沖縄協同ガスの料金が高い?相場と口コミで適正価格を確認

「沖縄ってガス代結構高くない?」「どこのガス会社でも同じなの?」と、ガス料金に関して気になっている方は多いようです。

結論から言うと、沖縄協同ガスをご利用で「高い」と感じている方は、相場より割高な料金設定になっています。

その根拠として、沖縄県の平均ガス料金や最安値と、沖縄協同ガスの料金を比較しました。

ガス料金の実態に関する情報もまとめていますので、「ガス代が高い」と感じる方は、最後まで読んでお役立て下さい。

プロパンガス自動料金診断を受けてみる

 

沖縄協同ガスの料金について

沖縄協同ガスは、沖縄県内5つの地区で、一般家庭にLP(プロパン)ガスの供給やガス機器の販売などを行っています。

ここでは、沖縄協同ガスのプロパンガス料金の仕組みやお得なプランについてまとめます。

沖縄協同ガスのガス料金の仕組み

まず、沖縄協同ガスの料金は<基本料金>と<従量料金>を合計して算出するスライド式料金制という仕組みになっています。

ガススライド料金制

基本料金ガスの使用に関係なく毎月定額で請求されます。

この料金には、LPガス供給に必要な、供給設備費用、保安維持費用、検針費用、集金費用、諸経費に関する管理費用が含まれます。

従量料金ガスの使用量に応じて請求されます。

この料金には、原料費、配送費用、販売諸経費やこれらに関する管理費用が含まれています

スライド式では、ガス使用量区分に応じてガス単価が安くなるように設定されています。

イメージすると、次のグラフのようになるというわけです。

ガス代スライド式

筆者
ガス使用量が増えるとガス単価が安くなるというのは、お得な気がしますね!

沖縄協同ガスの料金プラン

沖縄共同ガスには、以下の料金プラン別に料金が設定されています。

  • マイホーム料金
  • スマイル料金
  • あったか料金
  • あったかふんわり料金1
  • あったかふんわり料金2
  • 離島料金(1~6)
筆者
沖縄県は、本当が南北に長く離島も多いという地域です。
輸送量等かかる経費が異なる為、それぞれ異なる料金設定になっているんですね。
料金プランに関して適応条件・対応エリアなどを、公式HPやTwitter、Yahoo!知恵袋などを調べましたが詳細情報がわかりませんでした。
あなた
おそらく、家庭用ガス機器を利用しているとお得な料金プランじゃないでしょうか。

沖縄協同ガスの基本料金

沖縄協同ガスの公式HPで、平成31年3月のプラン別料金表(税別)がありましたのでご紹介します。

離島料金には、輸送費となる船賃が含まれています。

<基本料金>

プラン名 基本料金
マイホーム料金 1500円
スマイル料金 1550円
あったか料金 1600円
あったかふんわり料金1 2000円
あったかふんわり料金2 1800円
離島料金1~5 1500~1600円

引用元:沖縄協同ガス公式HP

沖縄協同ガスの従量料金

沖縄協同ガスの公式HPに公開されていた、離島料金1~6を除く各プラン1m3あたりのガス従量料金(平成31年3月適用)です。

離島1~6のガス従量料金は、後ほどご紹介します。

従量料金
0.2~3.0m3 598円
3.1~5.0m3 588円
5.1~10.0m3 561円
10.1~20.0m3 513円
20.1~30.0m3 498円
30.1~50.0m3 481円
50.1m3超~ 461円

