HTBエナジー都市ガスのメリット・デメリットと口コミ評判|比較情報も

電気やガスの自由化が開始し、他業種からの事業参入のニュースも聞かれるようになってきました。

そんな中、まったくの異業種から参入を果たしたのがHTBエナジーです。

 

では、HTBエナジーは安いのでしょうか。

結論から言えば、一人~二人暮らしの世帯で、電気とセットにすると最安です。

ただ、ガスだけの料金で考えると最安とは言えず、首都圏の中でも全体の中くらいとガス料金です。

これまで東京ガスを使用してきた世帯や、ライフスタイルがHTBエナジーへの乗り換えメリットを実感できる世帯では十分乗り換えを検討できると言えるでしょう。

 

では、HTBエナジーとはどんなガス会社なのでしょうか。

この記事で、HTBエナジーについての基本情報から料金プラン、メリット・デメリットについて見ていきましょう。

さらに、他のガス会社との料金比較、口コミなどについて検討していきたいと思います。

HTBエナジーの基本情報

HTBエナジーとはいったいどんなガス会社なのでしょうか。

HTBエナジーは旅行会社エイチ・アイ・エスの傘下企業です。

さきほどもお伝えしたように、まったくの異業種からの参入ですね。

さらに、ハウステンボスでエネルギーを発電し販売していきます。

 

このように聞くと、「本当にそんな新規参入の会社に、生活の中でも大切なインフラであるガスをまかせていいんだろうか」と思うかもしれません。

HTBエナジーの都市ガスのブランド名はその名も「まじめなガス」です。

しかも、ハウステンボスでの発電に加え、自社の太陽光発電所や地熱発電所を所有しています。

本業ではないものの、かなりの本気度で電気・ガス業界に乗り込んでいると考えられます。

 

そもそも、このHTBエナジーの経営陣はハウステンボスを経営する旅行会社エイチ・アイ・エスです。

ハウステンボスを維持するための電気代が高いことに困惑した経営者が、それなら自分で電気・ガスの会社を作ってしまえ!と考えたのが初めのようです。

電気・ガスを使用する側のユーザー視点のある経営者で、家計にもやさしいガス会社、とも考えられますね。

HTBエナジーの配給エリア

HTBエナジーのガス供給エリアは、東京ガス管内です。

首都圏に加え、1都6県(神奈川県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、千葉県)に都市ガスを供給しています。

東京都エリア

東京23区・八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・日野市・東村山市・国分寺市・国立市・狛江市・東大和市・清瀬市・東久留米市・多摩市・稲城市・西東京市・武蔵村山市

神奈川県エリア

横浜市・川崎市・横須賀市・平塚市・鎌倉市・藤沢市・茅ヶ崎市・逗子市・相模原市・三浦市・大和市・海老名市・座間市・綾瀬市・葉山町・寒川町・大磯町・中井町・開成町・南足柄市

埼玉県エリア

さいたま市・川口市・所沢市・上尾市・草加市・蕨市・戸田市・朝霞市・和光市・新座市・久喜市・八潮市・三郷市・蓮田市・伊奈町・白岡市・熊谷市・行田市・深谷市・鴻巣市・羽生市

千葉県エリア

千葉市・木更津市・八千代市・君津市・富津市・四街道市・袖ヶ浦市・八街市・佐倉市・印西市・白井市・成田市・富里市・酒々井町・芝山町・多古町・栄町

(四街道エリア:千葉市・四街道市)

群馬県エリア

千代田町・邑楽町・明和町

(群馬エリア:前橋市・高崎市・藤岡市・渋川市)

(群馬南エリア:高崎市・藤岡市)

栃木県エリア

宇都宮市・真岡市・上三川町・芳賀町・高根沢町・壬生町

茨城県エリア

日立市・竜ヶ崎市・牛久市・つくば市・取手市・つくばみらい市・稲敷市・利根町・阿見町・美浦村

 首都圏に住む方なら問題なく乗り換えを検討できそうですね。

では、次にHTBエナジーの料金プランについて見ていきましょう。

HTBエナジーは高い?料金プランまとめ

では、HTBエナジーは首都圏の他のガス会社と比較して、どのくらい安いのでしょうか?

