北海道電力エリアでポイントが貯まる電気料金を設定している会社比較

電気自由化がスタートして、あなたも、電気乗り換えについて考えているのではないでしょうか。

2016年の4月の「電力自由化」以降電力会社を選択する権利はあなたに任せられるようになりました。

電気乗り換えは安易に考えてしまえば、それほど電気料金がお得ではないということも起きてしまうことになります。

あなたにとってどうお得な体験ができるか模索しなければならないでしょう。

北海道エリアにお住まいの方々にとって、ポイントサービスも含めて、電力会社を決めるのも選択肢の一つです。

今回、北海道エリアでのポイントを付与してもらうことができる電力会社にスポットをあてました。

結論。一人暮らし世帯であれば、ソフトバンクでんきがお得ということになるかもしれませんが、2人以上の世帯では楽天でんきが断然お得です。

楽天でんきが北海道の新電力会社の中では上位お得な料金プランと言っていいでしょう。

北海道電力エリアで一番ポイントがお得な会社

電気乗り換えをして、お得な体験をしたいと思うものの、ひとり暮らしであまり電気を使わない方々があまりお得にならないなど、いろいろな難しい問題を抱えています。

電力自由化のしくみやメリット・デメリット、また自由化後の電気の選び方などしっかりコツをマスターしましょう。要はあなたが電気乗り換えをしてどうお得な体験ができるかです。

北海道エリアに住んでいる人たちが、関西あたりのエリアに住んでいる人たちを参考にしてもあまりいい答えを得ることができないかもしれません。また、全然違う生活環境の方々を見習っても、それほど参考にはならないでしょう。

電力会社
ポイント
北海道電力
Web料金お知らせサービスに登録100ポイント
毎月ログインで10ポイント
コラムの閲覧で10ポイント
アンケートへの回答で50ポイント
参加型イベントに写真やコメントを投稿することで50ポイント
ソフトバンクでんき
電気料金支払い額1,000円に対してTポイントが5ポイント
楽天でんき
入会で2000円のポイント
楽天ポイント電気料金200円に対して1ポイント

北海道電力

参考URLhttps://univa-jp.com/company/show/50

北海道電力では、ほくでんエネモールのポイント会員に新規入会することでWeb料金お知らせサービスに登録すれば100ポイント、(それ以降は毎月20ポイント付与)、また毎月ログインで10ポイント付与、コラムの閲覧で10ポイント付与やアンケートへの回答で50ポイント、参加型イベントに写真やコメントを投稿することで50ポイント付与してもらうことができます。※最大値1,000ポイント。貯めたポイントは道産品への交換することができます。また、チャリティ、他社ポイントに移行もすることができます。

eタイム3(3時間帯別電灯)

1人暮らし:電気代月額平均7,500円
2人暮らし:電気代月額平均8,600円
3~4人暮らし:電気代月額平均11,200円
プラスα最大値1,000ポイントの可能性が。

※1人暮らし:280kWh
2人暮らし:350kWh
3人~4人暮らし:500kWh

時間帯別電灯(ドリーム8)

1人暮らし:電気代月額平均5,700円
2人暮らし:電気代月額平均6,900円
3~4人暮らし:電気代月額平均10,200円
プラスα最大値1,000ポイントの可能性が。

ピーク抑制型時間帯別電灯(ドリーム8エコ)

1人暮らし:電気代月額平均5,700円
2人暮らし:電気代月額平均6,900円
3~4人暮らし:電気代月額平均10,000円
プラスα最大値1,000ポイントの可能性が。

eタイム3(3時間帯別電灯) [Sプラン]

1人暮らし:電気代月額平均7,500円
2人暮らし:電気代月額平均8,600円
3~4人暮らし:電気代月額平均11,200円
プラスα最大値1,000ポイントの可能性が。

eタイム3(3時間帯別電灯) [Mプラン]

1人暮らし:電気代月額平均7,500円
2人暮らし:電気代月額平均8,600円
3~4人暮らし:電気代月額平均11,200円
プラスα最大値1,000ポイントの可能性が。

エネとくLプランB

1人暮らし:電気代月額平均11,800円
2人暮らし:電気代月額平均12,100円
3~4人暮らし:電気代月額平均13,500円
プラスα最大値1,000ポイントの可能性が。

エネとくLプランC

1人暮らし:電気代月額平均12,400円
2人暮らし:電気代月額平均12,300円
3~4人暮らし:電気代月額平均13,300円
プラスα最大値1,000ポイントの可能性が。

