最も簡単にプロパンガス料金を37%節約する方法|細かい節約術

「うちのプロパンガスって高い気がする…」「もっとガス代を抑えたい」と思いますよね。

都市ガスが安いと言われていますが、まだまだ供給地域は限られていますので、そう簡単に都市ガスに切り替えられないのも事実です。

ですが、プロパンガスも少しの工夫で37%も節約する方法があるのです。

では、具体的にはどのような方法によって節約が可能なのでしょうか?

この記事を読めば、簡単にプロパンガスの料金を節約するためのテクニックがわかりますので、是非チェックしてください!

プロパンガス自動料金診断を受けてみる

プロパンガス料金の仕組みを理解する

プロパンガスを何気なく使用していて、料金を払っている方も多いかと思います。ただ、実際にはプロパンガス料金というのはさまざまな要素によって構成されているのです。

では、プロパンガス料金はどのような仕組みで決まっているのでしょうか?

基本料金+従量単価=プロパンガス料金

プロパンガス料金については、基本的には以下の計算式で算出できます。

基本料金とは、利用実績に関わらずかかる料金のことで、月会費のようなイメージで支払う必要があるものとなっています。また、従量単価というのは、使用実績に応じて支払う必要がある料金となります。

実は、プロパンガスの料金形態としては、次の4つに分類されます。

名称 計算方法
二部料金制 基本料金 + 従量単価
スライド式 基本料金 + 従量単価(使用量に応じて変動)
三部料金制 基本料金 + 従量単価 + 設備使用料
原料費調整制度 基本料金 + 従量単価(原料費に連動して毎月変動する)

二部料金制とは?

二部料金制は、プロパンガス料金の料金体系の中で最もシンプルな方法として知られています。また、この方式を取り入れているプロパンガス会社も多く存在しているのが特徴です。

二部料金制の場合、従量料金は使用量(㎡)×従量単価で算出できます。

例えば…

30㎡使用した場合、基本料金1,500円で従量単価が300円の場合は以下の計算式でプロパンガス料金が決定します。

請求額:1,500円 + (30 × 300円) = 7,500円

スライド式とは?

スライド式は、二部料金制のように従量単価が固定されず、使用量に応じて変動するスタイルを採用しています。概ね、以下の区分で設定されるケースが多く見られます。

  • 0.1〜5.0㎥
  • 6.0〜10㎥
  • 11〜15㎥
  • 16〜20㎥

基本的には、使用量が多くなるほど従量単価が低く設定されるようになっています。

例えば…

5㎡使用した場合、基本料金1,500円で従量単価が400円の場合は以下の計算式でプロパンガス料金が決定します。

請求額:1,500円 + (5 × 400円) = 3,500円

三部料金制とは?

三部料金制は、二部料金制の基本料金と従量料金に「設備使用料」が加算される方式であります。設備使用料の内訳は、以下となっています。

  • ガスメーター
  • 自動切り替え式圧力調整器
  • 集中監視システム

二部料金制の基本料金に含まれていた固定費である設備使用料が明確になることで、クリーンでわかりやすい料金体系であると言えますね。

例えば…

30㎡使用した場合、基本料金1,200円で設備資料料が300円、従量単価が300円の場合は以下の計算式でプロパンガス料金が決定します。

請求額:1,200円 + 300円 + (30 × 300円) = 10,500円

原材料調整費制度とは?

原材料調整費制度は、従量単価をプロパンガスの輸入価格と毎月連動させて算出する方式のことを指します。従量単価が輸入価格と連動することで、よりリアリティある金額となることで、料金の根拠が見えやすく透明性が高い仕組みであるのが特徴です。

この透明性により、不当な値上げがされにくく、最も消費者にとって良いシステムと言えます。 この仕組みは都市ガスでも採用されています。

例えば…

30㎡使用した場合、基本料金1,500円、当月の従量単価が200円の場合は以下の計算式でプロパンガス料金が決定します。

請求額:1,500円 + (30 × 200円) = 7,500円

実は、都市ガスでも原材料調整費制度が採用されていますが、お得感はありますが毎月の金額が一定化しないという難点があります。

従量単価によって年間平均3万円以上違う

さまざまな計算方法があるのですが、二部料金制やスライド制、三部料金制では従量単価は各プロパンガス会社で独自に設定しているのです。よって、適正価格を知らないまま高い従量単価のプロパンガス会社を利用し続けていると、金額的に大きな違いが発生します。

一般的には、プロパンガスの従量単価はエリアによって大きく異なりますが、概ね280円~410円で設定されていることが多いです。もしこれより高いとなると、プロパンガス会社の変更も検討する余地があると言えます。