下記の表をご覧ください。

 

ガス会社 基本料金 従量料金5㎥ 従量料金10㎥ 従量料金20㎥
東京電力ガス 722.84

(3位)

1414.74

(3位)

2106.64

(3位)

3490.44

(3位)

東京ガス 745.2

(4位)

2203.7

(5位)

2917

(5位)

4343.06

(5位)

ニチガス 1458

(5位)

1458

(4位)

2192

(4位)

3603

(4位)

イーレックス 707.94

(1位)

1403.39

(1位)

2098.84

(2位)

3489.74

(2位)

HTBエナジー 722.84

(3位)

1414.74

(3位)

2106.64

(3位)

3490.44

(3位)

CDエナジー

ダイレクト

722.09

(2位)

1413.09

(2位)

2104.09

(1位)

3396.09

(1位)

 

上記の表からも、HTBエナジーのガス料金は、首都圏の中でも最安ではありません。

比較すると、基本料金も、従量料金ともに中くらいの安さです。

 

さらに、HTBエナジーでは下記の料金プランを提示しています。

 

大江戸プラン まじめなガス料金A

こちらのガス料金は首都圏エリアでの提供ということもあって、「大江戸プラン」というユニークなネーミングになっています。

 上記のプランの料金を表にまとめてみました。

 

基本料金

(20㎥使用時)

従量料金

(20㎥使用時)

基本料金

(30㎥使用時)

従量料金

(30㎥使用時)

大江戸プラン

まじめなガス料金A

722.09 3490.44 1005.7 4732.9
東京ガス 745.20 3598.4 1036.8 4879.2

 

上記のように、東京ガスと比較すると、一人~二人ぐらしの世帯(従量料金20㎥使用)でも、三人~四人ぐらしの世帯(従量料金30㎥使用)でも3%OFFになっていて、わかりやすい料金体系と言えます。

東京ガスを使用している世帯では、確実に安さを実感できることでしょう。

HTBエナジーのメリット・デメリットまとめ

HTBエナジーのメリット・デメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

以下をご覧ください。 

HTBエナジーのメリット

電気とのセット割で爆安

HTBエナジーでは、使用量に関係なく大手電力会社と比べても5%オフというプランで注目を集めています。

それで、電気とセットにした場合、単身世帯では、HTBエナジーが断然安いといえます。

しかもHTBエナジーでは、同社が提供している電気「たのしいでんき」と一緒に契約するとことで、月々のガス料金が100円割引になります。

たかが100円、されど100円。ガス料金の安さも1円10円単位でしのぎを削っている中、100円のメリットはそれなりにあります。

 旅行料金が安くなる

 HTBエナジーの親会社でもエイチ・アイ・エスの旅行プランを特別価格で利用できるという、大きなメリットがあります。

旅行代金は一人あたり1000~3000円ほどの割引が受けられることから、旅行好きに方にはこの点も見逃せないポイントですね。

 

HTBエナジーのデメリット

それでは、続いてHTBエナジーのデメリットを見ていきましょう。

顧客対応体制が不足

HTBエナジーに対し、カスタマーセンターへの電話がつながりにくい、という評判が見られます。

問い合わせ時間は10時~18時までで、また通話料も有料であることから、いざ何かがあった時の対応としてはやや不安が残ります。

ただ、「安心サポート24」(月250円)という有料のサービスに加入すると、生活のトラブルに24時間無料で対応してくれるため、こうした有料サービスと組み合わせることで契約時の不安を解消することもできそうです。