引用元:沖縄協同ガス公式HP

あなた
プランによって基本料金は違うけど、1m3あたりの従量単価は同じなんですね。

<離島料金別ガス従量料金>

離島料金1~6に設定された、それぞれの1m3あたりのガス従量料金です。

ガス従量 離島料金名:従量料金
0.2~3.0m3 離島料金1:708円
離島料金2:678円
離島料金3:643円
離島料金4:663円
離島料金5:698円
離島料金6:698円
3.1~5.0m3 離島料金1:698円
離島料金2:668円
離島料金3:633円
離島料金4:653円
離島料金5:688円
離島料金6:688円
5.1~10.0m3 離島料金1:671円
離島料金2:641円
離島料金3:606円
離島料金4:626円
離島料金5:661円
離島料金6:661円
10.1~20.0m3 離島料金1:623円
離島料金2:593円
離島料金3:558円
離島料金4:578円
離島料金5:613円
離島料金6:613円
20.1~30.0m3 離島料金1:608円
離島料金2:578円
離島料金3:543円
離島料金4:563円
離島料金5:598円
離島料金6:598円
30.1~50.0m3 離島料金1:591円
離島料金2:561円
離島料金3:526円
離島料金4:546円
離島料金5:581円
離島料金6:581円
50.1m3超~ 離島料金1:571円
離島料金2:541円
離島料金3:506円
離島料金4:526円
離島料金5:561円
離島料金6:561円

引用元:沖縄協同ガス公式HP

筆者
離島料金の場合、基本料金はどの島でも一律です。
輸送費が異なる分、ガス従量料金は島によって幅があるのがわかります。
あなた
どのプランでも、ガス使用量が細かく区切られて、徐々にガス単価が安くなっていますね!
ただ、結局自分のガス料金が安いのか高いのかはよくわかりません。
この後の相場との比較が気になります!
「とりあえず自分のガス料金が適正か知りたい」という方は、こちらのサイトの10秒診断でご確認下さい。

料金相場から適正価格をチェック

沖縄協同ガスの料金は、お得な料金プランが多く、ガス使用量に応じてガス単価が安くなるという事がわかりました。

ただ、大事なのはあなたが沖縄協同ガスに支払っているガス料金が、相場より高いかどうかですよね。

そこで、沖縄協同ガスのガス料金を、沖縄県の相場のガス料金と比較してみましょう。

沖縄協同ガスのガス料金を比較

ここからは、相場として沖縄県の平均ガス使用料金や最安値と、沖縄協同ガスのガス料金を比較していきます。

沖縄県の平均ガス使用料金は、石油情報センター(2019年4月)の情報です。

石油情報センターや、地域の平均ガス料金について詳細が気になる方は、こちらの記事を参照ください。

沖縄協同ガスの料金は、一般家庭向けの標準的な料金となるマイホームプランで計算した金額を比較しました。

基本料金を比較

まずは、ガスを使用しなくても発生する消費税を含めた基本料金を、相場と比較していきます。

沖縄県平均価格 沖縄県最安値 沖縄協同ガス(マイホームプラン)
1,734 1,080円 1,620

引用元:石油情報センター/沖縄協同ガス公式HP

沖縄協同ガスの基本料金は、相場と比較すると114円安いという結果になりました。

あなた
微々たる金額ですが、基本料金だけで相場より安いと得した気分です!
最安値は、沖縄協同ガスの料金より540円も安い!

ガス料金を比較

続いては、基本料金と消費税を含めた、実際に請求される金額を相場と比較します。

使用量 沖縄県平均価格 沖縄県最安値 沖縄協同ガス(マイホームプラン)
5m3 4,913円 4,417円 4,698円
10m3 8,015円 7,134円 7,727円
20m3 13,885円 11,832円 13,267円

引用元:石油情報センター/沖縄協同ガス公式HP

なんと、沖縄協同ガスのガス料金は、沖縄県の平均ガス使用料金より総じて安いという結果が出ました。

筆者
20m3以上のガスを使っても、相場より割安なのはありがたいですね!

あなた
これなら、安心してガスを使えるので嬉しいです!
でも最安値を見ると、もっとお得にガスを使っているご家庭もあるんだと思っちゃいます。
沖縄協同ガスの料金と沖縄県の最安値を比較すると、551円~618円の差がありました。
沖縄協同ガスの料金は、比較的最安値に近いとも言えます。
筆者
もしかしたら、自分に合う料金プランを活用すると、ガス代はさらにお得になるかもしれませんね!

