ミライフのガス料金が高い?相場と口コミで適正価格を確認

「あれ?うちの光熱費って他の家と比べて高いんじゃないかな?」「ミライフのプロパンガスに変えてから金額が上がったなぁ」などとお思いではありませんか?

結論からお伝えしますと、ミライフのLPガス料金はそこまでお得ではないので、高いと感じられるようであればお乗り換えをオススメします。

その根拠について、埼玉県の平均価格と比較しながら詳しくまとめていきますので、最後までお読みください。

プロパンガス自動料金診断を受けてみる

 

ミライフの価格が分かりにくい!料金プランまとめ

ミライフのエネルギー事業ではLPガスと電気の供給を行っています。

この章では、ミライフのLPガスや電気がどのような料金プランで利用できるのかについてご紹介します。

ミライフのプロパンガスの料金形態

公式サイトによると、ミライフのLPガスの料金は「原料費調整制」を採用しています。

原料費調整制とは、基本料金+従量料金+燃料費調整額の3つで月々のガス料金が決まる方式です。

ガス原料費調整制

基本料金:毎月固定で請求される金額、家のタイプによって異なります
従量料金:使用したガスの量に応じて請求されます
原料費調整費:原油価格や為替の影響を受けやすい原料価格の変動に合わせて調整される金額です

この料金形態をグラフにするとこのようになります。

ガス料金グラフ

筆者
燃料費調整制額があると、月々変動する原油価格にすぐ対応出来るため、基本料金や従量料金を多めに取らなくて良いというメリットがあります。

ミライフの電気の料金形態

ミライフの電気料金は最も一般的な料金形態を採用しています。

電気料金内訳

基本料金:契約アンペアによって、毎月固定で請求される金額
電気量料金:使用した電気の量に応じて請求されるもので、料金単価は三段階に分かれています
燃料費調整費:原油価格や為替の影響を受けやすい燃料費の変動に合わせて調整される金額
再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金):地球に優しい発電方法の普及の為に使われる金額

この料金形態をグラフに表すと以下の様になります。

電気代グラフ

LPガスの料金形態も、電気料金の形態も一般的であることが分かりましたが、大事なのは実際にかかる費用ですよね。

次の章では平均価格とミライフの価格を比較していきます。

 

料金相場から適正価格をチェック!

前の章では、ミライフの料金プランをご紹介しましたが、実際金額がどれくらいかかるのか?そしてそれは平均価格と比べてどうなのか?が気になりますよね。

こちらの章ではミライフの公式サイトに載っている標準料金をエリアの平均額と比較しながらご紹介します。

ミライフのプロパンガス料金を比較

ミライフのプロパンガス料金について調べたところ、一部の参考価格しか提示されていませんでした。

参考料金がこのように紹介されています。

ミライフガス参考価格

そしてその料金と比較用に提示されているのがこの情報です。

ミライフガス参考料金2

引用元:ミライフ公式サイト

石油情報センターやLPガスの請求書の見方はコチラをご参照ください。

一見きれいにまとめてくれているように見えますが、筆者はこの料金の見せ方すごく不親切に感じてしまいました。

理由としては…
・比較する月が異なる
→夏場と冬場では料金が異なり、一般的には冬場が高くなります。しかし参考データではミライフの価格は夏データ、比較データは冬データを使用しています。

・平均の方がお得な情報は隠されている
→基本料金など参考データが安いなど、不都合な情報は提示されていません。

・自社のデータだけ古い
→参考データは比較的最近の物なのに、ミライフの参考データは2年以上前のものを使用しています。

・最も安いプランを探して出しているのではないか?
→本社がある東京でも、創設場所であった埼玉県でもない山梨県のデータを使用し、さらに戸建料金を参考にしている。

・原料費調整額が不透明
→参考データにその月の原料費調整額に関するデータが記載されていない。

などなど長くなってしまいましたが、不信感を抱くには十分な料金提示でした。

一応提示されているデータで、比較してみたいと思います。

ガス基本料金比較

石油情報センター(山梨県) ミライフ(山梨県)
基本料金 1731円 1850円
筆者
毎月の固定費が約120円異なるようです。
但しミライフの参考価格は消費税抜きで、安い戸建住宅の料金です。

ガス従量料金比較

ミライフの参考価格が平成28年7月の料金なので、石油情報センターの過去データで一番近い平成28年8月のデータと比較してみます。

ガス使用量 石油情報センター
(1m3あたりの料金)
ミライフ
(戸建住宅1m3あたりの料金)
0.0~5.0m3 561.2円 496.8円
5.1~10.0m3 548.7円
10.1~20.0m3 533.8円
20.1~ 504.68円
筆者
これが本当ならば、都市ガスとも戦えるすごくお得な料金設定なんですが…
口コミなどを見ても、料金が明らかに異なるんですよね。
※原料費調整額があるとは言っても、それだけとは思えないくらい開きがあります…。

ミライフの電気料金を比較

気を取り直して、ミライフの電気料金を比較していきたいと思います。

ミライフは関東圏をメインにサービス展開しているので、東京電力の価格(最もユーザーの多い従量電灯Bプラン)と比較していきます。

比較する際に必要な電気料金の請求書の見方・用語に関してはコチラをご参照ください。

電気基本料金比較

契約アンペア数 東京電力(従量電灯B) ミライフ電気料金
10A 280円80銭 266円80銭(14円安い)
15A 421円20銭 399円50銭(21.7円安い)
20A 561円60銭 533円50銭(28.1円安い)
30A 842円40銭 842円40銭
40A 1,123円20銭 1,094円00銭(29.2円安い)
50A 1,404円00銭 1,360円50銭(43.5円安い)
60A 1,684円80銭 1,550円00銭(134.8円安い)
筆者
若干ですけど毎月固定でかかるものなので、お得になると嬉しいですよね♪