もし従量単価が適正価格より100円高く500円であったとして、毎月30㎡をコンスタントに使用し、二部料金制で基本料金1,500円のケースでは、毎月これだけの違いが発生します。

【適正価格の場合】
請求額:1,500円 + (30 × 400円) =13,500円

【高い場合】
請求額:1,500円 + (30 × 500円) = 16,500円

この時点で、毎月3,000円もの違いが発生しますし、これを年で換算すれば3万円以上も差が生まれることになります。よって、従量価格が適正価格であるかどうかを適切に見極めることが重要なのです。

プロパンガス料金の70%以上はお風呂で使用

プロパンガスを主に使用するケースとして、ガスコンロと湯沸かし器があります。実は、使用量を分析するとなんと75%以上がお風呂なのです!

1ヶ月間のお風呂におけるプロパンガスの使用量を計算すると、浴槽一杯分が約250リットルで42℃のお湯をお風呂に入れた場合の使用量を計算すると、 250リットルの水の温度を1℃上昇させるには250kcalの熱量が必要となります。

水温が約17℃程度ですので、単純に250リットルのお湯を作るには6,300kcal必要となります。そこで、概ね0.33㎥のプロパンガスが必要となるのです。

毎日同じ形でお風呂を入れ続けると、1ヶ月間でプロパンガス使用量は約10㎡必要となる計算です。人間が生活していく中でお風呂は欠かせないものですが、何気なく入っているだけでもこれだけのプロパンガスが消費されているというのには驚きですね!

ガス会社の変更とお風呂の工夫で30%は節約できる

先に紹介した通り、プロパンガス料金を下げるためには、従量単価が適切なプロパンガス会社を選択することと、最も多く消費するお風呂で一工夫することで大きな節約効果を発揮できます。

なんと、最大30%もの節約も可能なのですが、具体的には次のような方法で節約につなげることができます。具体的には、次の方法を用いることで実現できるのです。

ガス会社変更におすすめな比較サイト

適切な従量単価を設定しているプロパンガス会社を見つけるのは、自分の手で行うのはなかなか難しいものです。そこで是非利用したいのが、ガス会社を比較できるサービスです。

特に、次の3つの比較サービスがおすすめできます。

他より安い料金提供してくれるエネピ

エネピ』はリフォーム会社比較サイト「リショップナビ」や住宅太陽光発電システム比較サイト「グリーンエネルギーナビ」などを運営する住宅関連のサービスを専門に手がけている会社です。

登録するガス会社との面談を徹底したり、ネット上でガス料金を提示したりとサポートが手厚く、利用者の満足度もとても高いサービスで今最もオススメできるガス会社乗り換えサービスです。

ガス会社都合の不当なガス料金の値上げに関しても、契約後もしっかりとサポートしてくれるので安心です。

運営会社 株式会社アイアンドシー・クルーズ
対象地域 沖縄県以外の全国
オフィス 東京都
サポート内容 ネット見積もり提示、契約後不当なガス料金値上げ対応
公式ページ https://enepi.jp

他のプロパンガス料金比較サイトよりも安いガス料金で提案している事例が多々あります。まずはエネピを利用するようにすると良いでしょう。

エネピ 公式サイト

全国対応しているガス屋の窓口

ガス屋の窓口』はプロパンガス事業を主軸とした株式会社エネジスタが運営するガス乗り換えサービスです。

とにかく豊富なガス会社と提携していることと、乗り換え後のサポートや保証もしっかりしていることから利用者からの評価が高いサービスです。

また、急なインフラ等によるガス料金の高騰が起きて、ガス会社乗り換え後にガス代が高くなったとしても返金保証という形でカバーしてくれます。

ちなみに期間限定でキャッシュバックキャンペーンを行っており、ガス屋の窓口で乗り換えると現金1万円がもらえますので更にお得に節約ができます。
運営会社 株式会社エネジスタ
対象地域 全国
オフィス 東京都
サポート内容 契約後不当なガス料金値上げ対応、1年間返金保証サービス、キャッシュバック1万円
公式ページ https://gasuyanomadoguchi.com/

対応地域が幅広いので、エネピで対応してない場合はガス屋の窓口を利用してみると良いでしょう。

ガス屋の窓口 公式サイト

効果的なお風呂場のガス節約術5選

プロパンガスの使用量が最も多いのがお風呂でありますが、逆に言えばこの部分で節約すれば大きな効果を得ることができるのです。普段何気なく使用しているお風呂でちょっとした節約をするだけで、最大30%も料金を減らすことができます!

