プロパンガスの業務用価格はいくら?相場より安い料金にする方法

最近、一般家庭ではガス料金の見直しをすることは珍しいことではなくなってきました。

しかし、お店や事業所などで使用する業務用のプロパンガスとなると、契約しているガス会社やプランを変更するのは手続きが大変だったり、変更に伴う使用場所でのチェックが大変と思って、最初に契約たまま見直ししていないというケースが多いのです。

でも、実は使用量が多い、事業用のプロパンガス料金こそ、しっかりと見直しをおこなって欲しいのです。

実際にお店や事業所など業務で使っているプロパンガスの料金を見直したことで、毎年、数十万円の経費節約となったという事例もあります。

その結果、

・浮いた経費で広告を打って、お客様が増えて売上アップにつながった。
・浮いた経費分で従業員の待遇改善をおこない職場全体のモチベーションがアップした

という良い結果につながっています。

ここでは、プロパンガスの業務用価格や上手に業務用プロパンガス料金を比較検討する方法についてご紹介します。

プロパンガス自動料金診断を受けてみる

プロパンガス(LPガス)の業務用価格とは

飲食店や工場、美容室、病院・介護施設などの現場では日々、大量のガスを使用しています。

そのため、こうしたお店や企業の経費を管理している経営者や担当者にとって、プロパンガスの料金というのはとても関心があることではないでしょうか。

ビジネスシーンにおいては、ガス料金が高いとそれだけで余計な経費がかかって、経営を圧迫しかねない大変な問題です。

そのため、プロパンガス(LPガス)ではガスの使用量が多いほど安くなるような業務用の価格が設定されていることがほとんどです。

ここでは、経営者や経理担当者が気になるプロパンガス(LPガス)の業務用価格についてご紹介します。

業務用価格が適応される使用量は?

プロパンガス(LPガス)の業務用価格は一般家庭用のものと比較すると1割~2割程度安く設定されています。

それだったら、業務用価格のプロパンガスを利用したいと考える人が出てきます。

しかし、プロパンガス(LPガス)を業務用価格で契約するには、ある一定の条件があります。

その条件はプロパンガス(LPガス)の使用量の下限です。

プロパンガス(LPガス)の業務用価格は、ガスを大量に使用する代わりに、家庭用
より従量料金が安く設定されています。

だから、ある一定の使用量の実態がないと業務用価格の適用を提案してくれません。

使用量の下限はプロパンガス会社によっても異なりますが、多くのプロパンガス会社では

業務用価格を適応する基準として月に300㎥以上の使用をあげています。

これぐらいの使用量がないとお店や会社での利用であっても、業務用価格が適応されるのは難しいでしょう。

ただし、現状は300㎥以上に満たない場合でも今後、プロパンガスの使用量が増加すると見込まれる場合や開店・開業したての場合は、プロパンガス会社へ相談すると業務用プロパンガスとして契約してくれることもあります。

ガス会社によって料金が大きく違う場合がある

ガスが自由化されるようになり、一般家庭でも契約しているガス会社によって料金が違っていますが、業務用の場合、さらにその傾向が高いです。

業務用の場合、1件あたりの使用量が月300㎥と多いので必然的に支払うガス料金も高くなります。

そのため、プロパンガス会社は1件でも多く、ガスをたくさん使ってくれるお店や企業と契約したいと考えています。

さらに、業務用のプロパンガスを提供している会社の数も多いので、ほかのプロパンガス会社に負けないよう少しでもよい条件をお店や企業へ提示しようとします。

実際にガス会社から相見積をとったり、提案をしてもらうと分かりますが、プロパンガス会社に
よって従量単価が数円~数十円異なるケースもよくあります。

例えば従量単価が50円違う場合

基本料金はともに1500円
A社 従量単価280円
B社 従量単価330円

月に500㎥利用
A社 基本料金1500円+(従量料金280円×500㎥)=141,500円
B社 基本料金1500円+(従量料金300円×500㎥)=166,500円
となり1ヶ月あたり25,000円の差となります。

これが1年だと
A社 141,500円×12ヶ月=1,698,000円
B社 166,500円×12ヶ月=1,998,000円
となり年間30万円の経費の差となります。

事業用でプロパンガス使用の場合はガス料金比較サイトがおすすめ

上記でも分かるように、事業用でプロパンガスを使用する際は少しの差でも年間、数十万~数百万円という大きな差になるので必ず比較検討することが大切です。

そうはいっても日々の業務が忙しいなか、複数のガス会社へ個別に連絡を取り、見積もりや提案をもらって比較検討するなんて時間の余裕がないという方も多いでしょう。

そんな忙しい方におすすめなのがガス料金比較サイトです。

ここでは、ガス料金比較サイトを利用するメリットについてご紹介しましょう。

ガス料金を比べることができる

ガス料金比較サイトを利用する一番のメリットとして、簡単にガス料金を比べることができるという点があります。

通常、プロパンガスの料金を比較するとなるとお店や事業所を管轄しているプロパンガス会社を電話帳やインターネットなどで見つけなければいけません。

そしてプロパンガス会社に一件ずつ、電話やメールなどでコンタクトをとり見積もり・提案を依頼するかインターネットでホームページを見てプランを確認しなければいけません。

これだと手間がかかるだけでなく、出てきた見積もりや料金プランやサービスの内容が微妙に異なることもあります。

そうなれば、基本料金はA社のほうが安いけど、従量単価はB社のほうが安い、C社は解約条件がゆるい、D社は支払いまでの期間が長くサポートもしっかりしているなど比較する項目が多く比べるのが大変です。

