山形ガスの料金が高い?相場と口コミで適正価格を確認

あなたはガス料金についてどのようにお考えでしょうか?

今回は山形ガスの料金が高いのか?また相場と比較して料金は適正な価格なのか?などを口コミなどの評判を元にお伝えしていきます。

結論から申し上げますと、山形ガスの料金は毎月流動する原料費調整制を採用している為、高い月と安い月の差が激しい会社です。

ぜひこちらの記事を参考に再度プランの見直しや他のガス業者との比較などもこの機に行っていただければと思います。

それでは記事の方をご閲覧のほどよろしくお願いいたします。

プロパンガス自動料金診断を受けてみる

 

山形ガスの価格が高い!料金プランまとめ

山形ガスは原料費調整制というシステムを採用しています。

料金の内訳は、基本料金+従量料金+原料費調整額の合計となっています。

ガス原料費調整制

基本料金:毎月固定で請求される金額、家のタイプによって異なります
従量料金:使用したガスの量に応じて請求されます
原料費調整費:原油価格や為替の影響を受けやすい原料価格の変動に合わせて調整される金額です

こちらの料金形態をグラフに表すとこのようになります。

ガス料金グラフ

従量料金の1㎥あたりの料金のことを従量単価と言いますが、山形ガスの場合、ガスを使えば使うほど安くなるパターンです。

筆者
基本料金や従量料金は毎月の様に変更できないので、代わりに調整額を活用して原油価格(燃油の輸送費)の増減に対応するスタイルです。
急な原油価格の高騰などにも対応できる代わりに、毎月金額が変化するので金額の予想がしにくいというデメリットもあります。

ちなみに山形ガスの公式サイトには原料費調整についてこのように記載されていました。

山形ガス調整額

引用元:山形ガス公式サイト

ですので5か月前~3か月前の原油価格の平均を計算し、それが今月のガス料金に反映されるということです。

筆者
原料費調整制を採用している会社では、一般的な調整額の算出方法です。
山形ガスの基本的な料金形態はご理解いただけたと思います。
しかし一番重要なのは毎月請求されている料金が相場・平均と比べて高いのか安いのかですよね!
次の章で山形県の相場と比較してご紹介していきます。

料金相場から適正価格をチェック

それでは続きまして山形ガスが相場平均と比べた際に適正価格なのかを調査していきたいと思います。

ここでは石油情報センターの山形県の料金をもとに山形ガスが適正価格なのかをチェックしていきます。

LPガスの請求書や平均額の参照方法はコチラをご参照ください。

基本料金比較

山形ガスの基本料金はガスの使用量に応じて変化します。

山形県の基本料金と比較してみましょう。

山形県平均額
2019年2月データ
山形ガス
2019年5月データ
20m3までの場合 1,903円 734.40円
20m3を超え100m3まで 867.24円
100m3を超え250m3 1,217.16円
250m3を超え400m3 2,718.36円
400m3を超える場合 5,115.96円

引用元:石油情報センター / 山形ガス公式サイト

250m3までの使用量であれば、平均より安いことが分かりました。

やはり調整額がある分、毎月調整ができるので基本料金はお得になります。

実際家庭用のガスで250m3を超えることはなかなか無いと思いますので、固定額の基本料金に関しては安い価格で済みますね。

 

但し重要なのは、ガスの使用量によって料金が変わってくる従量料金の方です。

どのようになっているのでしょうか?

従量料金比較

1m3あたりの料金で比較してみたいと思います。

ガス使用量  山形県平均額
2019年2月データ
山形ガス
2019年5月データ
0.0~5.0m3 700円 212.8723円
5.1~10.0m3 701.2円
10.1~20.0m3 685.85円
20.0~50.0m3 642.72円 206.2303円
50.1~100.0m3
100.1~250.0m3 202.7311円
250.1~400.0m3 196.7263円
400.1m3~ 190.7323円