3人以上の家族世帯ではかえって割高になる

さきほども、電気とガスを一緒にセットで契約した場合、どちらも一律ガスなら3%、電気なら5%の割引になるとお伝えしました。

しかし、それも電気の使用量が毎月300kWhを超えない世帯であればという条件付きです。

毎月電気が350kWhを超える場合はかえって割高になるため、3人以上の世帯や、2人世帯でも電気の使用量が多い世帯の場合は、他社に負けてしまいます。

HTBエナジーが向いているのは、家族全員が日中外で仕事をしている電気の使用量が少なめの二人暮らし世帯か、一人暮らし世帯までということになります。

HTBエナジーと他社を徹底比較

では他社の料金プランとの徹形比較を行っていきましょう。

特に気になる東京ガスと他社との料金の比較は以下のようになりました。

HTBエナジーと他社の料金比較

首都圏の他のガス会社と比較してみました。

 

ガス会社 電気+ガス

セットプラン

電気(月250kWh利用) ガス(30㎡使用)
HTBエナジー 11114

(1位)

6482

(1位)

4732

(4位)

イーレックス 11206

(2位)

6606

(2位)

4700

(1位)

CDエナジー

ダイレクト

11302

(3位)

6631

(4位)

4727

(3位)

ニチガス 11451

(4位)

6843

(5位)

4708

(2位)

東京電力ガス 11475

(5位)

6843

(5位)

4732

(4位)

東京ガス 11543

(6位)

6697

(3位)

4879

(5位)

 

この表から分かるように、HTBエナジーはガスそのものの安さでは他社に負けてしまいますが、電気と合わせた時の安さが断然安いということになりました。

 

HTBエナジーと他社の口コミ・評判の比較

次にHTBエナジーと他社との口コミ・評判を比較してみたいと思います。

 

 

HTBエナジー利用者の口コミ 5.0点 ★★★★★

複数のプランがありニーズに合致したものを選べます

 

新電力会社の多くが、家族が多い人や消費電気量の多い人向けのプランですがHTBエナジーはその流れとは真逆だと思いました。

 

1人暮らしの人でも、電気料金を安くできるように工夫されているためシングルの私にはありがたかったです。

今まで利用していた旧電力会社よりも一律5%割引というプランがあるのですが、これを見た時にはまさに自分向きだと思いました。

とてもシンプルですが、メリットは大きく電気使用量が少ない人でもお得になる設定でうれしかったです。

 

旅行の割引特典があるという点は、HTBエナジー独特のサービスだと思います。

旅行を趣味としているので、これまでよりも安い値段で旅行を楽しめると思うとワクワク感があります。

https://xn--h-336a05i8r0bt9noz4a4wl.com/review/default/review/27/1506

 

やはり、HTBエナジーは「お一人様」世帯には一番おすすめのガス会社と言えそうです。

しかも、旅行代金が安くなるという、唯一無二のサービスで、「お一人様+旅行好き」の方には考える余地もなく、HTBエナジーが一番おすすめ、ということになりますね。

 

HTBエナジー利用者の口コミ 5.0点 ★★★★★

使用量が少なめの世帯には向いていると思います

 

我が家は2人暮らしで電気の使用量が少ないので、HTBエナジーにしました。

一律5%オフのサービスがあるので、今までよりも請求料金が少なくなり契約を見直して良かったと思っています。

 

新電力会社のプランについて調べていた時、一人暮らしや二人暮らしなど使用量の少ない場合にはこれまでよりも割高になることもあることがわかりびっくりしました。

 

その点、HTBエナジーは安心です。世帯構成員が少ない、使用量が少ないといった時にはオススメだと思います。

またマイページにログインすると、電気の使用量や電気料金をwebで確認することができるようになっており非常に便利です。

 

今までは節電の意識が薄かったのですが、これを見ることでエコ意識が高まりました。

https://xn--h-336a05i8r0bt9noz4a4wl.com/review/default/review/27/1460

 

電気の使用量が少ない二人暮らし世帯にも、HTBエナジーは向いています。

また、電気料金をWebで確認できるため、印刷された請求書でなくても構わないと考えている世帯には合っていますね。

 

では、HTBエナジーのマイナスの口コミも見てみましょう。

 

HTBエナジー利用者の口コミ 1.0点 ★★☆☆☆

対応がひどい

すでに評価のあるとおりですが、

・電話の受付時間は平日日中のみ

・しかし受付時間中もほとんど電話はつながらない

・問い合わせメールを送っても何の連絡もよこさない

・つながったと思ったらオペレータの対応も横柄

・極めつけは問い合わせページがエラーとなっていて、こちら側から何のアクションもできない

 

