プロパンガスボンベのサイズ(大きさ)や室内/屋外の設置基準を解説

プロパンガスは、プロパン8割とブタン2割で混合されたガスが高圧縮になっています。
そんなプロパンガスを安全に保管して、安定して供給することができる高圧ガス専用の容器です。

一般家庭用から工業用まで幅広い種類があり、さらに複数のサイズに分かれているのでたくさんのタイプがあります。

日本に5700万ほどある全世帯の中で、2400万世帯と約40%の世帯に利用されていて、プロパンガスは日本で幅広く利用されていることがわかりますね。

この記事ではプロパンガスボンベについて種類や大きさ、決められている設置基準、価格や耐用年数についてくわしく解説します。

プロパンガスボンベの置き場/設置基準について

引用:https://www.tainavi-switch.com/contents/33081/

ここではプロパンガスボンベの設置場所について解説します。

プロパンガスボンベの役割は、液体化されたプロパンガスを安全に保管しておくことです。
です。

ガスは危険なものなので、強い衝撃が加わったりすることによって事故につながる危険があります。
なのでプロパンガスボンベを設置する場合には、安全に使用できるように注意して設置する必要があるのです。

プロパンガスボンベの設置場所については、液化石油ガス法によって法律で義務付けられています。

原則として、10kg以上の高圧ガスのプロパンガスボンベは屋外に設置しなければいけません。

雪害などによって、どうしても屋外に置くことが難しいという場合には屋内に置くことができますが、屋内にプロパンガスボンベを置く場合には規定があり、以下のことが定められています。

  • 容器や附属品からガスが漏れ出した場合に屋内に充満しないようにするための措置を行う
  • また北海道、東北、北陸地域の寒冷地や雪の多い地域のみ
  • 内容量は10kg容器以下で25リットル未満

また室内・屋外ともにプロパンガスボンベを設置する際には「7つの設置基準」があり、これを守って設置する必要があります。

プロパンガスボンベの7つの設置基準

プロパンガスボンベの設置には7つの設置基準が設けられていて、この内容は液化石油ガス関係法令によって定められているものです。

通常は、プロパンガスボンベの設置から点検・管理までをプロパンガス会社が受け持ってくれるという場合が多く、家庭内での管理や安全対策は利用者が行うことになります。

  • ボンベへの直射日光
  • 火器までの距離
  • ボンベの転倒防止処置
  • ボンベの備品損傷防止処置
  • 周囲の環境への配慮
  • ボンベ内の温度管理
  • ボンベの腐食防止処置

守るべき7つの設置基準について、以下で詳しく解説するのでチェックしてみてください。

ボンベへの直射日光を避ける

直射日光を避けることができる場所に設置する必要があります。

理由は、ガスボンベに直射日光が当たって高温になると、容器の中の圧力が上がることで、爆発してしまうことがあるからです。

こういったことを防ぐために、直射日光が当たる時間が長くなる南側は避けてプロパンガスボンベを置くことがほとんど。

ですが、南側でなくても直射日光がたくさん当たってしまう場合や、建物の立地などによってどうしても南側に設置せざるを得ない場合には、プロパンガスボンベの設置場所の上に屋根を付けて直射日光が当たるのを防ぐといった対策があります。

その際、屋根は落ちてプロパンガスボンベを傷つけないような軽いものにして、火が出るのを防ぐために燃えない素材を使用するようにしましょう。

火器までの距離を十分にとる

設置してある火器までの距離を2m以上離して、ガスボンベを設置する必要があります。

エアコンの室外機、自動者のエンジン、電気のコンセント、電気のメーター、さらに冷蔵庫や洗濯機などの電気製品なども「火器」に含まれる可能性があるので、考慮しましょう。

火器までの距離がしっかり確保できないという場合には、不燃性隔壁で遮るという措置を行う必要があります。
その際、不燃性隔壁はコンクリートブロックや金属板といった素材を使ったものを選定するのがおすすめです。

ボンベの転落と転倒防止処置を行う

ガスボンベが転倒しないように防止処置を行いしましょう。

チェーンなどを巻き付けてガスボンベをしっかり固定することも重要で、その際ガスボンベが転倒しないようより安全性を高めるために、チェーンを2重にしてかけるよう推奨されています。

ガスボンベはデコボコしていない、水平な場所に置くようにしましょう。

地盤に直接ガスボンベを設置した場合や、地盤の上に簡易的な板を載せた上にガスボンベを載せた場合などには、設置してからしばらく経った後に、地盤が変形してへこんだりすることによってボンベが傾いてしまうことがあるので注意が必要です。

