水沢ガスのガス料金が高い?相場と口コミで適正価格を確認

「あれ?うちの光熱費って他の家と比べて高いんじゃない?」「水沢ガスのプロパンガスに変えてから金額上がったなぁ」などとお思いではありませんか?

結論から言うと、水沢ガスの家庭用のガスの値段は地域ごとにバラバラに設定されていて、お得なエリアとそうでないエリアに分かれてしまいます。どのような料金プランがあって、平均と比べたらどうなのかについて、岩手県の平均額と比較しながら詳しくまとめていきますので最後までお読みください。

プロパンガス自動料金診断を受けてみる

 

水沢ガスの料金について

水沢ガスでは「都市ガス」と「LP(プロパン)ガス」の2つのサービスを提供しています。

また、灯油を配達するサービスなどもあります。それぞれどのようなサービスでしょうか?

水沢ガスの都市ガス料金プラン

都市ガスとは、水沢ガスのガスタンクからガス管を通して供給されるガスです。

水沢ガスの都市ガス料金の算定方法は『基本料金+従量料金±燃料費調整費』のようになっています。

ガス原料費調整制

基本料金:毎月固定で請求される金額、使用料によって異なります。
従量料金:使用したガスの量に応じて請求されるもので、料金単価は3段階に分かれています。
燃料費調整費:都市ガスの原料である液化天然ガス(LNG)価格は為替などの影響により、毎月変動しています。その変動額に合わせて調整される金額です。

上記料金をグラフにすると、このようになります。

ガス料金グラフ

まるごとHOTプラン

ガスをエネルギー源として、厨房(ガスコンロ)、風呂・給湯(ガス給湯器)、暖房(ガスストーブ)を1つのメーター器によりご使用されている場合に適用される割引プランです。

1か月のご使用量が64m3を超える場合よりガス料金が通常料金よりお得になるプランです。
※1か月約100㎥ご使用で10%お得になります。

筆者
ガス製品をたくさん使ったとしても、64m3はなかなか超えなさそう。
1人暮らしには難しいプランですね。

温水HOTプラン

ガスをエネルギー源として、温水暖房機器(床暖等)をご使用になっている場合に適用される割引プランです。

1か月のご使用量が46㎥を超える場合よりガス料金が通常料金よりお得になります。
※1か月約63㎥ご使用で10%お得。

ガスを利用した暖房器具や、温水器を使用すると割引されるプランです。

筆者
1か月の使用量が46㎥を超えないと、割引が適用されません。
それ以下は一般契約と同じ料金になります。
あなた
暖房や温水などで、ガスの使用量がかさむ冬場には嬉しい割引だけど…
やっぱりこれだけ使うのはなかなか大変そう。

水沢ガスのプロパンガスの料金プラン

水沢ガスでは、プロパンガスの料金プランは『基本料金+従量料金±燃料費調整費』になっています。

ガス原料費調整制

基本料金:LPガスの使用量に関わらず、毎月かかる料金です
従量料金:LPガスの使用量に応じてかかる料金です
燃料費調整費:毎月変動するLPガス価格の変動額に合わせて調整される金額

イメージ図にするとこんな感じになります。

ガス料金グラフ

プロパンガスの料金形態は一般的ですね。

でも重要なのは、実際の使用料金が高いか安いかですよね。

どのような料金プランがあるのか見ていきましょう。

水沢ガスでは、「家庭用戸建プラン」と「家庭用集合住宅プラン」の2種類があります。

「戸建てプラン」の価格に関しては情報が公開されていませんでした。

「集合住宅プラン」には集合住宅ごとに4種類のプランがありました。

戸建てプラン料金

契約条件:戸建住宅をお持ちの方。

料金形態:後半でお話しします。

集合住宅プラン料金

契約条件:集合住宅にお住まいの方

料金形態:後半でお話しします。

灯油配達サービス

水沢ガスでは、重たい灯油を自宅まで運んでくれるサービスがあります。

電話注文よりも価格が安くなる定期配送サービスもあります!

灯油配達サービスの説明

電話注文定期配送のどちらかを選べます。

定期配当の方が電話注文より1Lあたり2円安いです。また、150L以上の補給で1円引きとなります。

どちらも口座振替が可能ですが、電話注文の場合は現金での支払いもできるみたいですね。

詳しい料金形態は後半でお話しします。

水沢ガスでは期間限定でキャンペーンも行っているようです。

この記事を書いたタイミング(2019年5月)ではお得な宅配灯油ぽかぽかキャンペーンも開催していました。

水沢ガスキャンペーン

 

料金相場から適正価格をチェック

前の章で水沢ガスの料金プランをご紹介しましたが、実際金額がどれくらいかかるのか?