Web・eプラスB

1人暮らし:電気代月額平均5,600円
2人暮らし:電気代月額平均7,400円
3~4人暮らし:電気代月額平均10,900円
プラスα最大値1,000ポイントの可能性が。

Web・eプラスC

1人暮らし:電気代月額平均6,600円
2人暮らし:電気代月額平均8,100円
3~4人暮らし:電気代月額平均11,200円
プラスα最大値1,000ポイントの可能性が。

eタイム3プラス

1人暮らし:電気代月額平均7,000円
2人暮らし:電気代月額平均8,100円
3~4人暮らし:電気代月額平均10,700円
プラスα最大値1,000ポイントの可能性が。

まずは電気料金の相場もしっかり比較して、ポイントによってプラスαのメリットがあるかチェックしてみましょう。

ソフトバンクでんき

参考URLhttps://www.softbank.jp/energy/special/tepco-denki/
ソフトバンクでんきでは、電気料金支払い額1,000円に対してTポイントが5ポイントが貯めることができます。

FITでんきプラン(再生可能エネルギー)S (北海道エリア)

1人暮らし:電気代月額平均6,000円
30ポイント付与。

2人暮らし:電気代月額平均7,900円
35ポイント付与。

3~4人暮らし:電気代月額平均11,600円
55ポイント付与。

※1人暮らし:280kWh
2人暮らし:350kWh
3人~4人暮らし:500kWh

FITでんきプラン(再生可能エネルギー)L (北海道エリア)

1人暮らし:電気代月額平均7,000円
35ポイント付与。

2人暮らし:電気代月額平均8,600円
40ポイント付与。

3~4人暮らし :電気代月額平均11,900円
55ポイント付与。

楽天でんき

参考URLhttps://deaimobi.com/rakuten-machidenki/

楽天でんきでは、入会すれば2000円のポイントをゲットすることができます。利用開始から3ヶ月以上「楽天でんき」を継続利用することなどが付与条件です。

また楽天でんきでは、楽天ポイントを電気料金200円に対して1ポイントゲットすることができます。

北海道電力と楽天でんき一体どっちがお得?

北海道電力と楽天でんき、一体どっちがお得なのか、ここでポイントも加算して比較してみましょう。

【北海道電力で「従量電灯B30A」で契約している場合】

■月間

年間使用量(年間)が111kWh の場合、3002円の月額料金です。

楽天でんきでは、月額2504円。それにポイント12を差し引いて実質楽天でんきの方が510円お得にすることができます。

年間使用量(年間)が500kWh の場合、12087円の月額料金です。

楽天でんきでは、月額11357円。それにポイント56を差し引いて実質楽天でんきの方が786円お得にすることができます。

年間使用量(年間)が808kWh の場合、19987円の月額料金です。

楽天でんきでは、月額18341円。それにポイント91を差し引いて実質楽天でんきの方が1737円お得にすることができます。

■年間

年間使用量(年間)が111kWhの場合、36034円の月額料金です。

楽天でんきでは、月額30057円。それにポイント143を差し引いて実質楽天でんきの方が6120円お得にすることができます。

年間使用量(年間)が500kWh の場合、145055円の月額料金です。

楽天でんきでは、月額136288円。それにポイント676を差し引いて実質楽天でんきの方が9443円お得にすることができます。

年間使用量(年間)が808kWh の場合、239854円の月額料金です。

楽天でんきでは、月額220097円。それにポイント1094を差し引いて実質楽天でんきの方が20851円お得にすることができます。

【北海道電力「従量電灯B 50A」を契約中の場合】

■月間

年間使用量(年間)が678kWh の場合、3003円の月額料金です。
楽天でんきでは、月額1666円。それにポイント8を差し引いて実質楽天でんきの方が1345円お得にすることができます。

年間使用量(年間)が3626kWh の場合、10009円の月額料金です。

楽天でんきでは、月額8913円。それにポイント44を差し引いて実質楽天でんきの方が1140円お得にすることができます。

年間使用量(年間)が7228kWh の場合、20009円の月額料金です。

楽天でんきでは、月額17768円。それにポイント88を差し引いて実質楽天でんきの方が2329円お得にすることができます。

■年間

では結局年間でどの程度お得にできるのかといえば……、

年間使用量(年間)が678kWh の場合、36040円の月額料金です。
楽天でんきでは、月額19997円。それにポイント93を差し引いて実質楽天でんきの方が16136円お得にすることができます。

年間使用量(年間)が3626kWh の場合、1201119円の月額料金です。
楽天でんきでは、月額106965円。それにポイント529を差し引いて実質楽天でんきの方が13683円お得にすることができます。

