シンサナミ(神奈川)のガス料金が高い?相場と口コミで適正価格を確認

「あれ?うちの光熱費って他の家と比べて高いんじゃない?」「シンサナミのプロパンガスに変えてから金額上がったなぁ」などとお思いではありませんか?

結論からお伝えするとシンサナミのLPガス料金は、神奈川県の平均料金よりも若干低くなっています。

しかし、各家庭の契約状況によっては、必ずしもその通りではない場合もあります。

ガス代が高いと感じるなら一度チェックしてみましょう。場合によってはガス会社を変えることで料金が今より安くなる可能性があります。

その根拠について、神奈川県の平均額と比較しながら詳しくまとめていきますので最後までお読みください。

 

プロパンガス自動料金診断を受けてみる

 

シンサナミの料金について

シンサナミではLP(プロパン)ガス・都市ガス・電気のサービスを提供しています。

それぞれどのようなプランがあるのでしょうか?

シンサナミのプロパンガス料金プラン

シンサナミのプロパンガス料金は、プロパンガス会社の大半が導入しているスライド式(基本料金+従量料金)を取っています。以下のような内訳になっています。

ガススライド料金制

基本料金:毎月固定で請求される金額
従量料金:使用したガスの量に応じて請求されるもので、料金単価は2~3段階に分かれています

グラフに表すとこのようになります。

ガス代スライド式

従量料金は使用量が大きくなるほど単価が安くなりますが、個人のお宅では20.0㎥以上を使うことはあまりありません。

一戸建住宅のプロパンガス料金

シンサナミのホームページを見ると、一戸建てのガス料金は以下のようになっています。

シンサナミの一般戸建標準価格

※使用量に応じ従量料金は低減します。

設備負担、契約内容によって販売価格が異なることがあります

※LPガス輸入価格の変動に価格を加減算する原料費調整制度を導入しております。

※単位料金は、過去1年間の実績を基にして算出しております。

シンサナミホームページより。赤文字強調は引用者)

注意したいのは赤字の部分で、基本料金や販売価格は「設備負担や契約内容によって」異なっている可能性があります。

気になる人は、請求書や検針票で確かめてみましょう。

請求書・検針票の見方はこちら

シンサナミのガス料金の平均との比較は、この記事の後半でお話します。

集合住宅のプロパンガス料金

シンサナミのホームページでは、アパート・ワンルームマンションなどの集合住宅のプロパンガス料金のことは書かれていません。

プロパンガス会社は、戸建と集合住宅を分けて料金を示しているのが普通です。

一般的に戸建ては基本料金が高くて従量料金が低く、集合住宅は基本料金が低くて従量料金が高く設定されています。

あなた
何も書かれていないと、もしかしたら高いんじゃないのと勘ぐりたくなりますね。

そうですよね。気になる人は一度、検針票や請求書で確かめてみましょう。

請求書・検針票の見方はこちら

シンサナミのプロパンガス料金割引きプラン

シンサナミには、ガスを主に何に使うかによって選べる割引制度「ガスチェンジャー割引」があります。

下記の3つの中から1つ選ぶことができます。

暖房割引:ガスチェンジャーホット

暖房でガスをたくさん使うご家庭にお得な割引です。

時間帯割引:ガスチェンジャークローク

夜9~11時までのガス料金が安くなります。(床暖房使用のご家庭が対象)

給湯割引:ガスチェンジャーキュート

お風呂やシャワーでたっぷりお湯を使うご家庭向きの割引。(ガス使用量が0.24㎥/h以上の方が対象)

あなた

「ガスチェンジャー」ってどういう意味なんですか?

筆者

正義の味方ゴレンジャーみたいなキャラクターのようですよ。

都市ガス料金プラン

シンサナミは「ENEOS都市ガス」の販売代理店として、都市ガスの供給も行っています。

都市ガスの方がプロパンより平均して低料金なので、都市ガスが引ける地域の家庭は当然そうしていますね。

東京ガスの供給地域ならシンサナミの都市ガス(つまりENEOS都市ガス)を利用できます。

プロパンガスは供給会社によって価格が大きく違う場合がありますが、都市ガスは会社による大きな違いはありません。

都市ガス料金は次のような内訳になっています。

ガス原料費調整制

基本料金:毎月固定で請求される金額、家のタイプによって異なります
電気量料金:使用したガスの量に応じて請求されるもので、料金単価は2~3段階に分かれています
燃料費調整費:原油価格や為替の影響を受けやすい原料価格の変動に合わせて調整される金額

イメージ図にするとこんな感じになります。

ガス料金イメージ図

筆者
都市ガスは会社による大きな価格差はないと言いましたが、会社間の価格競争があるので月に数百円程度の差が出る場合があります

シンサナミが販売代理店をしているENEOS都市ガスは、東京ガスによりも若干ですが低価格であることをアピールしています。

シンサナミの都市ガス料金の東京ガスとの比較は、この記事の後半でお話します。

シンサナミの電気料金プラン

シンサナミはENEOS電気の販売代理店として、電気の供給も行っています。

シンサナミの電気料金は基本料金+電力量料金+燃料費調整額+再生可能エネルギー発電促進賦課金で構成されています。

電気料金内訳

基本料金:契約アンペアによって、毎月固定で請求される金額
電気量料金:使用した電気の量に応じて請求されるもので、料金単価は三段階に分かれています
燃料費調整費:原油価格や為替の影響を受けやすい燃料費の変動に合わせて調整される金額
再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金):地球に優しい発電方法の普及の為に使われる金額

