ポイントが貯まる電気料金設定をしている電力会社を徹底比較

いままでは決められた電力会社としか契約をすることができませんでした。2016年4月の「電力自由化」がスタートし、今、電気乗り換えにかなり関心を持っている頃ではないでしょうか。

今までよりも多くの企業・電力会社がサービ提供をスタートし、本当にたくさんの電力会社、電気料金プランがあって、探すのもとても大変!と思ったことでしょう。

実績のない新しい会社と契約してしまえば、停電してしまうかもという心配もしなければならないかもしれません。倒産の不安も抱えるでしょう。日常生活の中で電気はいつも安心して使用したいですよね。

あなたも、電気代が安く出来るから、電気乗り換えというモチベーションではいるのでしょう。でも、しっかりリサーチしないことには、それほど電気料金的にメリットのない電力会社もあります。

まず、電気乗り換えしても、同じ電気網を使用することになるので、電気の品質が落ちる……ということはありません。基本、電気乗り換えでも、品質や、供給の問題は今まで通りと考えていいでしょう。そこで、あなたの選択肢は、電気料金のプラン&ポイントなど付帯サービスです。

電気料金のプランでは、それほどプラスにならないという場合でも、プラスαポイント付帯など考慮にいれれば、この電力会社でいいのではないかという判断も出来るでしょう。

とにかく、問題はあなたがどれだけ電気乗り換えをして満足できるかです。今回は、ポイントを軸として、お話しをしていきます。

例えばこのような電力会社が、様々なポイントのサービスを提供してくれています。

 

ENEOSでんき

ENEOSでんきも多くの人たちが選択する安心して利用することがでる電力会社です。

付帯サービスとして、クレジットカードの支払いでクレジットカードのポイントを貯めることができます。

ANAカードでは、ENEOSでんきの支払いで、通常のマイルの他に200円:1マイル、通常マイルに追加して貯めることができます。

電気代は、だいたいは、毎月数千円あたりの支払いをすることになるでしょう。

例えば、8,000円支払いしなければならないとすれば、一ヶ月で40マイルを確実にゲットすることができます。

エポスカードは、ENEOSでんきの支払いをすれば、通常200円で1ポイントなのが、100円:2ポイントにすることができます。

 

楽天でんき

楽天でんきでは、電気料金200円につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯めることができるメリットがあります。

楽天でんきを契約して、契約期間が4か月を超えた場合、エントリー不要でそのまま楽天ポイントを2000ポイントゲットすることができます。

ポイントが貯まれば、楽天市場でのショッピングに使用することができます。また、加盟店での支払いにもあてることができ、電子マネー楽天Edyの残高としてチャージも可能です。

50ポイント以上の楽天ポイントがあれば、それで、楽天でんきの支払いもすることができます。

また楽天カードで、電気料金支払いをすれば、100円ごとに1ポイントをゲットすることができてお得です。この際、楽天カードも一緒にという発想がいいのかもしれないですよね。新規入会で5000~8000ポイントがもらえるキャンペーンを現在開催中です。

 

auでんき

auでんきでは、auユーザーにお得なポイントサービスがあります。 auでんきに加入することで、あなたも毎月電気代の最大5%ポイントをゲットすることができます。

最大5%相当分をWALLET ポイントで還元、例えば、電気料金が、13000円というケースでは、年間7800ポイントをゲットすることができます。

また、電気代は、au WALLET クレジットカードで支払いすることで、更にポイントを貯めることができます。

年間で、プラスα1704ポイントということで、総計9504ポイント。かなりうれしい体験をすることができます。

 

