カニエJAPAN(カニエプロパン)のガス料金が高い?相場と口コミで適正価格を確認

「ガス使ってないのにガス代高いな」「同じガス会社なのにうちは高い気がする」と、ガス料金について気になっている方は多いと思います。

結論から言うと、カニエJAPAN(カニエプロパン)をご利用の方は、相場よりお高めのガス料金を支払っていると言えます。

その根拠として、宮城県の平均ガス料金とカニエJAPAN(カニエプロパン)のガス料金を比較検証しました。

少しでも「ガス代が高い」と感じている方の参考になればと思いますので、是非最後までお読みください。

プロパンガス自動料金診断を受けてみる

 

カニエJAPAN(カニエプロパン)の料金について

カニエJAPAN(カニエプロパン)<以下「カニエJAPAN」と表記>では、一般家庭用にLPガスの供給・販売サービスを行っています。

ここでは、ガス料金の仕組みや料金プランについて簡単にご紹介します。

カニエJAPAN(カニエプロパン)のガス料金プラン

まず、ガス料金の計算は<基本料金><従量料金>を合計するスライド式二部料金制が採択されています。

ガススライド料金制

基本料金は、毎月発生する固定費です。

容器やメーターなど、ガス供給設備や保安、検針にかかる費用が含まれています。

従量料金は、ガス使用量に応じて発生する費用です。

ガスの原材料費や配送費が含まれています。

ガス使用量に応じて従量が区分けされており、段階的にガス単価が安くなるのが特徴です。

月々のガス支払額をイメージすると、次のグラフのようになります。

あなた
ガスを使えば使うほどガス単価が安くなるなんて、ありがたい仕組みですね!

標準料金

カニエJAPANの公式HPに掲載されていた基本料金と、1m3あたりのガス従量料金をご紹介します。

基本料金 2100円
従量料金 0m3から5.0m3まで 705円
5.0m3をこえ10.0m3まで 675円
10.0m3をこえ15.0m3まで 645円
15.0m3をこえ20.0m3まで 615円
20.0m3をこえるもの 485円

(税別)

引用元:カニエJAPAN公式HP

筆者
ガス従量区分は随分細かく設定されているんですね。
あなた
5.0m3までのガス単価と比べると、20.0m3までのガス単価は220円も安くなるんですね!これはお得に感じます!
多くのガス会社は、ガス利用量やガス機器とセットのお得なプランを用意しています。
カニエJAPANで同じようなものがないか、公式HPやTwitter、Yahoo!知恵袋などを探してみましたが、残念ながら情報はありませんでした。
筆者
色々な家庭に合わせてガスを使いやすくなるような、お得なプランがあるとありがたいのに・・・残念ですね。

料金相場から適正価格をチェック

基本的なガス料金の仕組みを見てみると、お得な印象の料金設定になっていました。

ただし、最も重要なのはあなたがカニエJAPANに支払っているガス料金が、相場より高いかどうかだと思います。

ここからは、宮城県のガス料金の相場とカニエJAPANのガス料金を比較していきます。

カニエJAPAN(カニエプロパン)のガス料金を比較

カニエJAPANのガス料金と比較する宮城県のガス料金の相場は、石油情報センター(2月019年4月)の平均ガス料金の情報です。

石油情報センターや地域別平均ガス料金について詳細が気になる方は、こちらの記事を参照下さい。

カニエJAPANの公開していた料金表は税抜き価格だったので、消費税込みで実際に請求される金額を算出して比較していきます。

宮城県平均価格 カニエJAPAN(カニエプロパン)
基本料金 1,742円 2,268円(526円高い)
5m3使用時 4,799円 6,075円(1276円高い)
10m3使用時 7,811円 9,720円(1909円高い)
20m3使用時 13,490円 16,524円(3034円高い)