電力量料金比較

電気使用量 東京電力 ミライフ(20A以下契約) ミライフ(30A以上契約)
第一段階料金
0~120kWh未満
19円52銭 25円22銭(5.7円高い) 19円46銭(0.06円安い)
第二段階料金
120~300kWh未満
26円00銭 25円22銭(0.78円安い) 25円22銭(0.78円安い)
第三段階料金
300kWh以上
30円02銭 25円82銭(4.2円安い) 25円82銭(4.2円安い)

小さいアンペア数で、少ししか使わない人には割高なプランですが、30A以上で契約した場合使えば使うほどお得な料金であることが分かりました。

筆者
たくさん電気を使う家庭にはオススメできるプランということですね♩♪

電気料金は比較的お得に出来ていることは分かりましたが、プロパンガスについては「う~ん」が解消されない内容でした。

コチラのサイトにガスの請求書(検針票)にある情報を入力するとあなたのご自宅のプロパンガスの適正価格が見られるので、気になる方はぜひご参照ください。

プロパンガス自動料金診断を受けてみる

 

ミライフの口コミ・評判

こちらの章ではミライフが利用者さんからどのような評価を受けているのか、口コミを元にご紹介していきます。

筆者
投稿者さんを山梨県にお住まいの方と仮定すると、基本料金1850円で、1m3ごとの単価が578.65円になるんですが…。
中途半端に料金を提示せずにちゃんと利用者に分かるように案内してほしいものです。

ガス代について質問です。

最近、親元を離れ一人暮らしを始めました。
ガス代の請求が予想より高かったのとガス代について無知なので質問します。

使用料が5.2m3で4575円でした。

訳は、基本料1680円+従量料金2895円です。

これは高い方ですか?

ガス会社は、ミライフ東北株式会社です。
アパートに入居者した時に不動産会社に勧められて、そのまま契約しました。なのでガス会社についてきちんと考えてきませんでした。
無知な私に教えてください。

引用元:Yahoo!知恵袋

引っ越し先を悩んでます

都内にも出やすい(池袋なら160円で移動できます)埼玉の駅徒歩10分くらいの駅近くで、木造アパートですが1DK・35m2と広く、 給湯・追い炊き付きバストイレ別・エアコン・独立型洗面台+角部屋南向き日当たり良好、家賃は管理費込みで58000円!

非常に魅力的なんですが、唯一の難点はプロパンガスでした…

大家さん敷地内のアパートのため、プロパンしかダメだそうで受け持ちのミライフという会社に問い合わせると基本料金1800円・1立方あたり560円とやや割高…

お風呂は毎日湯舟につかりたい派で、料理も好きで毎日します。ストーブもガスストーブを愛用し、今は都市ガスで安いためかかっても六千円くらいでした。

家賃が安いからと諦めて入居するか、やめて別を探すか悩んでます。プロパンガス使用の一人暮らしの方等解答いただければと思いますm(__)m

引用元:Yahoo!知恵袋

色々な会社を調べてきましたが、他の会社に比べて料金を提示して「高すぎる!」と投稿している人が多くいました。

もしかして公式サイトの料金が分かりにくいから、Twitterなど意見を言いやすい場所でアピールしてくれているのかもしれません(考えすぎでしょうか?笑)

それにしても料金提示してくれている人の価格と、ミライフが公式サイトで公表している金額が違いすぎてびっくりしてしまいますよね。

うちのガスを他の会社に変えたらどれくらい安くなるんだろう…?と気になる方は、下記サイトで無料10秒お見積りが出来ます。

プロパンガス自動料金診断を受けてみる

 

ミライフ株式会社の特徴

1986年1月27日に創業したミライフは、東京都港区に本社を置いています。

関東圏をメインに茨城・栃木・群馬・長野・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨に拠点があります。

引用元:ミライフ公式サイト

サービス内容も様々あります。
エネルギー事業
・LPガス・電気・石油系・太陽光発電・エネルギーソリューションなど

住まいの事業
・ガス機器・リフォーム・省エネ・レンタル(リース)

暮らしの事業
・ハウスクリーニング・水のトラブル

ミライフのメリット

・電気をたくさん使用する家には電気料金がお得

・LPガス料金を電話またはメールで問合せ可能

・電気料金は会員サイトにログインして参照可能

・支払いにクレジットカードが使用でき、支払方法の変更もweb上でできる

ミライフのデメリット

・LPガス料金の内訳が不透明過ぎる

・公開されている料金と、実際の価格に差がある(実際は提示されているより高い)

・契約時に保証金(予想月額金額の3ヶ月分)

・契約期間終了前に解約した場合、満了時までの期間の基本料金の50%の3倍に相当する金額が請求される

 

まとめ

今回はミライフ株式会社のLPガス料金と電気料金に関して、平均価格と比較してみました。

公開されているLPガス料金の情報はかなりお得になっていましたが、実際の価格とはかなり差があることが口コミから分かりました。

電気料金も若干安いですが、乗り換えをオススメするほどの格安さは感じることが出来ませんでした。

毎日使う電気やガスなので出来るだけお得に使いたいし、信頼できるところにお願いしたいですよね。

年間でどれくらい安くなるのか、あなたの地域でオススメの会社はどこなのか?に関して調べてみたくなった方は一度無料お見積りをオススメします。

プロパンガス自動料金診断を受けてみる