Tポイント、ponta、楽天、WAONが貯まる電力会社

逆にあなたには、既に使いやすいポイントがあるのではないでしょうか。Tポイント、ponta、楽天、WAON……と言ったものです。

Tポイントをいつも使用しているのに、楽天ポイントがかなり有効的に貯まると言われても、どう評価していいかわからないですよね。

あなたの日常生活において、有効的にポイントを貯め、使用していただきたいので、それぞれのポイント別に、電力会社をまとめてみました。

ポイント 電力会社
Tポイント
  • 東京電力
  • ENEOS
  • 東京ガス
  • 西部ガス
Pontaポイント
  • まちエネ
  • 東京電力
  • 東北電力
  • 東京ガス
  • 西部ガス
楽天スーパーポイント
  • 東京ガス
  • 西武ガス
  • 関西電力
WAONカード
  • 東京ガス
  • 西武ガス
  • 関西電力
  • 東北電力
  • 中部電力
nanacoポイント
  • 東北電力
  • 関西電力
  • 中部電力
dポイント
  • 関西電力
  • 中部電力
  • 東京ガス
au WALLET
  • auでんき
  • 関西電力

Tポイントが貯まる電力会社

やっぱり多くの人たちが、Tポイントを貯めたいと思っているのではないでしょうか。

Tポイントを貯めることができる電力会社は、東京電力です。東京電力では、Tポイントを、電気料金1000円ごとに5ポイントゲットすることができます。

東京電力では、「カルチュア・コンビニエンス・クラブ」と提携してTポイントを電気代に付与すると発表しています。

ソフトバンクの販売ショップを新電力窓口とし利用することで、よりサービスエリアの拡大を狙っているということです。

更に、ソフトバンクでんきでは、電気料金1000円に対して5ポイント貯めることができます。東京電力と共同でサービスの開発が現在進行中です。

ENEOSでんきでは、支払い200円に対して5ポイントゲット。(ENEOSカード、特別提携カードでの支払いは除外)

東京ガスでも、ガスと電気を組み合わせることができる、「ずっとも電気1」また「ずっとも電気2」を利用すれば、電気料金1000円で、15ポイントのパッチョポイントを貯めることができます。

東京電力エリアでポイントが一番貯めようと思えば、やっぱりココではないでしょうか。

オリジナルサービスであるパッチョポイントは、dポイント Pontaポイント 楽天スーパーポイント Tポイント WAONポイントとも交換出来て互換性は抜群です。

西部ガスでは、都市ガスと電気をセットにした「プラスでんきプラン1」また「プラスでんきプラン2」の利用で、電気料金の支払額185円で、西部ガスのポイントを1ポイントゲットすることができます。(Tポイントと交換可能)

pontaポイント

ゲオやローソンで使用することができて、pontaポイントが一番!という人たちもいらっしゃることでしょう。
pontaポイントは、東京電力では、1000円ごと5ポイント貯めることができます。

東京ガスでは、「ずっとも電気1」また「ずっとも電気2」で1000円につき15ポイントのパッチョポイントを貯めることができ、pontaポイントとも交換することができます。

西部ガスでは、「プラスでんきプラン1」「プラスでんきプラン2」で、電気料金の支払い185円で、西部ガスポイントが1ポイントゲットすることができます。(pontaポイントと交換可能)

ローソンも、「まちエネ」として電力自由化に名乗りを上げています。Pontaカードと一緒に新規契約すれば、お得になるキャンペーンがあります。クーポン、映画の割引などのメリットがあります

楽天スーパーポイント

東京ガスでは、「ずっとも電気1」また「ずっとも電気2」を利用することで、電気料金1000円につき15ポイントのパッチョポイントを貯めることができ、楽天ポイントと交換することも出来ます。

西部ガスでは、「プラスでんきプラン1」「プラスでんきプラン2」で、電気料金の支払い、185円につき西部ガスのポイントが1ポイントゲットすることができて、楽天ポイントとも交換することができます。

関西電力では、電気使用量の照会サービス「はぴeみる電」を利用すれば、はぴeポイントを貯めることができ、楽天スーパーポイントと交換することができます。

WAONポイント

WAONポイント

イオンで使用することができ、WAONポイントが最強!と思っている人たちもいるでしょう。

WAONポイントは、東京ガスでは、「ずっとも電気1」また「ずっとも電気2」を利用すすれば、電気料金1000円につき15ポイントのパッチョポイントを貯めることができ、WAONポイントと交換することができます。

