橋本産業(茨城)のガス料金が高い?相場と口コミで適正価格を確認

「あれ?うちの光熱費って他と比べて高いんじゃない?」「橋本産業のプロパンガスに変えて金額が上がったなぁ」等と思いではありませんか?

結論からお伝えすると橋本産業の料金は相場と比べて高いです。

光熱費を少しでも安く抑えたい!という方は、ガス会社のお乗換えをオススメします。

その根拠について、茨城県のLPガスの平均額と比較しながら詳しくまとめていきますので、最後までお読みください。

プロパンガス自動料金診断を受けてみる

 

橋本産業(茨城)の料金について

橋本産業では電気LP(プロパン)ガスのサービスを提供しています。

それぞれどのようなプランがあるのでしょうか?

橋本産業(茨城)の電気料金プラン

橋本産業の電気プランは橋本・マルハのe!でんきという名前で提供されています。

しかし、よく見てみるとPowered by JXTGと小さく記載されており、実はENEOSでんきと提携しているのです!

よって、今回はENEOSでんきについてお話します。

ENEOSでんきの電気料金は基本料金+電気量料金+燃料費調整額+再生可能エネルギー発電賦課金の合計で構成されています。

基本料金:契約アンペアによって、毎月固定請求される金額

電気量料金:使用した電気量に応じて請求されるもので、料金単価は三段階に分かれています。

燃料費調整額:原価価格や為替の影響を受けやすい燃料費の変動に合わせて調整される金額

再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金):地球に優しい発電方法の普及のために使用される金額

電気料金をイメージするとこんな感じになります。

筆者
この料金構成は一般的な電力供給会社と同じ構成ですね♩。

大切なことは他と比較してお得なプランがあるかどうかですよね。

それでは、実際に公式サイトで見ていきましょう!

従量電灯B

契約条件:どなたでも契約できます

契約容量:10~60A(アンペア)で選ぶことができます

料金形態:後半でお話します

「ENEOSでんき」Vプラン

契約条件:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県の一部(富士川以東)にお住いの一般の方

契約容量10~60A(アンペア)で選ぶことができます

料金形態:後半でお話します

橋本産業(茨城)のLPガス料金プラン

橋本産業のLPガス料金プランはスライド式を採用しており、ガス料金は以下のような内訳になっています。

ガススライド料金制

基本料金:毎月固定で請求される金額、家のタイプによって異なります

従量料金:使用した電気の量に応じて請求されるもので、料金単価は三段階に分かれています

お支払いされるガス料金をイメージ図にすると以下のようになります。

筆者
LPガスの料金プランは一般的です。

あなた
使えば使うほど、単価が安くなるのは嬉しいですね。

橋本産業にお得なガス料金プランはあるの?

公式サイトを見てみましたが、残念ながら何かとセットで割引になったり、契約形態でお得になるプランなどはありませんでした。
標準的な価格が公開されていましたので、そちらをご紹介します。
基本料金 1,600円
従量料金 0.0~10.0m3 560円
10.1~20.0m3 540円
20.1m3以上 520円

(税抜き)

橋本産業の公式サイトによると、茨城県の平均LPガス使用量は月に8.1m3だそうです。

その場合…
基本料金(1600円)+従量料金(560円×8.1)
=1600+4536=6,136円こちらに消費税を追加して、ガス料金は6627円となります。
筆者
これだけでは、この価格が安いのか、割高なのか分からないですよね。
次の章で平均価格との比較を行っていきますので、ぜひお読みください。

 

料金相場から適正価格をチェック

前の章で橋本産業の料金プランをご紹介しましたが、実際のところ金額がどのように算出されていくのか?そして、それが茨城県の平均額と比較してどうなのか?という部分が気になりますよね。

ですから、この章では橋本産業の公式サイトに載っている料金を茨城県の平均的な料金と比較しながらご紹介します。

橋本産業(茨城)の電気料金を比較

橋本産業の電気料金プランは先述の通り橋本・マルハのe!でんきというブランドで販売しており、ENEOSでんきと連携しています。

茨城県は東京電力の供給エリアですので、東京電力で最も一般的なプランとされている従量電灯Bと橋本・マルハのe!でんきのプランを比較していきます。

対する橋本産業の料金プランは従量電灯BとENEOSでんきの「ENEOSでんき」Vプランで比較していきます。

※「ENEOSでんき」Vプランはセット契約しなくても、電気料金が安くなるお得なプランでもあります。

※「ENEOSでんき」に従量電灯B たっぷりプラン月額(kWh割プラン)というプランがありますが、こちらは全てにおいて東電と全く金額が変わりないので予め省略いたします。