イメージ図にするとこんな感じになります。

電気代グラフ

筆者

これからご紹介するシンサナミの料金プランは、プラン名も含めてENEOS電気の料金プランと同じです。

一般家庭向け料金プラン「Vプラン」

シンサナミの公式ホームページには、一般家庭向け料金プラン(ENEOS電気のVプラン)は家族構成・人数に関わらず、東京電力よりお得だと書かれています。

具体的な金額の比較はこの記事の後半でお話します。

2年契約でお得な「にねん とく2割」

Vプランには2年間電力会社を変えないことを約束すると、「にねんとく2割」のサービスが追加されます。

基本料金は変わりませんが、1kWhの単価が0.2円(税込)安くなります。さらに3年、4年と契約を続けると、少しずつ単価が下がっていきます。

 

料金相場から適正価格をチェック

前の章でシンサナミーのガスや電気の料金の「仕組み」と「料金プラン」をご紹介しました。

でも気になるのは、

・実際、毎月の金額がどれくらいかかるのか?

・神奈川県の平均価格と比べてどうなのか?

ということですね。

この章ではシンサナミの公式サイトに載っている標準料金を神奈川県の平均額と比較しながらご紹介します。

シンサナミのプロパンガス料金を比較

シンサナミのプロパンガス料金を神奈川県の平均額と比べると次表のようになります。

神奈川県平均価格 シンサナミ標準価格
基本料金 1,758円 1,620円(138円安い)
5m3使用時(基本料金含む) 4,371円 3,888円(483円安い)
10m3使用時(基本料金含む) 7,013円 6,156円(857円安い)
20m3使用時(基本料金含む) 12,176円 10,692円(1,484円安い)

※消費税を含みます。
※参照:石油情報センター/シンサナミホームページ

読者

シンサナミは神奈川県の平均より安いんですね。安心しました。

そうですね、とりあえずは安心ですが、これはあくまで神奈川の平均価格との比較なので、もしかするともっと安いところがある可能性はあります。

また、それよりも注意したいのは上記の「標準価格」は契約によって異なることです。

気になる人はご自宅の契約を検針票や請求書で確かめておきましょう。

請求書・検針票の見方はこちら

プロパンガス自動料金診断を受けてみる

シンサナミの都市ガス料金を比較

シンサナミの都市ガス料金を東京ガスと比べると次のようになります。

基本料金の比較

1ヶ月の使用量による区分 東京ガスの基本料金 シンサナミの基本料金
20㎥まで 745.20円 715.39円(29.81円安い)
21~80㎥ 1,036.80円 995.32円(41.48円安い)
81~200㎥ 1,209.60円 1,161.21円(48.39円安い)
201~500㎥ 1,857.60円 1,783.29円(73.70円安い)

(消費税込)

参照:東京ガスホームぺージ/ENEOS都市ガスホームページ

基本料金は上表のようにシンサナミの方が東京ガスより月に約30円~70円安くなっています。

ガスの単価料金(1㎥あたり)の比較

1ヶ月の使用量による区分 東京ガスの1㎥の料金 シンサナミの1㎥の料金
20㎥まで 142.66円 136.95円(5.71円安い)
21~80㎥ 128.08円 122.95円(5.13円安い)
81~200㎥ 125.92円 120.88円(5.04円安い)
201~500㎥ 122.68円 117.77円(4.91円安い)

都市ガスの単価も東京ガスよりシンサナミの方が安いですね。

1ヶ月20㎥使う家庭では年間で、基本料金が357円、従量料金が1,370円、合計1,729円シンサナミが安くなります。

1ヶ月30㎥使う家庭では年間で、基本料金が497円、従量料金が1,974円、合計2,471円シンサナミが安くなります。

あなた

ビックリするほどの差ではないけど、お安い方がいいわね。

シンサナミの電気料金を比較

シンサナミはENEOS電気の販売代理店として電気を供給しています。ここでは、東京電力とシンサナミの電気料金を比較します。

基本料金の比較

シンサナミの毎月の基本料金は東京電力とまったく同じです。

契約容量 東京電力 シンサナミ
(ENEOSでんき)
10A 280.80円 280.80円
15A 421.20円 421.20円
20A 561.60円 561.60円
30A 842.40円 842.40円
40A 1,123.20円 1,123.20円
50A 1,404.00円 1,404.00円
60A 1,684.80円 1,684.80円
(消費税込)
参照:東京電力公式サイト/東京ガスホームぺージ
筆者