西部ガスでは、「プラスでんきプラン1」また「プラスでんきプラン2」で、電気料金の支払い185円で、西部ガスのポイントが1ポイント貯めることができ、WAONポイントに交換することができます。

関西電力の、電気使用量の照会サービス「はぴeみる電」を利用すれば、はぴeポイントをゲット、WAONポイントと交換することができます。

中部電力では、「カテエネ」というWEBサービスを利用すれば、カテエネポイントをゲットすることができ、 WAONポイントと交換することができます。

東北電力は、「よりそうeポイント」がたまります。これはWAONポイントへ交換が可能です。

nanaco

nanaco派という方々は、関西電力がおすすめです。関西電力では、 電気使用量の照会サービス「はぴeみる電」の利用することで、はぴeポイントを貯めることができ、nanacoポイントと交換することができます。

中部電力では、「カテエネ」というWEBサービスを利用すれば、カテエネポイントをゲットすることができ、nanacoポイントと交換することができます。

東北電力は「よりそうeポイント」がたまります。

dポイント

dポイントはdocomoの提供サービスです。dポイントは、pontaポイントとも交換可能です。

関西電力で、電気使用量の照会サービス「はぴeみる電」を利用すれば、はぴeポイントを貯めることができ、dポイントに交換することができます。

中部電力では、カテエネWEBサイトの利用で、カテエネポイントをゲット、dポイントに換えることができます。

東京ガスでは、「ずっとも電気1」また「ずっとも電気2」を利用すれば、電気料金1000円につき15ポイントのパッチョポイントをゲットすることができ、それをdポイントと交換することができます。

au WALLET

auでんきで、携帯セット契約は、使用料金の5%をau WALLETにキャッシュバックしてもらうことができます。

 

クレジットカード支払いがおすすめ

賢くお得な体験をしようと思えば、電気料金の支払いは、クレジットカードでというのがおすすめです。

他に選択肢は、口座振替での支払いがあります。

クレジットカードでの支払いのメリットは、まず電気料金の払い忘れがないことです。

クレジットカード登録を済ませておけば、毎月自動的に利用料金は引き落としされることになります。ただしこれは口座振替にも同じく言えることです。

とにかく、忘れず支払いをする意識も大事ですよね。

また、クレジットカード会社から毎月届くことになるご利用代金明細書で利用料金を確認できるので、家計管理しやすいのもメリットとしてあげることができます。

生活を全部、クレジットカードに集中させてしまえば、それで生活費に対して反省などもすることができ、節約としっかり向きあうことができます。電気料金を、さまざまな支出と合わせてチェックしましょう。

またクレジットカードで支払いをするメリットは、額に応じてポイントを還元してもらうことができることです。

例えば三井住友VISAカードの場合、公共料金の支払いはワールドプレゼントのポイント対象となり、毎月、しっかりポイントと向きあうことができます。

ただし、正確に言えば、口座振替とクレジットカード支払いどっちがお得はしっかりシミュレーションしなければならないでしょう。

口座振替割引が適用されるケースもあるため、そちらの方がお得というケースも出てきてしまうためです。

例えば、11,000円の場合、口座振替割引額
(月額)月54円となり年間648円です。

月間付与ポイントは11ポイント 還元相当額
(月額)55 ポイント還元相当額は(年間)660 となり、これがクレジットカードがお得になるボーダーです。これ以上の電気料金の支払いをしている方々は、クレジットカードがお得になり、それ以下では口座振替がお得です。

ポイント還元ということを意識し過ぎて、結局得をしていないということもあるので注意しましょう。

 

まとめ

ポイントと一言で言うもののいろいろな種類がありますので、頭の中で整理しなければならないでしょう。

何もかポイントを利用しているという人たちはほとんどおらぬでしょう。

多くの人たちが、お気に入りのポイントを決めています。

電気乗り換えは、つまり視点は電気料金だけではないということです。

プラスα付帯サービスに注目し、どうかという判断をし、それによって快適なライフスタイルを演出することができるといいですよね。