あしたでんきのメリット・デメリットを口コミ/評判から比較

「あしたでんき」は「でんきをもっとわかりやすく安心して暮らせるあしたのために」というビジョンを持って事業展開を行う要注目の新電力会社です。分かりやすい料金プランを特徴としており、従来電力会社からの乗り換え候補として検討している方も多いのではないでしょうか。

「基本料金0円」・「一律の電力量料金」を採用することで、使った分だけの分かりやすい料金体系を実現していたり、インターネットを積極的に活用したマイページ機能なども魅力的で、これからの時代を先取りしていく新電力会社としての要素を持ち合わせています。

この記事ではあしたでんきのメリット・デメリットを検証したり、実際の料金シミュレーションなどを通して、利用を検討している人にとって役に立ちそうな情報を紹介していきます。申込方法やよくある質問にも答えていきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

\基本料金0円の格安プランが人気/

あしたでんき 公式サイトへ

 

目次

あしたでんきをおトクに使える人は?

筆者
『あしたでんき』はこんな人におすすめです!!

分かりやすいプランを探している人
基本料金が0円のプランを探している人
電力使用量が多い(700kWh/月以上)人

『あしたでんき』には「標準プラン」と「たっぷりプラン」という2つのプランが用意されています。標準プランは300kWh/月以上、たっぷりプランは700kWh/月以上の電力使用量がある人であればおトクになるというプランになっています。

一般家庭向けの「標準プラン」では基本料金が0円となっています。従来であれば使用に関わらず発生する固定料金がなく、使った分だけ支払いをしたいという人にはおすすめのプランです。

また、「たっぷりプラン」では従来であれば最も高くなる300kWh以上の電力量料金が一定で21.5円/1kWh(東京エリア)とかなり安めになっているので、電気使用量が多めの家庭利用であればこちらのプランもおすすめです。

標準プランとたっぷりプランの違いなどは下記で詳しく解説していきます。今すぐあしたでんきで電気料金シミュレーションを試すなら公式サイトをご覧ください。

あしたでんき 公式サイトへ

あしたでんきにはあまり向かない人は?

筆者
『あしたでんき』はこんな人にはあまり向いていません。
電力使用量がそこまで多くない人
ニーズに合わせたプランを選びたい人
紙の領収書・検針票などが必要な人

『あしたでんき』では単身者向けのプランやオール電化向けのプランは用意されていません。標準プランは月の電力使用量が300kWh程度の一般家庭を想定としたプランとなっているため、幅広く対応できる一方で細かい要望を満たすのは難しいかもしれません。

例えば、標準プランでは基本料金が0円な一方で、他の電力会社では安めとなっている120kWh/月以下の電力量料金も一定となっているため、月の電力使用量が少なめ(100kWh前後)の人にとってはあまり恩恵がありません。

また、あしたでんき各種請求書などはすべてマイページで確認するシステムとなっています。検針票の発行及び自宅への投函などには対応していないため、その点は注意が必要です。

もし「興味はあるんだけど……」と考えているのであれば、この記事の情報を参考にすることで、あなたに合ったおすすめのプランが見つかるかもしれませんので、ぜひチェックしてみてくださいね。

↓こちらの新電力会社の比較・紹介もぜひ参考にしてみてください。
【おすすめの新電力会社の比較・紹介へ】

あしたでんきの特徴まとめ

ここではあしたでんきの会社概要を紹介していきます。

あしたでんきの基本情報

会社概要
社名 TRENDE株式会社
代表者 代表取締役 妹尾賢俊
所在地 〒101-0031 東京都千代田区東神田1-16-7 東神田プラザビル2F
設立 2017年8月
事業内容 小売電気事業
資本金 411,062,350円
公式サイトURL あしたでんき公式サイト
連絡先 contact@trende.jp