引用元:石油情報センター / 山形ガス公式サイト

先程もお話ししましたが、家庭用のガスの使用量は多くても20m3程度なので、50m3以降の料金はあまり関係ないと思います。

それでも平均と比較した際に山形ガスの料金がけっこう安いことが分かります。

あまりにも平均と比較したときに差額が出たので、原因を調べてみました。

すると、この参照した日程が原油価格が安かった時期なので、燃料費調整額でかなり安くなっていることが分かりました。

しかし燃料費が高い時には追加でかかってしまうので、ご注意ください。

高いな…と感じた時には、あなたの家の細かい相場料金や、よりお得なガス会社について下記サイトで無料10秒お見積りが出来ます。

プロパンガス自動料金診断を受けてみる

 

山形ガスの口コミ・評判

 

こちら口コミを調べてみると地域で利用している方からは利用料金が高いとの口コミが多かったです。

ガス代3万円って…上記でご紹介した従量単価だとガスの使用量が100m3を超えても計算が合いません。

恐らく調整額次第では従量単価800~1000円近くになることもありえるのではないでしょうか?

やはり調整額がある会社は金額が一定ではない分、金額の予想が付きにくいのが難点ですね。

え、うちは大丈夫かな?と不安になった方は下記サイトで無料10秒お見積りが出来ます。

プロパンガス自動料金診断を受けてみる

現在そんな口コミを気にしてか、去年(2018年)の7月よりポイントサービスをスタートされています。

1ポイント=0.5円よりお使いでき、100円ごとに1ポイント貯まりますのでいままでよりお買い得に利用できます。

またTポイントや楽天ポイント、Dポイントなどにポイント交換も可能ですのでぜひこちらも利用されている方は活用すると良いでしょう。

上記のツイートはかなり以前のものとはなりますが、こういった口コミもあるというのはお見知りおきいただければと思います。

 

山形ガスの特徴

それではまず最初に山形ガスの会社概要からお伝え致します。

山形ガスは明治44年から由緒正しき長年経営が続いている老舗企業です。

また家庭様に約18,000世帯にも及ぶガスの提供をしているので安心してガスの利用ができます。

また経営に関しても2億近くの純資産があり、負債額も少ないため潰れる心配も薄いので安心です。

配給エリアに関しては山形駅から北山形駅にかけての広い範囲を網羅しているのでエリアも広く利用できます。

ほかにも料理教室やショールームにてコンロやオーブン、家庭様給湯器や衣類乾燥機なども手がけているようです。

また快適ウォッチと呼ばれる警報器も取扱がありますのでぜひご契約の際には検討してみるといいかと思います。

山形ガスのメリット

・早収料金という仕組みがあり、検針票の翌日から起算して20日いないだと割引がなされる

・お支払い方法が口座振替、クレジットカード支払い、払込書にてコンビニやゆうちょ支払いも可能

・たんめるクラブというポイントカードがあり、100円ごとに1ポイント貯まり1ポイント=0.5円で利用できる

・たんめるクラブポイントをdポイントやナナコカード、Tポイントや楽天ポイントに交換して利用することができる

「山形ガス」の画像検索結果

山形ガスのデメリット

・調整額によって従量料金にかなりの開きがある

・料金プランが1つのタイプしかないので選択肢がせまい

・ネットからお申込みや資料請求ができないので電話問い合わせになる

・警報機の快適ウォッチが月額250円、または買い取り9,000円する、ややお値段がする。

・単位料金調整料の説明がやや難解でわかりにくいので費用算出がしにくい

単位料金調整額(円/m3)=平均原料価格(円/トン)-基準平均原料価格(円/トン)

 

まとめ

今回は山形ガスのプロパンガス料金が相場と比べて安いのか?高いのかを石油情報センターの情報を元に相場金額と比較しながらご紹介いたしました。

原料費調整制を採用しているので、比較するタイミングによっては相場よりもお得ですが、口コミに「高い!」という声も多くあったので、調整額次第ではかなり割高になるようです。

毎日使うガス料金ということもありますのでできるだけお得に使いたいとは思いますので、信頼できるガス会社を選びたいですよね。

安定した金額ではないので、もっとお得なプランやガス会社が無いかな?と気になった方は、下記サイトより安心安全に利用できるガス会社を探すことが出来ます。

プロパンガス自動料金診断を受けてみる