年間使用量(年間)が7728kWh の場合、240119円の月額料金です。
楽天でんきでは、月額213223円。それにポイント1059を差し引いて実質楽天でんきの方が27955円お得にすることができます。

北海道電力と比較して、ポイントを含めて楽天でんきにメリットがあることがわかります。

でも、更に言えば、楽天でんきを選択する場合、契約期間のシバリ、違約金といいうものもありませんので積極的に乗り換えしていいのではないでしょうか。

おおかた同じ商品を、支払い先の変更だけで、料金を安くすることができるようなものです。

北海道電力というスーパーマーケットで、大根を購入すれば、価格が100円するものを、楽天でんきというスーパーマーケットでは、90円で購入できてしまうのです。

この金額の差は大したことがないとも見えてしまいますが、電気料金は、毎月毎月支払いしなければならないものです。ですから、一日単位ではなく、月額単位、そして年間単位で、ポイントを差し引いてどの程度お得な体験ができるのかが決め手です。

電気乗り換えのポイントは、長い年月で見る目です。ですから、手続きが面倒くさいから後回し……という人たちもいらっしゃるのかもしれませんが、即行動を起こすというのがいいでしょう。

ソフトバンクでんきVS楽天でんき

プロ野球ではありませんが、新しい電力会社として、ソフトバンクでんきと楽天でんきに注目している人たちも多いでしょう。果たして、北海道エリアの方々にとって、ソフトバンクでんき、楽天でんきどっちにメリットがあるのでしょうか。

ソフトバンクでんきのFITでんきプラン(再生可能エネルギー)Sは、

基本料金10Aにつき334.80円。15Aの場合502.20円。

電力量料金は、最初の120kWhは1kWhにつき23.30円。120~280kWhは29.42円。上記超過33.03円という料金設定です。

楽天でんきの場合、111kWhの場合、2504円の月額料金です。

ソフトバンクでんきを111kWh 使用した場合2586円となります。

楽天でんきの方が圧倒的安いということになりますが。

また楽天でんきは、 基本料金は0円。例えば、1ヶ月間家を空けて全く電気を使わなければ請求はゼロ円となります。つまり楽天でんきの場合、2504円のままということになります。

ソフトバンクでんきでは、10Aにつき334.80円。15Aの場合502.20円ということになりますので、 2921円という料金です。

ソフトバンクでんきでは、電気料金支払い額1,000円に対してTポイントが5ポイントが貯めることができます。であれば、10ポイント引き算をして、2911円という数字が出ました。

楽天でんきでは、楽天ポイントを電気料金200円に対して1ポイントゲットすることができます。2504円に対して、12ポイントゲットすることができ、 2492円ということになります。

ソフトバンクでんきと楽天でんき、対決の行方は、楽天でんきの勝利ということになります。

電気料金をどう安くできるのか

電気乗り換えで、やっぱりあなたが求めていかなければならないのは、どう電気料金を安くできるかです。

ポイントサービスを提供しない電力会社が駄目という訳でもありません。なぜなら、そのような電力会社が、ポイントサービスを提供しない分、電気料金の安さに還元している可能性もあるからです。

ポイントサービス重視で選択するという方法も得てして正しくない場合はあります。

例えば、ある電力会社では、他サービスとセット割月額100円引き・電気料金200円につき1ポイント還元・電気料金5,000円というサービスを提供しています。

また、ある電力会社ではセット割なし・ポイントサービスなし・電気料金4,800円という料金で提供しているとします。

あなたが電力会社を選択するとき、いろいろサービスが提供さとれていて、前者の方がいいと思ってしまうかもしれません。

しかし、前者の細部を細かくチェックすれば、セット割で100円割引・5,000円÷200円=25ポイント還元で実質4,875円ということで、4,800円より高いということになります。

電力会社を決めるとは、いろいろサービス込みで、本当にお得になるかチェックしなければならないでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。電力会社の電気料金をどのようにお得にするか、実際に電気乗り換えと向きあえば、微妙という場合が多々あります。あなたも、しっかり、あなた自身得することができるか、じっくりリサーチする必要があります。

一日で見ても全然大した違いが見えないから、このままの電力会社でいいという思いも出てきてしまうかもしれません。

でも、そのわずかな差が、一ヶ月、年間にすれば大きな差になります。あなたも、電力会社の料金は、年間の長い目で見据える必要があるのではないでしょうか。

もちろん、ポイント含めてお得な体験ができるかです。