社と比べてどうなの?」と気になりますよね。

ガス自由化によってガス会社を選べるようになったので、それぞれのガス会社を比較して自分によってよりお得なところを選べるようになりました。

結論から言うと、電気とセット割引だと安いです。ただ、他のプランや現状のガス器具などによっても変わってきます。

この記事を読めば、どのような時にどれくらい安くなるのか?他のガス会社と比べてどれくらいお得なのかが分かりますので、是非チェックしてみてください!

ニチガスの基本情報

引用:https://www.tainavi-switch.com/contents/27912/

ニチガスは、エネルギー会社の一つで、東京都渋谷区代々木に本社を置いている会社で、ガス自由化によって東京ガスのエリアに参入しました。

LPガスをメインに供給しているガス会社ですが、都市ガスも扱っていて都市ガスの料金プランには「+プラン」があります。

ニチガス配給エリア

ニチガスの配給エリアは

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 静岡県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県

地域によってそれぞれ料金が異なっているので注意しましょう。

ニチガスは高い?料金プランまとめ

ニチガスのガス料金は月にいくらかかるのかご紹介します。

ニチガスのガス料金は、ニチガスの公式サイトで月々の料金を算出することができるので確認してみてください。

>ニチガス 公式サイト

切り替える際の工事についてですが、他の都市ガスからニチガスの都市ガスに切り替える場合には工事をする必要はありませんが、LPガスから都市ガスに切り替える場合には工事が必要になります。

都市ガスの基本料金

エリアによって異なりますが、東京ガスの配給エリアでの都市ガスの基本料金は、以下のようになっています。

1カ月のガス使用量 ニチガス基本料金 ニチガス基準単位料金
0㎥〜5㎥ 145800 000
5㎥〜20㎥ 78084 139円90銭
20㎥〜80㎥ 105797 126円05銭
80㎥〜200㎥ 122213 123円99銭
200㎥〜500㎥ 183773 120円92銭
500㎥〜800㎥ 594173 112円71銭
800㎥〜 1168733 105円53銭

後ほど、東京ガスエリアで細かく比較しており、実際に安くなることがわかるようにご説明しています。

LPガスの基本料金

LPガスの基本料金の算出は以下のやり方で可能です。

基本料金1,500円+従量料金440円×ガス使用量m³+消費税

例えば、利用ガス量が10m³の場合には1,500円+440円×10m³+消費税472円で、ガス代金は6,372円になります。

お得なプラン

ニチガスにはお得になるプランがいくつかあり、プランに申し込むには公式サイトのお申し込みフォームで情報を入力して申し込むことができます。

【電気とセット契約】
ニチガスでんきとセットで契約します。
毎月300円引き(年間3600円)

【ビットコイン割引】
ビットコインで支払うことで割引になります。
毎月100円引き(年間1200円)

【宅配水 アクアクララ】
こちらは新規契約のときのみ適用されます。
毎月300円引き(年間3600円)

【ニチガス光】
ネット回線とセットで契約します。
毎月300円引き(年間3600円)

いろいろなセットプランがあるため、ご家庭にあったプランを選んでお得にすることが可能です!

この他にもたくさんのプランがありましたので、詳しくは公式サイトをご覧ください。

ニチガスのメリット・デメリットまとめ

ニチガスのメリット・デメリットについてご紹介します。

ニチガスのメリット

ニチガスを利用することで得られるメリットには以下の3つがあります。

  • LPガスであっても安い
  • 大手なので安定感
  • 親しみやすい対応

それぞれくわしくご説明しますね。

LPガスであっても安い

LPガスでも安いという点は、ニチガスを選ぶ上で得られる大きなメリットで、ニチガスの利用者がニチガスを使い続ける大きな理由となっています。

都市ガスと違ってLPガスは、都市ガスの自由化がされる前から元々小売りが自由にされていたので、LPガスは以前からそれぞれのガス会社がガスの値段を自由に設定して販売していました。

このため、都市ガスよりもLPガスの方が高い傾向にあるのです。

そんな中で、ニチガスのLPガスの料金は安くなっていて、それは工夫された取り組みによって実現されています。

ニチガスでは、LPガスを運搬する際に関東の各地にある無人デポ基地に一括で配送していて、さらに運搬のオペレーションをクラウド化。

このような取り組みを行うことで、LPガス輸送や運搬にかかるコストを削減して、安くLPガスの販売を行っているのです。

賃貸物件ではLPガスのみしか契約できないという場合があり、またお店では火力の強いLPガスを使う必要がある場合があるので、こういった場合にもニチガスを利用すればLPガスの料金を安くおさえてコスト削減できますね。