以上が会社概要となります。次の項目ではこの電力会社の特徴について説明していきます。

使用量に応じた2つのプラン

『あしたでんき』では一般的な家庭向けの基本プランである「標準プラン」と、大家族やペットがいる家庭向けである「たっぷりプラン」の2つのプランが用意されています。

【あしたでんきのでんきプラン一覧】

  • 標準プラン
  • たっぷりプラン

標準プラン
↑一般的な家庭向け(300kWh以上/月)の基本プラン。基本料金が0円。

たっぷりプラン
↑電気をたくさん使う(700kWh以上/月)家庭におススメのプランです。

「あしたでんき」の電力量料金(従量単価)は、使用量に関わらず常に一定の単価です。従来の段階制の料金設定ではなく、シンプルでわかりやすい一律の料金設定を採用しています。

6つのエリアで給電可能

あしたでんきは全国6エリアで給電可能となっています。

【あしたでんきが対応しているエリア】

  • 東北電力エリア
  • 東京電力エリア
  • 中部電力エリア
  • 関西電力エリア
  • 中国電力エリア
  • 九州電力エリア

あしたでんきの給電対応エリアは東北エリア、東京エリア、中部エリア、関西エリア、中国エリア、九州エリアとなっています。

比較的広いエリアでの利用が可能となっているのは、利用者にとってもありがたいポイントですね。

『あしたでんき』の特典やキャンペーン情報

あしたでんきでは2020年3月キャンペーン情報はありません。ただ、過去には期間限定でキャンペーンを行っていることもありました。

こちらのキャンペーンは新規申込者を対象にアマゾンギフト券4000円分をプレゼントするという内容でした。こちらは2019年末に実施されたキャンペーンで現在は実施していません。

今度、似たようなキャンペーンが開始されるかもしれないので、申込を考えている人は事前にあしたでんきの公式ページを確認しておくとよいでしょう。

筆者
キャンペーン情報は公式サイトをチェックしましょう♪

次の項目では『あしたでんき』のメリット・デメリットを検証していきます。

あしたでんきのメリット

端的にお伝えすると、

メリット①:シンプルな料金システムと分かりやすいプラン設定
メリット②:基本料金が0円・アンペア数も自由
メリット③:電気使用量の多い家庭ならたっぷりプランがおトク!
注意点①:一人暮らしなどの電気使用量が少なめの人は割高になることも
注意点②:請求書などは全てマイページ上で確認する

このようなメリット・デメリットが『あしたでんき』にはあることが分かりました。

それでは、それぞれの項目を詳しくみていきましょう。

メリット①:シンプルな料金システムと分かりやすいプラン設定

あしたでんきには、2つのプランが用意されていますが、どちらもシンプルな料金システムとなっているので、そこを決め手に乗り換えたという人も多いようです。

月に300kW以上の電気使用量がある家庭(3〜4人)であれば「標準プラン」、月に700kW以上の電気使用量がある大家族(5人以上)であれば「たっぷりプラン」がおすすめです。

メリット②:標準プランは基本料金が0円!

あしたでんきの標準プランは基本料金が0円・電力量料金も単一で1kWhあたり26.00円(東京エリア)とかなりシンプルになっています。0〜120kWhまでの電力量料金は他電力会社のものと比べると若干高めとなりますが、その後も単一で値上がりしないため結果的には安く抑えることが可能となります。

月の使用電気量さえ分かれば、自分で試算することも簡単にできるのは嬉しいポイントですね。

好きなアンペア数を選択することができる

標準プラン・たっぷりプランともに基本料金は定額となっていて、従来電力会社のようにアンペア数で基本料金が高くなるといったことがありません。そのため、節約のためにアンペア数を下げるといったことをする必要もなく、好きなアンペア数で契約することが可能です。

アンペア数の変更はマイページ上から行うことができますので、アンペア数を増やしたい場合には切替後に自身でマイページ上で手続きを行いましょう。切り替えと同時にはアンペア数を増やすことはできませんので、その点は注意が必要です。

メリット③:電気使用量の多い家庭ならたっぷりプランがおトク!