ボンベの備品損傷防止処置を行う

ガスボンベは、多少の衝撃には耐えられるように丈夫できていますが、車の衝突などの強い衝撃には耐えることができません。

駐車場などは避けて、車などがぶつかってガスボンベが倒れたり壊れたりする心配がないところに設置しましょう。

どうしても車がぶつかる可能性がある場所に設置せざるを得ない場合には、フェンスや囲いなどを設置して、ガスボンベに衝撃が加わらないように対策することが必要です。

上から落ちてきたものがバルブなどに当たってガスボンベが壊れてしまうこともあるので、ガスボンベの上に物が落ちてきそうな場所も避けましょう。

雪が降る地域では、雪害が危険なのでとくに注意が必要で、屋根に積もった雪が落下することによってバルブなどの備品が損傷することがないように、設置する場所を工夫することが大切です。

具体的な対策としては、雪が落下しても損傷を受けないよう軒下に設置するなどの対策があります。

周囲の環境に注意してボンベを囲う

外観のためや、車などがぶつかるのを防ぐなどガスボンベの安全性を高めるために、ガスボンベの周りを囲うという場合には、発火するのを避けるために注意すべき点があります。

周囲の材質は不燃性で燃えないものを使用すること、ガスが漏れ出した場合にガスが充満しないよう空気の通り道を作ることに注意しましょう。

ボンベ内の温度上昇を避ける

先ほども説明したように、ガスボンベの温度が上昇すると、中の圧力が上がって、爆発することにつながってしまいます。

ガスボンベは、温度が40℃以上にならないよう決められているので、温度のことも考慮しつつ、高温にならないような場所に設置するようにしましょう。

ボンベの腐食を防止する設置を考える

ガスボンベが腐食することによって、中の圧力が上がって爆発するリスクが出てきます。

地盤に直接ボンベを置いてずっと地盤の水に接しているとボンベが腐食してしまい、ガタガタしたり、ボンベの強度が下がってしまう可能性があるのです。

設置するときには、水回りや軒下など水気が多くて腐食しやすいところを避けて、水はけのよい場所に設置するようにしましょう。

コンクリートなど、強度があって水が接しないようなものの上にボンベを設置することをおすすめします。
さらにコンクリートに水たまりが発生しないように、水勾配を設けるとより効果的です。

ガス漏れ警報機の設置について

ガス漏れ警報機の設置はとくに義務付けはされていませんが、ガス漏れにすぐに対応できるようにガス漏れ警報機を設置することが推奨されています。

ガス警報器を設置すべき場所は都市ガス・プロパンガスによって異なっていて、その理由は2つのガスの特性が違うことにあるのです。

プロパンガスの場合は、プロパンやブタンを主な成分としてできている液化石油ガスで、空気よりも重いガス。

プロパンガスは分散しにくいという特徴ももっているので、かたまりになって流れていき、実際にガスが漏れ出した場合には、ガス器具よりも下の方にガスが流れて、床面をはうように広がっていきます。

プロパンガスの場合は、ガス器具を設置している部屋の床面から30cm以内、ガス器具から4メートル以内の場所が取り付けるべき位置です。

ガス警報器は殺虫剤などにも反応してしまうので、こういったものを察知してしまわないような場所に設置しましょう。

ガス漏れ警報機はAC電源を使用するので、電源を確保する必要があります。

ガス警報器は5年くらいの年数が経つと、誤作動を起こしやすくなってしまうので、有効期限以内に取り替えることが必要。
このことも踏まえて、ガス警報器の点検がしやすくて、交換もしやすい場所に設置するようにしましょう。

プロパンガスボンベについて知っておきたいこと

プロパンガスボンベの種類には一般家庭用や工業用などがあり、さらにそれぞれ複数のサイズのものに分かれていて、もちろんそれぞれのサイズによってエネルギー量も異なっています。

プロパンガスボンベには、プロテクターやスカートといったより安全に使うための部品も用意されているのです。

プロパンガスボンベの種類とそれぞれのエネルギー、大きさ(寸法)、安全に使うための部品についてご紹介します。

プロパンガスボンベのサイズの種類

引用:https://www.tainavi-switch.com/contents/21940/

プロパンガスボンベは、一般家庭用や工業用などそれぞれ用途が分かれていて、さらにそれぞれ複数のサイズのものに分かれているのです。

ガスボンベには、片手でかんたんに持てるものから、何千kgもの量のガスが入るようなとても大きなものまで、いろいろな種類や大きさのものがあり、以下のようなものがあげられます。

  • 家庭用のガスボンベ
  • カセットコンロ用ガスボンベ
  • 自動車用ガスボンベ
  • フォークリフト用ガスボンベ
  • 工業用のガスボンベ
  • バルクタンク(バルク貯槽)