「自分に合う料金プランって何だろう」「もっとお得になるのかな?」と気になる方は、こちらのサイトはあなたにぴったりの料金プランだと、ガス代がどれだけお得になるか簡単に確認できるのでおすすめです。

プロパンガス自動料金診断を受けてみる

 

沖縄協同ガスの口コミ・評判

実際に沖縄協同ガスを利用している方の口コミや評判を、TwitterやYahoo!知恵袋などから探してみました。

沖縄協同ガスのマスコットキャラクター「ボンベ君」やCMの歌が、沖縄県民に親しまれている事がわかる投稿が多くありました。

筆者
地域住民に親しまれている、身近なガス屋さんという感じですね。

ガス料金に関する口コミは、残念ながら見つける事ができませんでした。

色々調べてみると「県沖縄県のガス代が高くて驚いた」という声が見つかりました。

あなた
他県に住んだことがないと、沖縄県のガス代が比較的高いなんて気づかないですよね。
どのガス会社でも、結局高いという事なのでしょうか・・・。

LP(プロパン)ガスの価格は自由設定である為、会社ごとの料金が違うのはもちろんのこと、営業や担当、物件や顧客によっても価格が違うという事があります。

ガス料金の実態が分かる情報がたくさん見つかりましたので、一部をご紹介していきます。

まず、マンションやアパートなどの集合住宅は、戸建住宅より比較的高めに料金が設定されている事がほとんどです。

戸建住宅と集合住宅のガス料金が違う理由については、こちらを参照下さい。

沖縄協同ガスは、住宅タイプ別の料金について触れてはいませんが、下記のような記載が公式HPにありました。

※ガス料金はお住まいの地域や供給条件により異なります。

引用元:沖縄協同ガス公式HP

あなた
離島などを指す、地域別に料金が異なる点は納得できます。
沖縄協同ガスの料金に、集合住宅の取り扱いについて記載がないのは「供給設備による」という部分が「集合住宅の場合は料金違うよ」という事を指しているのでしょうか。

そもそも住宅タイプが違えば建物の構造が違います。

建物の構造が変わればガス供給設備も変わってくるので、単純に「沖縄協同ガスの料金は、住宅タイプが違っても公開している料金で一律に扱われる」とは考えにくいのです。

筆者
必要な設備費なら納得できます。ただ、異常に料金が上乗せされていたら嫌ですね。
すでにガス給湯器が設置されていたり、浴室暖房乾燥機等の設備が充実している賃貸物件の場合は、料金表の金額とは異なり、設備貸借料金が加算されている可能性もあります。

戸建住宅でも、場合によっては異なる設備代が料金に上乗せされているといったことも起こるのです。

新築を契約しました。すでにプロパンガス会社が決まっていましたが、別で安いガス会社を探したいと伝えたら、変えるなら給湯器などの設備費を取ると言われました。なんと総額20万円。。

契約書には給湯器などの設備費を取るとは書いてなかったように思います。不動産屋に行っても対応できないと言われました。他に方法はないでしょうか?

引用元:Yahoo!知恵袋

無償配管貸与契約と言うんですが、お建物を建てられた際にガスの配管代とか工事費をガス会社さんに負担してもらったと思うんですが、それはガス会社が無償でやってくれている事ではなくて、初期の費用を肩代わりする代わりに10年間はウチのガス会社を使ってくださいねっていう契約なんですね。その肩代わり分が20万円なんだと思います。

ただ気を付けなくちゃいけないのが、ガス会社はその10年の間に一定の料金で継続して案内してくれる事はほとんどなくて、大抵の会社は徐々に値上げをしてくるんです。

だからこそ、新しいガス会社に直ぐに切り換えたいところなんですが、通常ですと残りの残債額を支払わなければいけないと思います。

ただ、私の友人の話だとガス会社の中には残債額を代わりに引き受けてくれる優良なガス会社もあるみたいです。

引用元:Yahoo!知恵袋
こうした理由で、物件毎に設定料金が違うという話は少なくありません。

あなた
住宅タイプを問わず、設備によって割高な料金設定になっている人もいるんですね!
設備が充実する分高くなっちゃう。
でも、内訳がないと本当に設備費なのか疑ってしまいます。