大手なので安定感

LPガスを取り扱うガス会社の中でも、ニチガスは東証一部上場の大手企業なので信頼度が高くて安心です。

それだけでなく、高い保安体制があるのでガスの利用者が安心してガスを使える環境がしっかり整えられています。

例えば、万が一保安処理のミスや処理に漏れがあったという場合も、現場のモバイルデバイスによって自動でチェックを行うことができるので、問題点を早期に発見することができるのです。

「雲の宇宙船」という基幹業務クラウドシステムでは、対応が必要な場合には、該当する部署にするべき対応を瞬時に同期して共有することができます。

この基幹業務クラウドシステム「雲の宇宙船」は、このような保安面だけでなく、ガスに関する処理の効率化にも役立っていて、安定してガスを供給するための取り組みも行っているので、ガスの供給の安定性も高くなっているのです。

大手企業の信頼度だけでなく、安全に顧客へガスを供給できる取り組みがしっかりされています。

親しみやすい対応

ニチガスは関東に6支店と60以上の営業拠点をもっていて、それぞれの場所で地域に根差した営業活動を行っているというのも特徴です。

地域に住んでいる人の生活に寄り添った対応で、大手でありながらも親しみやすい対応をしています。

ニチガスのデメリット

続いてニチガスのデメリットについてもご紹介します。

選択約款は料金が高くなる場合がある

現在東京ガスの選択約款プランで契約している場合には、ニチガスへ切り替えると料金が高くなってしまう可能性があるのです。

ガス料金を安くするためにニチガスへ切り替えても逆に高くなってしまうかもしれないので、ガスファンヒーター、ガス式床暖房、エネファーム、エコウィルなどを利用している場合はニチガスに切り替える前に確認しておく必要があります。

供給エリアが限られる

ニチガスの供給エリアは東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県、群馬県、栃木県、静岡県、山梨県と関東に限られています。

切り替えることができるガス会社も限られていて、切り替え可能なのは東京ガス、鷲宮ガス、角栄ガス、秦野ガス、東部ガス、野田ガス、館林ガス、厚木ガス、栃木ガス、武陽ガス、昭島ガス、大東ガス、武州ガス、伊奈都市ガスです。

ニチガスと他社を徹底比較

引用:https://kuruma-ex.jp/driven/article/post-6645

料金や口コミなど、ニチガスと他のガス会社を徹底比較します。

ニチガスと他社の料金比較

ニチガスとレモンガス・東京ガスの料金をそれぞれ比較すると、ニチガスとレモンガスが東京ガスよりも安いということがわかります。

一般的にガスの料金は基本料金と従量単価によって料金が決まります。

また、一般的に使われるガスの使用量としては…

  • 1人暮らし:5㎥前後
  • 2〜3人暮らし:10㎥前後
  • 4〜5人暮らし:20㎥前後

となっています。

季節や地域によって、もちろん変わってきますが平均的な使用量となります。

使用量 ニチガス
レモンガス
東京ガス
5㎥(1人暮らし) 1458円 1422円 1458円
10㎥(2〜3人暮らし) 2179円 2100円 2171円
20㎥(4〜5人暮らし) 3578円 3455‬円 ‬3598円

3つのガス会社を比較してみましたが、仮に20㎥を使用した場合を上記の表からピックアップすると…

  • ニチガス: 1057.97 + 126.05 × 20 =3578円
  • レモンガス:1022.2 + 121.68 × 20 =‬3455‬円
  • 東京ガス: 1036.6 + 128.08 × 20 =‬3598円

となり、レモンガスが一番安くなりますね。

わずかな差と感じるかもしれませんが、何ヶ月・何年と確実に毎日使うプロパンガスなので、少量でも積み重ねで大きな金額になっていきます。

関東圏では多くの人が東京ガスを利用しているとされていますが、実際に東京ガスで適用されている特典・プラン料金とニチガス・レモンガスで同じようなプランがあるのか?ある場合はどれくらい違うのか?ということを見ていきましょう。