このようにさまざまな種類がありますが、ここではその中から一般家庭用のものと工業用のものについてご紹介します。

なお、ガスボンベのサイズで「5kg」といったように書かれていますが、これは充填できるガスの容量を表しています。

このように、ガスボンベのサイズは、本体の重さではなく充填できるガスの量で表記されたり呼ばれることが多いです。

一般家庭用

プロパンガスボンベで、家庭で一番よく使われているサイズのものが、「20㎏ボンベ」と「50㎏ボンベ」となっています。

住宅街を歩いていると、家の敷地の中に大きなガスボンベが2本置いてあるのを見かけますよね。

10㎏以上あるの定式のガスボンベは、ガスメーターとあわせて使うことになっています。

屋内で使うことができるガスボンベは8㎏のガスボンベまでと定められていて、それ以上の大きさのガスボンベは屋内では使用できません。

ほとんどの場合、どのサイズのガスボンベを使用するかは、ガス会社と契約した際に、何も言わなくても、設置されるガスボンベのサイズが決められます。

より小さいガスボンベで供給すると、ボンベを交換する頻度が多くなるので、その分コストも多くかかってしまうのです。

ガス会社では、ガス供給のコストなどを考えてガスボンベのサイズを決めているので、家庭での供給については、ガス会社にまかせて、配送されるサイズのガスボンベを使うようにするのがおすすめ。

工業用

工業用のプロパンガスボンベについてご紹介します。

プロパンガスは工業用でも、食品加工業、金属熱処理、窯業など、さまざまな分野で幅広く利用されていて、工業において必要不可欠なエネルギー。

プロパンガスの工業用の用途には、工業用、化学原料用、都市ガス用、電力用などがあり、全体の需要のおよそ半分を占めているほど多く利用されています。

金属や非鉄金属を加工する際の加熱、部材や食品の乾燥など、利用方法はさまざまです。このようなエネルギーの他に、エチレン・プロピレンといった化学製品の原料、発電所での熱源、都市ガスの増熱用にも利用されているのです。

工業用のプロパンガスボンベは、やはり一般家庭で使われているものに比べて容量が大きく、サイズは500㎏以上のものが多くあります。

小さいものでは300㎏くらいのサイズのものがあり、大きいものでは3000㎏もあるガスボンベもあるのです。

このように、工業用のガスボンベのサイズはとても大きいので、一般家庭で使われていてよく目にする縦型のものとは違い、横型に作られているものも多くあります。

工業用の場合は、さらに容量の大きい「バルクタンク」というタンクでガスがされているものもあるのです。

プロパンガスボンベの寸法(大きさ)

プロパンガスボンベの寸法(大きさ)についてご紹介します。

寸法の大きさをはじめ、ボンベ重量、ガス充填容量などがそれぞれ異なるものがあり、小さいガスボンベだと、重量が4Kg程度、高さ20cmから30cm程度、外径(太さ)20cmくらいのものです。

これは持ち運びなどが可能なくらい小さいサイズのもので、イベントの屋台などで多く使用されています。

工業用のガスボンベだと、重量が2500kg、高さ3.8m程度、外径(横太さ)1.7m程度ととても大きく、これはとくに大きいバルク容器のものです。

ガスボンベは容器の種類によって、通常の容器の他に、バルク容器、バルク貯槽と分けられていて、その貯蔵能力などによっても設置基準は異なってきます。

一般家庭用のボンベの寸法

一般家庭用のボンベの寸法は以下のようになっていて、2~5kgは持ち運び可能なもので、家庭用に広く使われているのは20kgや50kgのものです。

充填ガス量(kg) 高さ(mm) 外径(mm) 内径(mm)
2kg 301mm 220mm 215mm
5kg 433mm 255mm 250mm
8kg 500mm 290mm 285mm
10kg 541mm 308mm 303mm
20kg 834mm 315mm 310mm
30kg 1167mm 320mm 315mm
50kg 1413mm 366mm 361mm

工業用ボンベの寸法

工業用のボンベの寸法は以下のようになっていて、2500kg以上のものはとくに大きいバルク容器のものです。

充填ガス量(kg) 高さ(mm) 外径(mm) 内径(mm)
425kg 1360mm 1120mm 1110mm
450kg 1850mm 960mm 950mm
2550kg 3400mm 1770mm 1760mm
3000kg 3810mm 1770mm 1760mm

プロパンガスボンベのサイズ別エネルギー量

プロパンガスの充填された量とエネルギーの関係について、お風呂の水を何回沸かせるかなど、わかりやすくご紹介します。

プロパンガスはプロパンとブタンの混合ガスで、一般家庭や業務用で利用されているのは、95%がこのようなプロパンの混合ガスで、ボンベに充填されるのはこのような液化されたプロパンガスです。