あしたでんきのたっぷりプランは700kWh/月以上の電気使用量がある大家族向けのプランとなっています。基本料金3,000円がかかりますが、従来であれば最も高くなる300kWh以上の電力量料金も一定で21.5円/1kWh(東京エリア)とかなり安めになっているため、電気使用量が多くなるほどおトクになるプランです。

電気使用量が多い家庭は必然的に電気代も高くなってしまいますが、その電気代を安くできるのは大きなメリットと言えるでしょう。

あしたでんきのデメリットと注意点

ここまであしたでんきを利用するときのメリットを紹介しましたが、あしたでんきにも、もちろんデメリットや注意点があります。

注意点①:電気使用量が少なめの人は割高になることもある

あしたでんきの標準プランでは基本料金が0円となっているためどんな人でもおトクになるのでは?と思う人もいるかもしれませんが、月の電力使用量が100kWh/月くらいの場合には従来電力会社よりも高くなってしまうこともあるので注意しましょう。

従来電力で最も安く設定されている120kWhまでの電力量料金も一律単価となってしまっているため、使用電気量が120kWh前後だと割高になってしまうのです。

他の新電力会社では120kWhまでの電力量料金が格安となっている単身者向けのプランなども用意されているところもあるのですが、あしたでんきにはそのようなプランはありません。

ガスの取り扱いはなし

新電力会社のなかにはでんきとガスのセットで利用することでおトクになるサービスを提供しているところもあるのですが、あしたでんきではガス供給には対応していません。

一人暮らしの方などで煩わしいでんきとガスをセットにしてしまいたいと考えている人は他の新電力会社を探してみてください。

注意点②:請求書などは全てマイページ上で確認する

あしたでんきでは契約方法が「WEB申込のみ」となっていることからはじまり、基本的には全てWEB上で完結するサービスとなっています。紙での検針票や領収書の発行には対応していませんので、今までの方式に慣れている人だと少し戸惑ってしまう人もいるかもしれません。

請求書や検針結果(ご使用量)については自身でマイページにログインすることで確認する必要があります。

マイページでの電力使用量はあてにならない?

マイページから日々の使用状況の確認などができるのですが、日々の観測データには欠測が時々あるという口コミ情報があります。

また、観測できるグラフからのデータはあくまでも参考値となっており、数日後に数字が修正されることなどもあるようです。実際の請求が確実にグラフ通りの数字でくるわけではないので、おおよその目安量程度と考えたほうがよいでしょう。

\基本料金0円の格安プランが人気/

あしたでんき 公式サイトへ

あしたでんきの料金プランまとめ

あしたでんきの料金プランは、「基本料金」+「従量料金」に加えて「燃料調整額」+「再生可能エネルギー賦課金」という計算式で算出されます。従量料金は従来電力会社のような三段階方式ではなく、一律の単位での提供となっているため計算がしやすいという特徴があります。

この項目ではあしたでんきの「基本料金」や「従量料金」を東京エリアのものを参考に紹介していきます。「基本料金」や「従量料金」はエリアにより変わってきますので、ご注意ください。

基本料金

基本料金は契約するプランのアンペア数に応じて設定されています。電気の利用に関わらず発生する料金なので、契約時にはしっかりと適切なアンペア数を把握しておきましょう。

『あしたでんき』の「標準プラン」では基本料金は「0円」となっています。また、「たっぷりプラン」での基本料金は一律「3,000円」となっています。

契約アンペア数 「標準プラン」基本料金
10A 0円
15A 0円
20A 0円
30A 0円
40A 0円
50A 0円
60A 0円

従量料金

従量料金(電気量料金)とは電気の使用量に応じて発生する料金のことです。プランによって、たくさん使えばおトクになったり、一定を超えると高くなったりするので、契約時にはご自分のおおよその電気の使用量を把握しておくとよいでしょう。

基本的には「基本料金+従量料金」が電気代となります。

『あしたでんき』の「標準プラン」の電気量料金は一律単価となっていて、使用電気量に関わらず「1kWhあたり26.0円」(東京エリアの場合)となっています。また、「たっぷりプラン」の電気量料金も一律単価となっており、こちらは「1kWhあたり21.5円」(東京エリアの場合)となっています。