基本料金に関してはどちらを選んでも同じですね♩でも料金の多くを占めるのは電気量料金ですよね。

従量料金の比較

シンサナミの電気使用量による料金(従量料金)を東京電力と比較しました。価格はすべて消費税込です。

区分 東京電力(1kWhあたりの単価) シンサナミ(1kWhあたりの単価)
120kWhまで 19.52円 19.52円(同じ)
120kWh~280kWhまで 25.98円 24.09円(1.89円安い)
280kWhを超える分 30.2円 25.75円(4.45円安い)

(消費税込)

参照:東京電力公式サイト/ENEOSでんき公式サイト

120kWhまでは同じですが、それ以上使うとシンサナミの方がシンサナミの方が安くなります。これをグラフにすると次のようになります。

引用元:ENEOSでんき公式サイト

シンサナミのホームページでは下表のような料金比較を掲載しています。

家族の人数 1ヶ月の電力使用量の平均 1年間で東京ガスより安くなる金額
5人以上 600kWh 約20,940円お得
4人家族 400kWh 約10,210円お得
2~3人家族 300kWh 約5,470円お得
1人暮らし 200kWh 約2,310円お得

(消費税込)

参照:シンサナミ公式サイト

筆者

ただし、これは2年契約の「ねんとく2割」を利用した場合のメリットです。

シンサナミの口コミ・評判

ここではシンサナミに関する口コミや評判をYahoo!知恵袋やTwitterから抜粋してご紹介します。

jup********さん

2012/12/1200:13:12

横浜市内のプロパンガスについて質問です。

近いうちに新築の家の契約をするつもりです。
問題は場所が都市ガスではなくプロパンガスなんです。
不動産屋さんからオール電化の提案もありましたがガスにしました。
ガス屋を紹介もできるし自分で調べて選んでも良いと言われています。
横浜市内だったらどこのガス屋が優良なガス屋でしょうか。

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

tw_********さん

2012/12/1201:52:59

不動産関連で働いています。
横浜市内に存在する大手・中堅ガス屋の特徴を紹介します。

ニチガス…業界最大手、現在赤字経営、値上げ年2回、営業はブローカー、
他社への切り替えをさせてくれない、ガス切れ頻繁、安い家と高い家の差が激しい
レモンガス…業界大手、レインボーなど販売店が多い、最初は安いが値上げが頻繁
TOKAI …ブローカー営業が多い、安い家と高い家の差が激しい、アパート・借家などは抜群に高い
ミツウロコ…権利転売の買取が多いので基本的にどの家も高い
イワタニ(東亜ガス)…業界最大手、建売に多い、給湯器など無料工事して10年縛りを付けたがる。
商業向け販売が多いのでその分戸建は高くなってしまう。

他、カナエル・カナジュウ・シンサナミ・ミライフ・トモプロ・エムジーコム・東栄商会・三ツ輪・中央液化
上記中堅ガス会社は単価が高いです。

安いガス屋をご自分でお探し下さい。
契約時に2年間値上げ無しの念書を貰うといいでしょう。
そして2年毎に見直して切り替えも有りだと思いますよ。

(引用元:ヤフー知恵袋

筆者
ちょっと古い口コミですが、横浜にもずいぶんいろいろなガス会社があるんですね。

プロフィール画像

min********さん

2010/5/1711:31:45

2階建て一戸建て(50坪ほど)に家族4人で暮らしています。
リビング、台所、和室、風呂場、寝室×4、トイレ×2
なのですが、光熱費が異様というか、恐ろしく高いです。

ガス、電気、水道が各々25,000~30,000円ほどかかり、光熱費だけで10万近くかかることも。
我が家の部屋数からして、この光熱費は一般的なのでしょうか。
また光熱費を抑える為の具体策がありましたら、ご教授ください。
(中略)

【上下水道】
1~2月分
29,303円
【電気】契約は50A
12月分:1140kwh:25,378円
1月分:1476kwh:32,863円
【ガス】会社はシンサナミです。
1月1587.8m3(検針値) で25,862円
2月1643.5m3(検針値)で27,397円

(引用元:ヤフー知恵袋

筆者
これは会社を見直す前に、まずガス・電気・水道の節約を考えた方がいいですね!

筆者
シンサナミのHPには、昭和30年に「リヤカーひとつでプロパンガスの販売を始めました」と書いてありましたよ。

シンサナミの特徴

シンサナミは神奈川県と山梨県の一部にガス・電気を供給する会社です。エネルギー部門の他に水回りなどのリフォーム部門があります。

従業員数は79名で、営業所が神奈川県に3ヵ所、山梨県に2カ所あります。

シンサナミのメリット

・プロパンガス料金が神奈川県の平均より安い

・都市ガス料金が東京ガスより安い

・電気料金が東京電力より安い

シンサナミのデメリット

・プロパンガスの料金プランが1パターンで、集合住宅の場合の基本料金などが分かりにくい。

まとめ

今回はシンサナミのガス料金と電気料金が相場と比べてどうなのかを、比較しながらご紹介しました。

シンサナミのプロパンガス料金は神奈川県の平均より安く、都市ガスと電気も、東電・東京ガスよりも安いことが分りました。

しかし、プロパンガスの料金は契約によって変わるので、もし高いと感じている場合は、一度お見積もりをおススメします。

プロパンガス自動料金診断を受けてみる