特典・プラン料金で比較

まずは東京ガスで行なっている特典・プランはこちらです。

【ずっともガス】
ガス料金1000円につきパッチョポイントが5ポイント貯まる
※パッチョポイントとはTポイントや楽天ポイントに交換できるもの

【電気セット割引】
電気の「ずっとも電気」とセットで申し込むと年間3240円(月270円)割引

【暖らんぷらん】
ガス温水床暖房をお使いの方なら年間で6%割引(最大5142円/月まで)

【エコウィルで発電エコプラン】
エコウィル等をお使いの方なら年間で8%割引(最大6172円/月まで)

【エネファームで発電エコプラン】
エネファームで浴室暖房・床暖房をお使いなら冬は13%割引

これに近しいプラン内容をニチガス・レモンガスで比較してみました。

特典・プラン ニチガス レモンガス 東京ガス
ずっともガス(ポイント還元) なし 1000円につき5P還元 1000円につき5P還元
電気セット(40A400kWh ,42㎥) 16390円 17276円 16740円
暖らんぷらん なし なし 年間で6%割引
エコウィルプラン なし なし 年間で8%割引
エネファームプラン なし なし 冬季13%割引
アクアクララセット 最大324円/月 割引 最大324円/月 割引 なし
光回線セット 300円/月 割引 300円/月 割引 なし
公式サイト 公式サイト 公式サイト

一般的に使われるプランの中で電気とガスのセット割引があります。

ガスだけを見るとレモンガスが一番安かったですが、セットプランにするとニチガスが一番安いことがわかります。

東京ガスはエコウィル・エネファームなどの対象器具の利用で安くなるプランもありました。

各公式サイトで現在お使いの料金からシミュレーションすることができたり、他にもいろいろなプランがございますので、実際に安くなるかどうかを確認してみましょう!

ニチガス

ニチガスのガス料金プランは、基準単位料金が東京ガスの一般料金よりも5%割安になります。

ニチガスでは「プレミアム5+プラン」というプランがあり、最大で30.5%安くできるので、光熱費を大幅におさえることができますね。

「アクアクララセット割引」「U-NEXT割引」「トラノコ割引」といった提携サービスをガスとセットで契約することによって月々のガス代を安くすることも可能で、年間最大で3,600円ガス代を節約することができるのです。

様々な割引を組み合わせることでガス代を節約することができます。

ニチガス 公式サイト

レモンガス

レモンガスは東京都、神奈川県、埼玉県でのみ利用することができるガス会社で、ニチガスと同じく東京ガスの基準単位料金よりも5%割安に設定されています。

レモンガスでは、都市ガスと対象のサービスを一緒に契約するセット割引があり、サービスの種類には、東京電力の電気料金プランの「プレミアムプランS/L」、宅配水の「アクアクララ」、レモンガスの光回線サービスである「レモンガス光」などがあり、幅広い種類のものの中から選ぶことが可能です。

これらのセット割引は併用できるので、最大で一カ月で964円、一年で11,568円のガス代を節約できるようになっています。

レモンガス 公式サイト

東京ガス

東京ガスは東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県と関東で利用でき、ニチガスやレモンガスに比べて高くなっています。

東京ガスにも割引されるサービスが用意されていて、「ずっともガス」というサービスでは、月額1,000円ごとにパッチョポイントが5ポイント付与され、貯まったポイントはクオカードやオリジナルグッズと交換したり、他の提携企業のポイントに変えて利用することも可能。

「ずっとも電気」というで電気提供サービスもあるので、「ずっとも電気」と「ずっともガス」を併せて入会することでセット割引になるので、月額料金が270円割引になります。

さらにパッチョポイントも1,000円につき15ポイントと付与される率がアップするのでお得です。

東京ガス 公式サイト

ニチガスと他社の口コミ・評判比較

ニチガスと他のガス会社の口コミをそれぞれご紹介します。

ニチガスの口コミや評判は良く、「安いのでニチガスに切り替えた」という人が多くいるようです。

口コミ

ニチガス
「比べた上で安いなら安いんだと思います。私の地元でもニチガスさんが結構安いので使ってる人多いです。
都市ガスも一部利用できる場所があるらしくて、結構入り乱れてます。ニチガスだったら都市ガスも結構安いみたいですよ。」
引用: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp


ニチガス
「私も気楽な気持ちでガス会社を切り替えた口です。今まで利用していたところより、ニチガスの方がかなり安くなるとのことだったので、思い切って切り替えました。現在進行形で、安いガス料金で使わせてもらっています。」
引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp


レモンガス

「何も苦労せずに、電気ガス会社を切り替えるだけで電気代ガス代は下がりますよ電気はあしたでんき、ガスはレモンガスに変えれば、生活変わらずコスト下がります!」
引用:https://twitter.com/AssetArt


レモンガス

「今日、電気、ガスを見直しました。電気は、毎月の基本料(1404円)がかからない→あしたでんきへ。
ガスは、レモンガス→今より5%安くなる。これで、1700円ぐらい毎月改善される予定です。」
引用:https://twitter.com/


東京ガス

「電気とガスのセット割で電気代が安くなりました。もともと東京ガスとの契約をしていたことが最も大きな理由だったのですが、新電力の参入に伴って我が家も見直しをしました。」
引用:https://電力会社比較h.com/review/default/show/19


東京ガス

「電気代とガス代の支払いを一本化したい方におススメです。これまでは東京電力を利用していましたが、電気代が安くなります!というようなCMを見てたらうちも・・・となりますよね。自宅が都市ガスなので、これまでは電気代とガス代、別々の支払いをしていました。電気代が安くなって、更に支払いも一本化出来るなら!と思い東京ガスを選びました。」
引用:https://電力会社比較h.com/review/default/show/19

ニチガスの口コミ・評判まとめ

ニチガスは安いので利用している、という人が多くいるようですね。

ニチガスとレモンガスはどちらも東京ガスの基準単位料金よりも5%割安となるので、ガスを安く済ませるならニチガスかレモンガスを選ぶと良さそうです。

ニチガスの契約方法や支払い方法

ニチガスの契約方法や支払い方法についてご紹介します。

契約方法

ニチガスを契約する際の手順を以下にご紹介します。

①ガスの検針票を用意する

ニチガスに切り替える際には、供給地点特定番号とお客様番号が必要になるので、ガスの検針票を用意しておく必要があります。
ガスの検針票が手元にないという場合には、ニチガスで調べてもらえるので、連絡した際にそのことを伝えましょう。

②ニチガスの公式サイトから申し込む

ニチガスの公式サイトからかんたんに申し込むことができます。
他に、ニチガスに電話をして申し込み用紙を取り寄せて、記載して返送するという方法でも申し込みが可能。

申し込んでから約一週間後に、自宅に申し込み内容の確認書類が届きます。
現在使っているガス会社への切り替えについての連絡はニチガスがしてくれるので、ガス会社へ解約手続きをする必要はありません。

③書類が手元に届いたら完了

申し込みから約1カ月後に、契約書、供給開始日、今後の流れ、お支払い方法登録QRコードの4つの書類が手元に届いたら、申し込み完了です。

ニチガス 公式サイト

支払い方法

ニチガスの支払い方法は、口座振替、クレジットカード払いの他にビットコインでの支払いも可能です。

利用できる金融機関とクレジットカードは以下のようになっています。

口座振替で利用できる金融機関

みずほ銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・足利銀行・群馬銀行・京葉銀行・常陽銀行・千葉銀行・千葉興業銀行・東和銀行・武蔵野銀行・山梨信用金庫・山梨中央銀行・横浜銀行

クレジットカード払いで利用できるカード

VISA・JCB・Master Card・AMERICAN EXPRESS・DinersClub・DISCOVER

ニチガスは解約手数料や違約金がかかるか調査

ニチガスには契約期間がないので、解約手数料・解約ともにかかりません。

解約を申し込んだ場合は、前回の検針日から最終使用日までのガス代が日割りで請求されて清算が行われます。

なので、最後の清算が終わるまでは口座やクレジットカードを解約しないよう注意しましょう。

まとめ

ニチガスについて、料金や口コミなどを他のガス会社と比較しながらご紹介しました。

ガス自由化によってLPガスと都市ガスともにガス会社を自由に選べるようになったので、それぞれのガス会社を比較することで最もお得で自分に合ったプランを選べるようになっています。

関東圏で利用できる都市ガスとして「ニチガス」「レモンガス」「東京ガス」を比較しましたが…

  • 都市ガスのみ:最安値はレモンガス
  • 都市ガスと電気:最安値はニチガス

となりました。

ガス会社によって供給している地域も違うので、しっかり確認して、最適なプランを選んでくださいね。