電気量 単価 「標準プラン」従量料金
120kWhまで 1kWhあたり 26.0円
120kWh~300kWhまで 1kWhあたり 26.0円
300kWh以上 1kWhあたり 26.0円

あしたでんきの電気料金プラン

あしたでんきでは利用形態や使用電気量に応じて様々な料金プランを用意しています。

ここでは各料金プランの紹介の概要を紹介していきますので、参考にしてみてください。各料金は東京エリアのものとなっています。

標準プラン(一般的な家庭向けの基本プラン)

標準プラン 東京電力
基本料金(40A) 0円 1,144円
電力量料金
0〜120kWhまで
26円 19.88円
電力量料金
120〜300kWhまで
26円 26.48円
電力量料金
300〜kWh
26円 30.57円

「標準プラン」は一般的な家庭向けのプランです。

基本料金が0円、電力量料金が一律という特徴があります。従量料金では安めに設定されている0〜120kWhまでの電力量料金は若干割高になるものの、その後も一律の単価となっているため、300kWh以上する場合には従来電力会社よりも電気代がおトクになるというプランになっています。

たっぷりプラン(700kWh以上/月利用する家庭向けのプラン)

たっぷりプラン
基本料金 3,000円
電力量料金(1kWhあたり) 21.5円

「たっぷりプラン」は月に700kWh以上電気を使用することでおトクとなるプランです。基本料金は一律で「3,000円」、電力量料金についても一律単価(1kWhあたり21.5円)となっています。

従来電力会社の料金システムでは使用電気量が多くなるほど、1kWhあたりの単価も高くなるため、大家族などは電気代がかさむことがありますが、たっぷりプランではそのようなことありません。毎月決まって、電気を多く使用する家庭向けにとってはおトクなプランであると言えるでしょう。

それでは続いて「エリア別」でどれだけ安くなるのかまとめてみました。

あしたでんきのエリア別の料金表

この比較表はあしたでんきの一般家庭プランである「標準プラン」と各エリアの大手電力会社の一般家庭プラン(従量電灯B・一部地域では従量電灯A)を比較したものです。

なお、「燃料費調整額」と「再エネ賦課金」は含まれません。

電力会社 【一人暮らし】100kWh/20A 【ファミリー層】400kWh/40A
東京電力
あしたでんき
30720円
31200円(480円高い)
136192.8円
124800円(11392円安い)
関西電力
あしたでんき
24818.64円
26400円(1582円高い)
120571.44円
105600円(14971円安い)
中部電力
あしたでんき
32148円
31200円(148円安い)
133423.2円
124800円(8723円安い)
東北電力
あしたでんき
30216円
31200円(984円高い)
132444円
124800円(7644円安い)
中国電力
あしたでんき
25254.24円
28800円(3545円高い)
125087.04円
115200円(9887円安い)
九州電力
あしたでんき
28080円
27600円(480円安い)
120480円
110400円(10080円安い)

※各電力会社の金額、およびあしたでんきの差額は年間の金額となります。

以上があしたでんきのエリア別の料金比較になります。なお契約されているプランなどで金額は前後するので、まずは自分の契約している電力会社のプランをチェックされてみて下さい。

プランなどは検針票に記載されています。検針票から今の電気代の詳細を知りたい方はこちらに見方を解説していますので参考にされて下さい。

関連記事

電気の請求書や検針票って分かりにくいとお思いではないですか? 普段見慣れない単位や、謎に追加されている再エネ賦課金(再生可能エネルギー発電促進賦課金)や燃料費調整額など聞きなれない単語であふれているので、よく分からないままスルーしていません[…]

電気料金請求書の見方

『あしたでんき』の申し込みから契約までの流れ

あしたでんきの契約方法は

WEBからの申し込み

となっています。公式サイト上での手続きとなるため電話や店頭に行く必要もなく、スマホやPCから5分程度で申し込みができます。

必要なもの
・検針票(料金明細書)
・クレジットカード情報または口座情報
※検針票が手元にない場合は現在契約中の電力会社に問い合わせて「お客様番号」「供給地点特定番号」「料金プラン名」を問い合わせましょう。