お風呂を沸かす場合は、全国平均水温である13度の水を42度まで沸かすという計算で表しています。

2kgボンベ

2 kgのガス充填時:200 Lのお風呂を沸かす場合

熱量 1回5800kcal
熱効率 8割
使用回数 3.26回分

2 kgのガスボンベ持ち運びができるガスボンベの中でもとくに小さいタイプのものなので、山登りなどのレジャーにぴったりです。

5kgボンベ

5 kgのガス充填時:お風呂を沸かす場合

熱量 1回4350kcal
熱効率 8割
使用回数 10.87回分

5kgのガスボンベも持ち運びができるガスボンベで、イベントの屋台などでも利用できますね。

8kgボンベ

8 kgのガス充填時:150 Lの風呂沸かす場合

熱量 1回4350kcal
熱効率 8割
使用回数 17.40回分

室内で使用できるガスボンベには「8kgのボンベまで」という決まりがあるので、8 kgのガスボンベは室内で利用できるものの中では一番大きいタイプです。

10kgボンベ

10 kgのガス充填時:150 Lの風呂沸かす場合

熱量 1回4350kcal
熱効率 8割
使用回数 21.75回分

10kgのガスボンベ以上の大きさのものは、室内では利用できないので野外で使用することになります。

20kgボンベ

20 kgのガス充填時:150 Lの風呂沸かす場合

熱量 1回4350kcal
熱効率 8割
使用回数 43.51回分

20 kgのガスボンベは多くの家庭で利用されているので、見かけることも多い種類です。

30kgボンベ

30 kgのガス充填時:150 Lの風呂沸かす場合

熱量 1回4350kcal
熱効率 8割
使用回数 65.26回分

30kgのガスボンベは、家庭で多く利用されている20 kgタイプと50 kgタイプの中間の大きさのものです。

50kgボンベ

50 kgのガス充填時:150 Lの風呂沸かす場合

熱量 1回4350kcal
熱効率 8割
使用回数 108.75回分

50kgのガスボンベ家庭で利用されているものですが、大きいタイプのものなのでガスの使用量がとくに多いお家にはこのボンベが合っています。

プロパンガスボンベの部品について

プロパンガスボンベには、安全に使うための部品があるのです。

ガス供給部のネック部分を保護するための「プロテクター」と、地面と接触しないようにして腐食を防ぐための「スカート」についてそれぞれご紹介します。

プロテクター

プロテクターはガスボンベの上のバルブ部分を覆うように付けられている部分で、ガス供給部のネック部分を保護することができ、その他にもガスボンベを運搬する時に取っ手としても役立ちます。

バルブを守っているバルブプロテクターは、ボンベや高圧ホースに力が加わったときに、ボンベのバルブ部分でガスが流出するのを止めることができので安心ですね。

20Kボンベまでのサイズのガスボンベには必ずプロテクターがついています。

スカート

スカートは、ガスボンベの底に着けられている容器を保護する台で、容器と地面が接触するのを防いで、容器の腐食を防ぎます。

腐食するのを防ぐことで、ボンベの強度をしっかり確保することができますね。

プロパンガスボンベの価格

プロパンガスボンベの価格の相場は基本料金1,890円ですが、ガス会社によって異なっています。

プロパンガスはよく「高い」と言われていますが、現在プロパンガスを利用している家庭はたくさんあるので、ガス会社がたくさん存在し、ガス会社によって料金は異なるのです。

プロパンガスの料金は、ガス会社を変更するだけで安くできることが多いので、安くしたい場合はガス会社の変更を検討してみるのがおすすめ。

プロパンガス自動料金診断を受けてみる

プロパンガスボンベの耐用年数

プロパンガスボンベの寿命は20年で、それまでも安全性を維持するために充填期限もあり、定期的に検査をする必要があります。

8㎏や10㎏のガスボンベであれば、製造してから20年未満の場合で6年に1度の点検が必要で、20年以上経過している場合で2年に1度の点検が必要です。

20㎏や50㎏容器などのガスボンベであれば、製造してから20年未満の場合で5年、20年以上経過している場合で2年に1度の保安点検が必要。

プロパンガスはガス会社によって対応がいろいろなので、しばらく点検していない場合は、点検が必要かどうか確認してみましょう。

プロパンガスボンベについてまとめ

プロパンガスボンベには一般家庭用から工業用まで幅広い種類があります。

プロパンガスを扱っているガス会社はたくさんあり、価格はガス会社によって変わるので、価格を安くするにはガス会社を比較するのがおすすめです。

プロパンガスボンベを安全に使用するためには、設置基準を守って最適な場所に設置する必要があり、定期的な点検も必要。

安全対策を忘れずに、安全にプロパンガスボンベを利用しましょう。