そしてそれは岩手県の平均価格と比べてどうなのか?が気になりますよね。

こちらの章では水沢ガスの公式サイトに載っている標準料金を、岩手県の平均額(石油情報センター参照)と比較しながらご紹介します。

石油情報センターやLPガスの請求書の見方はコチラをご参照ください。

水沢ガスの都市ガス料金を比較

まずは基本料金です。水沢ガスではガスの使用量に応じて、基本料金も変化します。

ガス使用量 岩手県平均基本料金 水沢ガス
A:0~15m3 1,957円 756.00円
B:16~162m3 972.00円
C:163m3を超える場合 3,142.80円
筆者
少な目の使用量であれば、相場と比べてかなり安いですね!
ただお得な金額になる163m3を超えると一気に基本料金が値上がりするという謎…。

続いて従量料金についてまとめます。従量料金は1m3あたりの単価でまとめます。

ガス使用量 岩手県平均従量料金 水沢ガス
A:0~15m3 685.85円 217.5941円
B:16~162m3 642.72円 203.8498円
C:163m3を超える場合 642.72円 190.4847円

少しわかりにくいので、実際に標準世帯1か月の標準使用量におけるガス料金(平均使用量20㎥)で計算してみましょう。

20㎥の場合の図のBになるので、基本料金は972円

使用量(㎥)×料金表の従量料金単価=20㎥×203.8498円=4,076円

基本料金+20㎥での従量料金=972円+4,076円=5,048円

税込で5,048円になりました。

Name
岩手県の平均データがLPガスの平均なので、都市ガスプランと比べるとやっぱり割高ですね。

水沢ガスのLPガス料金を比較

水沢ガスのLPガスには、戸建住宅用の料金プランと、集合住宅用の料金プランがあります。

それらの参考価格と、石油情報センターが出している北海道のプロパンガスの平均価格と比較していきます。

しかし公式サイトを検索してみましたが、「戸建てプラン」の価格に関しては情報が公開されていませんでした。

「集合住宅プラン」には集合住宅ごとにこちらの4種類のプランがありましたので4パターンに分けて比較していきます。

①石田住宅

まずは基本料金を比較しましょう。

ガス使用量 岩手県平均基本料金 水沢ガス
A:0.0~8.0m3 1,957円 896.4000円
B:8.1~30.0m3 1,231.2000円
C:30.1m3を超える場合 2,553.4440円

続いて従量料金比較です。

ガス使用量 岩手県平均従量料金 水沢ガス
A:0.0~8.0m3 706.7円 403.7148円
B:8.1~30.0m3 681.75円 361.8648円
C:30.1m3を超える場合 621.84円 294.2500円

②マイアネタウン

まずは基本料金から。

ガス使用量 岩手県平均基本料金 水沢ガス
A:0.0~8.0m3 1,957円 1,024.9200円
B:8.1~30.0m3 1,425.6000円
C:30.1m3を超える場合  2.881.3320円

続いて従量料金です。

ガス使用量 岩手県平均従量料金 水沢ガス
A:0.0~8.0m3 706.7円 454.7124円
B:8.1~30.0m3 681.75円 404.6220円
C:30.1m3を超える場合 621.84円 356.0976円

③桜木団地、水ノ口団地、大橋住宅

まずは基本料金を比較します。

ガス使用量 岩手県平均基本料金 水沢ガス
A:0.0~8.0m3 1,957円 842.4000円
B:8.1~30.0m3 939.6000円
C:30.1m3を超える場合 1,271.7000円

そして従量料金の比較です。

ガス使用量 岩手県平均従量料金 水沢ガス
A:0.0~8.0m3 706.7円 349.7148円
B:8.1~30.0m3 681.75円 337.5648円
C:30.1m3を超える場合 621.84円 326.4948円

④東高山団地

こちらもまずは基本料金をまとめます。

ガス使用量 岩手県平均基本料金 水沢ガス
A:0.0~8.0m3 1,957円 928.8000円
B:8.1~30.0m3 1,177.2000円
C:30.1m3を超える場合 2,166.3612円

続いて従量料金比較です。

ガス使用量 岩手県平均従量料金 水沢ガス
A:0.0~8.0m3 706.7円 400.4748円
B:8.1~30.0m3 681.75円 369.4248円
C:30.1m3を超える場合 621.84円 336.4524円

全体を通して、水沢ガスは良心的な金額設定になっていることが分かります。

ただ1m3あたりの従量単価ではイメージが付きにくいので、具体的な水沢ガスの集合住宅プランと岩手県の平均額を比べてみます。

例えば、一か月で20㎥使った場合…

岩手県のLPガスの平均額は…1,957円+(681.75円×20m3)=1,957円+13,635円=15,592円
水沢ガスの標準価格は…1,425.6円+(404.6220円×20m3)=1,425.6円+8,092.44円=9,518円

6,074円も水沢ガスの方が安いという結果が出ました!!これはかなりお得な価格です!