WEBで簡単に申し込む方法

ここでは 公式サイトからの申し込み方法を紹介していきます。

まずは公式サイトにいき、トップページの右上の方にある「お申し込み」をクリック。

申し込みフォームの入力画面へ進むので、必要事項を入力していきます。

主な入力項目は以下の通りとなっています。

・現電力会社(乗り換えの場合)
・申込情報(氏名、住所、契約容量単位など)
・検針票情報(供給地点特定番号、契約番号など)
・支払情報(クレジットカード番号、銀行口座情報など)

全ての情報を正しく入力すると、登録したメールアドレス宛に確認の連絡がきます。内容に間違いがないかを確認したら、案内に沿って、契約を完了させましょう。

『あしたでんき』のQ&A

ここではあしたでんきでよくある疑問点などをまとめていきます。

契約を検討している方はぜひチェックしてみてください。

【契約について】
Q:「あしたでんき」に契約期間はありますか?

案内人
契約開始日から1年契約の自動更新となります。但し、契約期間中の解約時にも違約金などは発生しません。

Q:法人は「あしたでんき」に申し込みできますか?

案内人
法人名義での申込には対応していません。 「あしたでんき」は、契約電流が10A以上60A以下あるいは最大需要容量が6kVA未満である一般家庭向け(低圧)に限って提供しています。

Q:クーリングオフはできますか

案内人
「あしたでんき」はクーリング・オフを行うことができます。クーリング・オフを行う場合には所定の条件を満たしている必要があるので注意しましょう。

Q:電話での申し込みはできますか

案内人
現在、電話でのお申し込みはできません。パソコン・スマホによる、WEB申し込みのみ対応しています。

Q:低圧電力(動力)は「あしたでんき」に申し込みできますか?

案内人
「あしたでんき」は一般のご家庭向けの従量電灯プランのみが契約対象となります。低圧電力(動力)プランの設定はございません。また、現在のところ提供する予定はございません。

Q:切り替えの際にアンペア数を増やせますか?

案内人
切り替えと同時にはアンペア数を増やすことはできませんが、切り替え後であれば可能です。手続きはマイページから行うことができます。

【料金について】
Q:電気料金を値上げする事はありますか

案内人
様々な事情により料金体系を改めることがあります。その際は新料金体系移行までの猶予期間をもって、あらかじめ利用者にはお知らせがあります。

Q:どのプランがおすすめですか?

案内人
「標準プラン」と「たっぷりプラン」があります。「標準プラン」は月々の電気のご使用量が300kWh以上の方向けのプランで、「たっぷりプラン」は700kWh以上のご使用量の方が利用することを推奨しております。

【支払いについて】
Q:クレジット支払い以外の支払い方法はありますか

案内人
お支払いは、クレジットカード決済のみとなります。ご利用可能なクレジットカードブランドは、VISA、MasterCard、JCB、American Expressです。

【解約について】
Q:解約には違約金がかかりますか

案内人
契約期間内に中途解約されても、解約金等の費用は発生いたしません。

【利用について】
Q:いつから「あしたでんき」に切り替わり(利用開始)ますか?

案内人
切り替えタイミング(ご利用開始)は検針日(計量日)となっています。切替日については契約手続き完了後のメールに記載されています。

Q:トラブル時の問い合わせ窓口はどこですか

案内人
「あしたでんきカスタマーセンター」電話:0120-554-247 ※9:00~17:00(年末年始除く)にお問い合わせください。

あしたでんきとおすすめ新電力サービスの比較

ここまであしたでんきの特徴やサービス内容からメリット・デメリットを紹介し、様々な角度からサービスを掘り下げてきました。

では、あしたでんき以外の新電力はどうなのでしょうか?