具体的には、以下の5つの方法で節約を実践することができます。

  • 追い焚きするなら入れ直す方が良い
  • バスタブの蓋をこまめにする
  • 給湯器は電源ON/OFFを普段から徹底する
  • 節水シャワーノズルに変更する
  • 長時間のシャワーならお風呂に浸かる

では、各方法についての具体的な節約できる理由について解説します。

追い焚きするなら入れ直す方がお得

お風呂に既にお湯を張っている状態の場合で冷めてしまった場合、水がもったいないと感じて追い焚きされるというケースが多々見られます。確かにエコという観点では重要な心がけなのですが、ガス料金を節約するという意味では非常に無駄な作業となってしまいます。

追い焚きにおいても、通常にお風呂にお湯を入れるのと同じく、水を温めてお湯にして入れ直すという作業が発生します。実は、湯だめしているものは冷え切ると15℃まで低下しますが、水道水の場合は平均で17℃程度をキープでき、この時点で2℃の差があります。

この2℃の温度差によって、使用するガス量も単純に増加してしまうことで、ガスの消費量という観点で言えば新しくお湯を入れたほうがお得ということになるのです。特に冬場の場合は、更に湯だめしているお湯の水温が低下するので、その差が顕著に現れます。

また、追い焚きの場合は新しくお湯を入れるよりも時間的に3倍程度かかります。水道料金を考慮する必要がありますが、基本的には水道料金よりもガス料金の方が高いので、お得感があります。

また、残り湯は洗濯に使用するなどで有効活用することができますよ。

バスタブの蓋をこまめにしてお得

お風呂を入れた直後と、その日に最後に入浴する時では確実にお湯の温度低下が見られるものです。この場合、少しぬるいと感じて注ぎ湯して温め直すという方も多いと思いますが、これが実はガス代という観点でも無駄となってしまうのです!

お湯の温度に対してお風呂内の気温が低いために徐々に冷めてしまうのですが、お風呂のお湯をなるべく下げないようにするためにバスタブの蓋をこまめにしておくことがおすすめです。

入っていない時に毎回蓋をするのは大変ですが、自分がお風呂から上がって次の人が入るまでの間蓋をしておくだけでも、かなりの違いがあります。特に、冬場で寒い日には是中大な効果を発揮しますよ。

蓋をしても1時間で約1℃程度低下すると言われていますが、お風呂に保温機能があり常に一定の温度に保つお風呂の場合、なおさらこまめに蓋をして省エネに務めたいですね。

給湯器は電源ON/OFFを普段から徹底

今の給湯器はリモコンで手軽に操作できるものが主流となっています。その時に、なるべくこまめに給湯器の電源を切っておくと良いでしょう。ガス代という観点では効果がないのですが、都度消しすることによって、待機電力の消費を防止できます。

実は、オンモードで平均7.97W、オフモードで平均6.03W消費すると言われており、この都度消しによって年間300円程度でありますが省エネ効果があります。ガス代の節約にはなりませんが、この細かな心がけ意識を植え付ける効果があるので是非実践してほしいエコ術となっています。

節水シャワーノズルに変更してお得

夏場の入浴では、お風呂よりもシャワーを浴びるというケースが多いですよね。シャワーは大量のお湯を浴びると気持ちいいですが、逆に多くのお湯を無駄に消費してしまうということを意味しています。

そこで利用したいのが、節水シャワーヘッドです。節水シャワーヘッドとは、通常のシャワーヘッドより穴の大きさや数を減らすことで、水圧はキープしながらも水量を減らすことができます。通常、節水を目的として販売されていますが、お湯の量を減らすことが出来るのでガスの消費量も減らすことが可能です。

これによって、概ね月々のガス代を700円程度減らすことが可能です。

長時間のシャワーならお風呂に浸かってお得

夏場は、どうしても他の季節よりもシャワーを浴びる時間が長くなりがちです。お風呂を入れるよりも水量もガス消費量も少なく済ませることができるのが魅力的です。

毎日10分のシャワーを浴びたとして、ガス代を試算すると概ね38円の費用が発生します。お風呂をいっぱいに入れた場合は約75円前後の料金がかかるので、約半分程度の費用で済むのでお得感があります。

ただ注意したいのは、家族の人数が多ければ、その分だけシャワーの場合は利用量が多くなるという点です。単純に、四人家族として各々が10分のシャワーを浴びると、38円×4=152円かかる計算となり、お風呂を張るよりもガス代がかかってしまいます。