逆に安すぎて不安になったので、なぜこんなに安いのか確認してみました。

上記にまとめました、水沢ガスの2019年5月の料金です。

実はこの月水沢ガスでは【調整費】が入って1㎥あたり-63.21円の調整が入っています。

調整費の内訳に関しては後悔されていませんでしたが、通常LPガスの調整額は原油価格に応じて安くなったり高くなったりします。

今回比較した5月がとても安い月に当たっていたため、比較の際に差が出たようです。

調整額は安くなる(マイナス計算)の時もあれば、高くなる(加算)の時もあります。一概にすごく安いわけではないのでご注意ください。

調整額次第なので「あれ今月高いな…」と感じることもあると思います。

下記サイトで、あなたのご自宅の適正価格を見ることが出来ます。気になる方はぜひご確認ください。

プロパンガス自動料金診断を受けてみる

水沢ガスの灯油料金を比較

水沢ガスの灯油価格は、それぞれ以下のようになっています。
※2019年3月25日からのデータ

電話注文価格 90円/L
ポリ缶(18L)の場合1,620円/18L

定期配送価格 88円/L
※ポリ缶(18L)の定期配送はしていません。

石油情報センターによると、岩手県の平均はポリ缶(18L)の場合平均価格は1,632円でした。
※2019年4月のデータ

平均と比較して若干ですが安いです。キャンペーンなども活用すると、よりお得な料金を選べそうですね。

水沢ガスの口コミ・評判

水沢ガスの利用者さんの声を集めてみました。

地元密着型なので、全国展開している会社に比べると口コミは少なかったですがご紹介していきます。

筆者
あれ??基本料金+200円近い調整額が入っています!!
やっぱり調整額を採用していると、安い時と高い時の差額がひどいみたいですね。。。

筆者
対応悪いから会社変えよう!信号無視したから会社変えよう!とまではならないですが、
暮らしを支えてくれる会社(パートナーさん)なので、より信頼できる会社がいいですよね…。

水沢ガスの特徴

水沢ガスは昭和36年8月4日創立の岩手県奥州市の株式会社です。

都市ガスの供給から始めて、のちにLPガスの取り扱いも開始します。

事業内容は、都市ガスの製造及び供給販売、LPガスの販売、ガス器具の販売、空調・冷房機器の販売、施工、その他付帯する一切の事業、管工事業、上下水道配管施工、住宅設備販売、施工、灯油販売となっています。

関連施設に、オートガス・ボンベ容器の充填施設や、ガス器具や住宅設備を展示するショールーム等もあります。

資本金、4,500万円、従業員数80名ほどの会社です。

ショールームでは料理教室なども開催しているようですね!

水沢ガスのメリット

・価格が岩手県の平均より安い。
・灯油の販売、配送などをしてくれる。
・都市ガスと集合住宅向けのLPガスの料金については、ホームページに詳しい説明がありました。

水沢ガスのデメリット

・会社の規模が小さい
・LPガスの戸建て向けのプランの料金の詳しい説明がホームページにない。
・調整制を採用しているため、高い時は標準価格へ200円以上(1m3あたり)追加になることもある

 

まとめ

今回は、水沢ガスのガス料金と灯油料金が相場と比べてどうなのかについて、平均額と比較しながらご紹介しました。

水沢ガスのプロパンガスは集合住宅については、岩手県の平均額よりお得な価格帯で提供していることが分かりました。

但し個別住宅については情報が公開されておらず検証することが出来ませんでしたし、調整額が追加徴収で発生する時には平均と比べてかなり高くなることもあるようです。

ガスや灯油は毎日使うものですので、出来るだけお得に、そして信頼出来るところにお願いしたですよね!

ガス料金は原料価格や輸入時の為替レートなどに依存するので、時期によって価格変動があります。

どの会社が安いのか一概には言えない部分があります。

他社のプランの確認や、今払っている値段が適切な価格なのか、きちんと知りたいかたは、一度お見積りをオススメします。

プロパンガス自動料金診断を受けてみる