しかし、ガス料金比較サイトでは、サイト上で条件を1度提示するだけで済み、何通もメールを送ったり、何回も電話する手間はいりません。

さらに、同じ条件に対して最適なプランがそれぞれ提案されるので検討しやすいというメリットがあります。

想定される使用量で単価を柔軟に相談できる

すでに商売や事業をおこなっている場合は、実際の利用状況に即して比較検討することができます。

しかし、まだこれからお店を開店させる場合や事業を始める場合だと確実にこれぐらいのプロパンガスを利用するという基準が分かりません。

しかし、同様の商売や事業をしているところを基準にしたり、将来これぐらいまで商売や事業を成長させたいという計画や理想でプロパンガスの利用はこれぐらいになるといった見込みはお持ちだと思います。

そうした場合でも、ガス料金の比較検討サイトをしようすると、これぐらいの使用量だと単価がこれぐらい、もう少し増えると従量単価は○○○円にできるなど、ガス会社と柔軟に相談することができます。

こうした料金比較サイトを使って、お店や会社にあいそうなプロパンガス会社を選択してみましょう。

そのうえで、選んだプロパンガス会社へ個別に料金の相談をすると交渉などもしやすくなるでしょう。

大型施設の場合は変動型料金体系にできる場合もある

病院や銭湯、ショッピングモールなどの大型施設では、プロパンガスの使用量が非常に多くなります。

そのため、ガス代の従量単価が一定だとプロパンガスをつくる原料となる原油が高い時期はいいですが、原油が安い時期は損することになります。

こうしたデメリットを避けるために、完全変動型料金体系を用意しているプロパンガス会社もあります。

完全変動型料金体系は、プロパンガスを作る原料となる原油の価格と連動させる形で、従量単価が決まる仕組みです。

この変動型料金体系を採用していると、原油価格にあわせて従量単価ができるだけ安くなるように設定されます。

変動型料金体系の場合、固定の従量単価よりもガス代が安くなることが多いので経費節約にもなります。

ただし、原油価格があまりにも高騰した場合、一時的に従量単価が高くなるケースもあります。

しかし、変動型料金体系よりも少し割高な固定従量単価で使い続けるよりも得することが多いです。

大型施設でプロパンガスを利用しており、支払うガス代が高いという場合、変動型料金体系を検討し、ガス会社と交渉してみても良いでしょう。

安心して利用できる優良比較サイト

業務用のプロパンガス会社を変更するとなると、安定的にプロパンガスを供給してくれ、なおかつ安い料金を提示してくれる信頼できるガス会社を選ぶ必要があります。

ただ安いというだけでプロパンガス会社を選んでしまうと、万が一、供給をストップされてしまった際やトラブルが起きた時に、お店や自社の業務や営業が出来なくなってしまうというような困った事態にもなりかねません。

しかし、優良比較サイトでは安心して利用できるプロパンガス会社しか登録・紹介できないように工夫されています。

そのため、プロパンガスの優良比較サイトを利用すると、このガス会社で本当に大丈夫かなと不安を抱く必要がありません。

ここでは、本当に安心して使えるガスの優良比較サイトをご紹介しましょう。

他より安い料金提供してくれるエネピ

エネピ』はリフォーム会社比較サイト「リショップナビ」や住宅太陽光発電システム比較サイト「グリーンエネルギーナビ」などを運営する住宅関連のサービスを専門に手がけている会社です。

登録するガス会社との面談を徹底したり、ネット上でガス料金を提示したりとサポートが手厚く、利用者の満足度もとても高いサービスで今最もオススメできるガス会社乗り換えサービスです。

ガス会社都合の不当なガス料金の値上げに関しても、契約後もしっかりとサポートしてくれるので安心です。

運営会社 株式会社アイアンドシー・クルーズ
対象地域 沖縄県以外の全国
オフィス 東京都
サポート内容 ネット見積もり提示、契約後不当なガス料金値上げ対応
公式ページ https://enepi.jp

他のプロパンガス料金比較サイトよりも安いガス料金で提案している事例が多々あります。まずはエネピを利用するようにすると良いでしょう。

エネピ 公式サイト

全国対応しているガス屋の窓口

ガス屋の窓口』はプロパンガス事業を主軸とした株式会社エネジスタが運営するガス乗り換えサービスです。

とにかく豊富なガス会社と提携していることと、乗り換え後のサポートや保証もしっかりしていることから利用者からの評価が高いサービスです。

また、急なインフラ等によるガス料金の高騰が起きて、ガス会社乗り換え後にガス代が高くなったとしても返金保証という形でカバーしてくれます。

ちなみに期間限定でキャッシュバックキャンペーンを行っており、ガス屋の窓口で乗り換えると現金1万円がもらえますので更にお得に節約ができます。
運営会社 株式会社エネジスタ
対象地域 全国
オフィス 東京都
サポート内容 契約後不当なガス料金値上げ対応、1年間返金保証サービス、キャッシュバック1万円
公式ページ https://gasuyanomadoguchi.com/

対応地域が幅広いので、エネピで対応してない場合はガス屋の窓口を利用してみると良いでしょう。

ガス屋の窓口 公式サイト

まとめ

お店や事業所などでプロパンガスを使用する場合、一般家庭で使用するのと比較すると、はるかに多い量のガスを必要とします。

そのため、ガス会社やプランの見直しをしなければ高い料金を払い続けることになり、場合によっては、こうした経費が経営を圧迫することにもなりかねません。

だから、業務用のプロパンガスを使っている場合や新事業でこれから契約する場合は、必ず複数のプロパンガス会社を比較検討しましょう。

特にお店や事業所が契約する場合、相見積もりをとっておき、契約しようとする会社に見せて相談すると、より有利な条件を提示してくれることがあります。

優良比較サイトを上手に利用して、少しでもガス料金が安くなるガス会社やプランで契約しましょう。