ガス業界の実態に関して、設備費という名目で異常に高いガス料金が設定されるという問題は、Yahoo!ニュースでも取り上げられていました。

原料である原油高騰や為替レートの影響を受けて、ガス単価が上下する事もあります。

中には「勝手に値上げされていた!」という人も少なくありません。

筆者
自分で請求書の明細を見て、料金単価や設備費は確認しないといけないんですね・・・。

ただし、ガス請求書に基本料金やガス従量単価が記載されていないガス会社もあるようです。

あなた
ガス会社によって、値段も対応も本当に様々なんですね!
情報を公開していても、設備費が上乗せされたりして単価が人によって変わるなんて・・・。

うちのガス代、公式HPより高い気がする」「乗り換えるにしても、どこのガス会社がいいの?と心配な方は、ガス会社の料金に関する情報提供、お乗り換えに関するサポート、アフターサービスなどを無料で対応してもらえるこちらのサイトがおすすめです。

プロパンガス自動料金診断を受けてみる

 

沖縄協同ガスの料金の特徴

ここからは、沖縄協同ガスの特徴についてまとめました。

<会社概要>

  • 会社名:沖縄協同ガス株式会社
  • 所在地:沖縄県島尻郡八重瀬町字外間115-1
  • 設立:昭和42年3月30日(1967年)

<事業内容>

  • LP(プロパン)ガス事業
  • ガス関連機器・住宅設備機器販売
  • 太陽光発電システム事業
  • リフォーム事業

<沿革概要>

1967年(昭和42年)、那覇市字仲井真に「株式会社沖縄ストークガス」として設立されたことから、沖縄協同ガスの歴史は始まります。

1969年(昭和44年)に現在の社名となり、沖縄県内、離島を含めた南部地区・中部地区・北部地区・宮古地区・八重山地区の5か所に営業所を展開しました。

沖縄県内の一般家庭へのLPガス供給を通じて、生活を支えてきた企業です。

創立50周年を迎えた記念イベントは、地元情報誌でも取り上げされました。

筆者
地域と共に歴史を刻んできた、住民に親しまれているガス屋さんという印象ですね。

沖縄協同ガスのメリット

  • ガス料金が相場よりお安め
  • お得な料金プランがある

沖縄協同ガスのデメリット

  • お得な料金プランの詳細が不明
  • 集合住宅の場合の取り扱いが不明
  • 支払いにクレジットカードが対応していない
あなた
ガス料金は相場より安いし、お得な料金プランもあるし、特に不満は感じられませんでしたね。
ただ料金プランの詳細がわからないのと、集合住宅で異常に設備費が割高になっていないかが気になります。

 

ガス代かなり損をしていること知ってますか?

プロパンガス会社がホームページで公開している料金というのは、実は適正価格よりも高めに設定されているのはご存知ですか?

私も詳しく調べて驚いたのですが、同じガス会社でも”どのように契約したか”によって料金が大きく違ってきます。

私が居住している北海道札幌市で料金を比較してみました。(5m3/月使用した場合)

ガス会社 5m3/月
札幌ガス 6550円/月
江上 6450円/月
一高たかはし 5010円/月
北海道平均 5617円/月

【エネピで調べた顧客用管理画面】

このように、同じガス会社であっても従量単価に300円の違いが出てきます。

この従量単価で計算すると、例えばふたり暮らしの場合であれば月間で2133円の差。1年間に換算すると25,597円も違ってくるのです・・・!

「でも、面倒だし…」
登録まではわずか30秒で完了しますし、細かな手続きはエネピが代行してくれます!

「でも、そんなに料金変わらないしい…」
現在のガス会社と契約して何年経ちますか?1年で2万円安くなると5年経過するだけで10万円が手元に残ります!

「でも、今のガス会社も安くしてくれるみたいだし…」
これまで、ずっと安くできることを隠されていた会社を使い続けますか?

登録・お見積もりはたったの30秒です!

  1. 現住所・連絡先と使用量・料金などを入力
  2. 認証コードを入力して比較画面へ
  3. エネピの方と電話にて相談
  4. ガス会社乗り換え

要望やお問い合わせ内容で自由に書き込みができるので、そこに連絡の有無や困っていること・相談したいことを書くとスムーズに進みます。

使用量が多いご家庭ならもっともっとお得になりますので是非お試しください!