その点も考慮して、長時間のシャワーを浴びるならお風呂を入れたほうが良いという点を考慮しましょう。

他にもあるプロパンガス料金節約術

プロパンガス料金を減らすためにはお風呂における節約が最も効果的ですが、他にも多くの節約術があります。ここでは、是非実践したい節約術を厳選して紹介します。

キッチンでできるプロパンガス節約術

お風呂以外で節約できる場所として、キッチン周りがあります。ガスコンロも想像以上にガスを消費する機器ですので、以下のような節約術を実践することが望まれます。

  • 圧力鍋を使う
  • 電子レンジを使う
  • 炊飯器調理を活用する
  • 鍋よりフライパンを活用する
  • 揚げ物レシピの数を減らす
  • 使う前に冷凍食品を解凍する
  • お湯沸かしは極力電子ケトルを使用する
  • 食器洗いは極力水で洗う

では、それぞれの具体的な節約方法について解説します。

圧力鍋を使う

圧力鍋は、鍋本体と蓋を密閉して高圧状態で加熱することによって、水の沸点が上げることでより効率よく調理できる鍋であります。100℃以上で高熱調理ができるのですが、通常は長時間煮込まなければならない食材でも、比較的短時間で調理できるので、相対的にガスの消費量も減らすことができます。

より鍋底の大きな圧力鍋ですと、熱効率が良くなり無駄なく熱WP使用することができますよ。圧力鍋自体も決して高いものではありませんし、コストパフォーマンスを考えれば積極的に導入したいアイテムとなっています。

電子レンジを使う

電子レンジは年々進化しており、食材と調味料などを入れてレンジで温めるだけで、調理することも可能です。また、解凍などで頻繁に利用するケースが多いのですが、思い切って電子レンジ中心の調理法を取り入れるというのも有効的です。

電気量はかかりますが、短時間で調理できるのでプロパンガス料金よりも安いというケースも多くあるのでおすすめです。また、両方をうまく併用してより効率よく調理するというのも良いでしょう。

炊飯器調理を活用する

炊飯器はご飯を炊くためのものと思われがちですが、最近では調理器具として高く注目されています。特に、角煮などのじっくり煮込んで作るものは炊飯器で簡単に美味しく作ることができます。

ガスコンロで角煮を作る場合は長時間かけてガスを多く消費しなければなりません。電子レンジ同様に、電気代はかかりますが美味しい煮物を作ることができる炊飯器も活用したいですね。

鍋よりフライパン

先に鍋底が広いほうが熱を有効に活用できると解説しましたが、例えば2リットルのお湯をわかす場合、鍋底の広さが約5cm違うだけで約1円の差が出ると言われています。鍋底が広いものとしてフライパンが有名ですが、鍋ではなくフライパンでお湯を沸かすことで、ガス代の節約に寄与できます。

揚げ物レシピの数を減らす

煮物と同じように、実は長時間のガス消費となることが多いのが揚げ物です。じっくり揚げたい場合はどうしても長時間の調理となってしまうものですが、これではガスを多く消費して費用がかかってしまいます。

揚げ物は美味しいですが、節約という観点では揚げ物レシピを減らすという工夫も必要です。

使う前に冷凍食品を解凍する

冷凍食品を調理する場合、いきなり凍っているものを調理するとなかなか火が通りにくいので、調理時間がかかりガスも多く消費しがちです。冷凍食品を調理する前に、事前に冷蔵庫でじっくりと解凍してから調理すると、より効率よく調理することができます。

お湯沸かしは極力電気ケトル

ラーメンなどを煮る場合、水の状態から鍋などで湯を沸かすとガスを消費してしまいます。そんな時には、極力電気ケトルでお湯を沸かしておき、それを鍋にあけて使用することでガスを節約できます。

食器洗いは極力水で洗う

家事で苦労するのが食器洗いですよね。特に冬場は手がかじかみながらも食器洗いされている方も多いと思います。そんな時にはお湯を使用して洗いたくなりますが、お湯を沸かすのにガス代がかかってしまいます。

ガス節約を考えれば、可能な限りお湯ではなく水で洗うようにしましょう。冬場で耐えられない場合は、ゴム手袋を使用することで温度の伝導を抑制して冷たさをしのぎながら洗うことができます。

オール電化にするという選択肢も

光熱費の中でもかなり高くなる傾向があるプロパンガスですが、それを考えると思い切ってオール電化に切替えるというのも選択肢の一つとして考慮したいものです。オール電化によって、年間で3万円程度の費用削減効果を得ることができます。

接地コストがかかりますし、IHクッキングヒーターの導入で新しく調理器具を揃えなければならず、初期費用は莫大にかかってしまいますが、検討する余地は十分にあります。

まとめ

普段あまり意識せずプロパンガスを使用している方でも、今回紹介した点について振り返ってみると、何かと思い当たることがあるかと思います。

ちょっとした心がけだけで大きなプロパンガス費用の削減を行えるので、是非とも実践してみてほしいですね。