料金は安いとの評判もあるようですが、ハッキリ言って他の電力会社と比較して明らかに変わったとわかるほどではありませんでした。

 

元締めの企業は信頼できるかもしれませんが、電力部門としてのこの会社は、「インフラ企業としての意識」どころか「企業としての意識」が圧倒的に足りていないと感じました。

 

これから電力の加入を検討されているのであれば、この会社は避けた方が良いと思います。

https://xn--h-336a05i8r0bt9noz4a4wl.com/review/default/review/27/1503

 

このように、まだまだ顧客対応体制が十分に行き届いていない状況のようです。

価格メリットはある電気・ガス会社だけに、この点はかなり残念ですね。

とはいえ、サービス開始から、まだそれほど時間がたっていないだけに、今後の改善されてくることを期待したいと思います。

 

さて首都圏で競合している中でも、満足度の高い電気・ガス会社もご紹介します。

 

HTBエナジー利用者の口コミ 5.0点 ★★★★★

特典がたくさんあってうれしく思っています

 

東京ガスとガスの契約をしているので、電力も東京ガスにしました。

解約金0円なので合わなければまた乗り換えればいいと、気軽に考えて契約をしました。

とても安易なのですが、結果的にこれで良かったです。

 

電気とガスのセット割やオリジナルのポイントである「パッチョポイント」の付与サービスもあり、満足しています。

インターネット、電気、ガスと3つのセットで割引になるというサービスもあってうれしいです。

「クックパッド」の有料サービスが無料で利用できる、という点も主婦の私からすると大きなメリットになりました。

 

その他、「電気トラブルサポート」もあるため万が一の困りごとの時にも慌てずに済みそうです。特典が豊富なので、周りにも勧めています。

https://xn--h-336a05i8r0bt9noz4a4wl.com/review/default/review/19/1519

 

他にも首都圏で競合しているニチガスは、顧客対応についても満足という口コミもありました。

 

ニチガス利用者の口コミ 5.0点 ★★★★★

東京ガスからニチガスに切替ました。

先日切替に伴う、ガス機器調査があり係りの方が見えました。

とても感じの良い対応と、無駄のない分かりやすい説明でした。

おすすめ5にした理由は、係りの方が大変誠実な対応であったことです。

本当に切り替えてよかったです。

https://energysave.jp/company/nichi-gas/

 

HTBエナジーの口コミ・評判のまとめ

上記の口コミ・評判から分かるのは、HTBエナジーは価格面でのメリットがあるものの、顧客対応にはまだまだ疑問が残る結果となりました。

とはいえ、それもトラブル等何事も問題なく、不安な場合は有料での顧客対応サービスに入ってもいい、という世帯にとってはさほど問題にはならなさそうです。

顧客対応をとるか、価格をとるかで判断が分かれるところでしょう。

HTBエナジーの契約方法や支払い方法

HTBエナジーの契約方法はとても簡単です。

まずはインターネットより申し込むと、申込書が送付されてきます。

申込書に書き込み郵送します。

その後、HTBエナジー側での手続きが行われ、ガスの供給開始日が決定します。

HTBエナジーは解約手数料や違約金がかかるか調査

HTBエナジーでは解約手数料、違約金等がかかります。

供給開始から一年未満の解約の場合、2000円の解約違約金が請求されます。

まとめ

いかがでしたか?

HTBエナジーは、新規事業者として参入してからまだそれほど時間が経っていませんが、巨額の設備投資などでも注目されています。

単なる新規参入とは言えない本気度、価格メリットの面でもわかりやすい料金プランで、従来のガス会社との差別化を図っています。

また、地熱発電やハウステンボスなどの敷地を利用した発電などでも注目され、エコなエネルギー会社というイメージが定着しています。

単身世帯や二人ぐらし世帯や電気の資料量が少ない世帯、さらに旅行好きの方には乗り換えメリットをはっきり実感できるガス会社と言えます。