エネピ 公式サイト

なぜ、こんなにガス料金が違うのか

理由として、プロパンガス会社の間にある隠された秘密が原因です。

同じ地域で同じくらいの使用量なのに他の家とガス料金が違うのは何故?って思ったことはありませんか?

実はこれ、プロパンガス業界が一般の人にとっては無知だから故、起こっている実例なんです。

 

縁のないプロパンガス会社との契約が最も損をする

プロパンガス会社も営利企業ですから当然利益を出そうとします。

じゃあ、どこから利益を取るのかというと、「知識の無い人」「縁の無い人」から利益を取ろうとします。だから同じ地域でもガス料金に違いが出てくるのです。

ですので、プロパンガス会社を自分自身で決めたり、親兄弟等の縁故関係ではない会社と契約をしている人の多くは高いガス料金を支払っているのです。

 

適正料金で契約するにはプロパンガス料金比較サイトがおすすめ

では、どのように契約すればプロパンガス料金を安くすることができるのかというと、ユーザーの立場に立った中立的な立場の第三者機関を通して契約することです。

そういった意味では「日本LPガス協会」といった非営利団体等が信用できると思いがちですが、実は協会はどちらかというとガス会社の立場に立って活動しているケースが多いです。

ということは、プロパンガス業界から嫌われている第三者機関を利用することが、私たちにとって最も損をしないガス料金での契約ができるということです。

他より安い料金提供してくれるエネピ

エネピ』はリフォーム会社比較サイト「リショップナビ」や住宅太陽光発電システム比較サイト「グリーンエネルギーナビ」などを運営する住宅関連のサービスを専門に手がけている会社です。

登録するガス会社との面談を徹底したり、ネット上でガス料金を提示したりとサポートが手厚く、利用者の満足度もとても高いサービスで今最もオススメできるガス会社乗り換えサービスです。

ガス会社都合の不当なガス料金の値上げに関しても、契約後もしっかりとサポートしてくれるので安心です。

運営会社 株式会社アイアンドシー・クルーズ
対象地域 沖縄県以外の全国
オフィス 東京都
サポート内容 ネット見積もり提示、契約後不当なガス料金値上げ対応
公式ページ https://enepi.jp

他のプロパンガス料金比較サイトよりも安いガス料金で提案している事例が多々あります。まずはエネピを利用するようにすると良いでしょう。

エネピ 公式サイト

全国対応しているガス屋の窓口

ガス屋の窓口』はプロパンガス事業を主軸とした株式会社エネジスタが運営するガス乗り換えサービスです。

とにかく豊富なガス会社と提携していることと、乗り換え後のサポートや保証もしっかりしていることから利用者からの評価が高いサービスです。

また、急なインフラ等によるガス料金の高騰が起きて、ガス会社乗り換え後にガス代が高くなったとしても返金保証という形でカバーしてくれます。

ちなみに期間限定でキャッシュバックキャンペーンを行っており、ガス屋の窓口で乗り換えると現金1万円がもらえますので更にお得に節約ができます。
運営会社 株式会社エネジスタ
対象地域 全国
オフィス 東京都
サポート内容 契約後不当なガス料金値上げ対応、1年間返金保証サービス、キャッシュバック1万円
公式ページ https://gasuyanomadoguchi.com/

対応地域が幅広いので、エネピで対応してない場合はガス屋の窓口を利用してみると良いでしょう。

ガス屋の窓口 公式サイト

 

まとめ

今回は、沖縄協同ガスのガス料金と、沖縄県の平均ガス料金を比較してみました。

実際は相場より割安で、お得なプランもありましたので、満足している方が多いと思います。

少しでも「高い」と感じられているのであれば、ご自身に合った料金プランやお得なガス会社を確認し、見直しを検討してはいかがでしょうか?

これからもガスは使い続けるからこそ、自分に合った料金プランのある優良なガス会社で、お得に生活できるのが一番です。

このサイトでは、あなたにピッタリの料金プランやガス会社の10秒診断ができるので、気になる方はお試し下さい。

プロパンガス自動料金診断を受けてみる