実際には、他にも大手ガス会社が立ち上げた新電力会社や、一人暮らしに強い新電力会社、ファミリー層向けの新電力会社も存在しています。

自分の生活にあったプランを提示する電力会社が見つかるかもしれないのでぜひチェックしてみてくださいね。

ここではあしたでんきとよく似た特徴をもつ電力サービスについて紹介していきますので、サービスの特徴を参考に、ぜひシミュレーションをして自分あったサービスプランを考えてみましょう。

ここでは大きく

一人暮らしにおすすめの電力サービス
ファミリー層におすすめの電力サービス

と2つに分けておすすめの電力会社を3つピックアップして紹介していきます。

【一人暮らしにおすすめの電力会社】

各新電力サービス 特徴
・一人暮らし用のプランがある
・電気とガスをまとめると最安水準
・Amazonプライムが無料になる
・JCBギフト券最大10,000円分もらえる
【CDエナジーダイレクト公式サイト】
・J:COMセット割引が大きい
・オール電化向けのプランがある
・ガスとセットでさらにお得に
【J:COM電力公式サイト】
・基本料金0円
・契約アンペア数が大きい程、お得
・クーラーや暖房などをよく使う一人暮らしに
【あしたでんき公式サイト】

 

1番のおすすめはこのページでも紹介している「CDエナジーダイレクト」で、特にこれから一人暮らしをはじめる、様々な契約をしなければならない、という方にピッタリの新電力サービスの会社です。

電気・ガスをまとめて契約でき、それによってさらに安くなるからです。

また「Amazonプライム」が無料(月々500円)や10000円のギフト券がプレゼントされるなどの特典もほかでは無いものです。

もし一人暮らし、または電気をそれほど使ってない方はあしたでんきのシミュレーションをされてみるといいですよ!

【ファミリー層におすすめの電力サービス】

各新電力サービス 特徴
・電気使用量が大きいほど安くなる
・定額プランあり(一部地域)
・ペットの室内飼いしている方にも◎
・契約手数料、解約金、違約金0円
【サニックスでんき公式サイト】
・基本料金:0円
・業界トップクラスの安さ
・電気量料金が一律なので利用する程お得に
【Looopでんき公式サイト】

・ファミリー用の新電力会社
・20000円キャッシュバックキャンペーン中
・初期費用、解約金、違約金0円
【エルピオでんき公式サイト】

 

ファミリー層に1番おすすめな新電力サービス会社は「サニックスでんき」です。

大きくプランは2つに分かれていて

サニックステラセーバー(関東、四国、中国、九州エリア)
定額プラン(中部、関西エリア)

とあり、特に四国、九州エリアでは他の新電力サービス会社よりも安くなります。

契約時の手数料や解約時の違約金などがないのでお試しで入れてみて判断するというのもアリでしょうね。

そして使用している電気代が大きければ大きい程、ポイントの貯まる「楽天カード」などでの支払いをすることでお得になります。

なお、それぞれ展開しているエリアがありますので詳細は公式サイトにお問い合わせ下さい。

電気代を安くするための電力会社の選び方

お住まいの地域によって、選べる電力会社(電気料金)には違いがあります。

「あしたでんき」全国的に広く利用することができる新電力会社となっていますので、お住まいの地域内ではなかなか新電力会社が見つからないという方でも、一度問い合わせをしてみると対応していることもあるかと思います。

たくさんある新電力会社の中で、最適な料金プランを見つけることはなかなか難しいことですが、ある程度の条件を決めることで選択肢は絞られてくるはずです。

実際に年間どれだけ電気料金が安くなる?自分に合ってるプランは結局どこなの!?と気になった方は、実際に電気料金比較シュミレーターでチェックしてみるといいでしょう。

\今すぐシミュレーションをする/

エネチェンジで新電力会社を一括比較

まとめ

この記事では「あしたでんき」の料金プランやキャンペーン情報、シンプルで分かりやすい料金システムなどの特徴的な面についても紹介をしてきました。

電力使用量がある程度多い家庭であれば、従来電力からの乗り換え先として、利用を検討してみるのもよさそうですね。ただし、電力使用量が少なめという人は恩恵があまり受けられませんのでその点には注意しましょう。

また、その他の記事では価格面で強みを持つ新電力サービスの料金比較や口コミの検証などもどんどん行っているので、そちらもチェックしてみてください。

\基本料金0円の格安プランが人気/

あしたでんき 公式サイトへ