引用元:石油情報センター/カニエJAPAN公式HP

なんと、カニエJAPANのガス料金は相場と比較するとかなり割高という結果でした。

筆者
基本料金だけで500円も相場より高いんですね!これでは、ガスを使わなくても高いと感じてしまいます。
あなた
ガスを使う量が増えても、ガス単価が安くなるからお得だと思ったのに!
逆にガスを使うほど相場との差額は大きくなってるじゃないですか!
カニエJAPANのガスを1年間利用すると、基本料金だけでも6312円、20m3のガスを毎月利用すると約3万6千円以上相場との差額が出ます。
筆者
相場と同額なら支払う必要のなかった金額が、3万円を超えるなんて・・・。思わず電卓2回はじきましたよ・・・。
あなた
貯金したり、ランチ行ったり、洋服買ったり・・・3万もあればなんでもできたのに!悔しい!
さらに気になるのは、公式HPの料金ページに戸建住宅と集合住宅の料金設定の違いについて何も明記されていませんでした。
通常、マンションやアパートといった集合住宅と戸建住宅では、建物の構造の違いにより配管等供給設備が異なります。
その為、料金設定が異なり、集合住宅は戸建住宅より割高になるというのが一般的です。
戸建住宅と集合住宅のガス料金の違いについて詳細が気になる方はこちらを参照下さい。

筆者
配管云々の問題じゃないくらい、集合住宅の方はガス代が異常に高いという情報が多いですね。
あなた
これじゃ、公開している料金表があてにならないという事ですよね?
公式HPの料金表をもとに比較して、あれだけ相場より高かったのに…。
集合住宅だと実はもっと高い可能性があるなんて、ぞっとします。
「うちのガス代大丈夫かな」と心配な方は、こちらのサイトでガス請求書(検針票)の数値を入力すればあなたのガス適正価格を確認できるので、ぜひお試しください。

プロパンガス自動料金診断を受けてみる

 

カニエJAPAN(カニエプロパン)の口コミ・評判

実際にカニエJAPANの利用者がどう感じているのか、TwitterやYahoo!知恵袋から口コミを探してみました。

すると「ガス代が高い」という声が多数見つかりました。

筆者
ガス代高すぎてこんなに不満の声をあげる利用者がいるんですね。
しかもただでさえ高いという印象なのに、値上げされてるという人もいました。
あなた
もうガス代高いを通り越して、会社として評判悪いみたいですね。
そんな会社とお付き合いし続けるのは嫌だなあ。
「乗り換えてもまた値上げされたら嫌だな」「結局どこのガス会社がいいんだろう」という方は、こちらのサイトの無料相談なら安心してガス会社を検討できるのでお勧めです。 

プロパンガス自動料金診断を受けてみる

 

カニエJAPAN(カニエプロパン)の特徴

ここからは、カニエJAPANの会社の特徴についてまとめています。

カニエJAPANは、1963年(昭和38年)に愛知県で「蟹江プロパン株式会社」として設立されました。

2016年(平成28年)に現在の「カニエJAPAN株式会社」に商号を変更し、現在では愛知県を拠点として中部エリア、関東エリア、東北エリアに進出しています。

<会社概要>

  • 会社名:カニエJAPAN株式会社
  • 設立:1963年(昭和38年)4月25日
  • 本社所在地:愛知県海部郡蟹江町大字蟹江新田字下芝切179番地

<事業内容>

  • LPガス関連事業
  • 太陽光発電事業
  • 不動産事業
  • レジャー事業
筆者
ガスだけじゃない、様々な事業にも進出してるんですね。

カニエJAPAN(カニエプロパン)のメリット

  • ガス開閉栓の予約がインターネットでできる
  • 公式HPで、ガスの取り扱いを漫画でわかりやすく教えてくれる
  • 太陽光発電の取り組みがある

カニエJAPAN(カニエプロパン)のデメリット

  • ガス料金が相場より高い
  • 集合住宅と戸建住宅の料金について不明瞭
  • お得な料金プランがない
  • 支払い方法が不明
あなた
ガス代は高いし、支払い方法の明記がないし、住宅タイプ別にどうなっているのかもわからない・・・。
利用者にやさしいとは思えない印象ですね。今後もお付き合いしたいとは、正直思えませんでした。

まとめ

今回は、カニエJAPANのガス料金が相場と比較してどれくらい差があるのか、という事を調べてみました。

結果として相場よりかなり割高でしたので、少しでも「高い」とお困りの方は、ガス会社のお乗り換えをおすすめします。

これからも使い続けるガスだからこそ、自分に合った料金プランが用意されていたり、良心的な価格であるなど、安心できるガス会社にお願いしたいですね。

こちらのサイトでは、お住まいの地域であなたにぴったりのガス料金プランのあるガス会社を見つけることができるので、検討の際はお試しください。

プロパンガス自動料金診断を受けてみる