LPガスの請求書や平均額の参照方法はコチラの記事をご参照ください。

基本料金の比較①

契約容量 東京電力(従量電灯B) 橋本産業(従量電灯B)
10A 280.80円 280.80円
15A 421.20円 421.20円
20A 561.60円 561.60円
30A 842.40円 817.13円(25.27円安い)
40A 1123.20円 1067.04円(56.16円安い)
50A 1404.00円 1333.80円(70.2円安い)
60A 1684.80円 1583.71円(101.09円安い)

引用元:東京電力エナジーパートナー公式サイト

引用元:橋本・マルハのe!でんき公式サイト

なんと!30~60Aの間での基本料金は、橋本・マルハのe!でんきの方が安い結果となりました。

あなた
最大で100円以上も安くなるのですね。
ということは、年間で1000円以上もお得になるということね!

基本料金の比較②

契約容量 東京電力(従量電灯B) 橋本産業(ENEOSでんきVプラン)
10A 280.80円 280.80円
15A 421.20円 421.20円
20A 561.60円 561.60円
30A 842.40円 842.40円
40A 1123.20円 11233.20円
50A 1404.00円 1404.00円
60A 1684.80円 1684.80円

引用元:東京電力エナジーパートナー公式サイト

引用元:ENEOSでんき(関東エリア)公式サイト

こちらでは、全て同じ金額設定でした。

電力量料金の比較①(従量電灯Bプラン)

区分 東京電力(1kWhあたりの単価) 橋本産業(1kWhあたりの単価)
最初の120kWhまで 19.52円 19.52円(10~20A)

18.85円(30A)(0.67円安い)

18.46円(40~50A)(1.06円安い)

18.26円(60A)(1.26円安い)

120kWh超え300kWhまで 26.00円 26.00円(10~20A)

25.13円(30A)(0.87円安い)

24.61円(40~50A)(1.39円安い)

24.36円(60A)(1.64円安い)

300kWh超過分 30.02円 30.02円(10~20A)

29.03円(30A)(0.99円安い)

28.43円(40A~50A)(1.59円安い)

28.13円(60A)(1.89円安い)

こちらも30~60Aからは安い結果となりました。

電気料金に関しては僅差ですが、橋本産業の方が安い結果となりました!

あなた
僅差ですけど、年間で使い続けて行けばその差は大きくなります!

電力量料金の比較②(ENEOSでんきVプラン)

区分 東京電力(1kWhあたりの単価) 橋本産業(1kwhあたりの単価)
最初の120kWhまで 19.52円 19.52円
120kWh超え300kWhまで 26.00円 24.09円(1.91円安い)
300kWh超過分 30.02円 25.75円(4.27円安い)
ENEOSでんきではアンペアに関係なく、120kWhを超えると安くなります。
あなた
こちらはアンペアを気にせず使用できるから、いいですね。
筆者
単価の違いで見ると少しの違いかもしれませんが、これを電力使用量でかけるとけっこうな数字になります。
(例)4.27円×300kWh=1280円
毎月の使用料が多いご家庭では、乗り換えを検討するのも良いかもしれませんね。
しかも!にねんおとく2割という割引があるので、こちらを利用するとさらに安くなります!
にねんおとく2割とは「ENEOSでんき」2年間以上利用することを約束した方で、申し込むと適用開始から2年間電気料金が割引されることです。
さらに、3年目以降は割引料金がさらに上がります。
※ただし「ENEOSでんき」Vプランの方限定の割引プランです。
ですので、長期的にたくさんの電気を使用する方にはENEOSでんきの方がお得となるでしょう!
ちなみに、家族の人数が増えるとこれだけ安くなるらしいです!
家族の人数 区分 1年間で安くなる金額
1人 200kWh 2310円
2~3人 300kWh 5470円
4人 400kWh 10210円
5人 500kWh 15570円

引用元:ENEOSでんき(関東エリア)公式サイト

※ただし、こちらはあくまでも予想です。

あなた
ここまで安くなるのなら、乗り換えちゃおうかしら。

橋本産業(茨城)のガス料金を比較

それらの参考価格と石油情報センターが出している、茨城県のプロパンガスの平均価格を比較してみましょう!

LPガスの請求書や平均額の参照方法はコチラをご参照ください。

ガス料金の比較

茨城県のLPガス平均額(税込み) 橋本産業標準額(税込み)
基本料金 1710円 1728円(18円高い)
5m3使用時 4522円 4644円(122円高い)
10m3使用時 7252円 7560円(308円高い)
20m3使用時 12454円 13176円(722円高い)

※引用元:石油情報センター(2019年2月データ)

※引用元:橋本産業公式サイト

橋本産業の方が高い結果となってしまいました…。

筆者
最大で年間8千円以上もの損になってしまいます!
ああ!なんと恐ろしいこと!
長年使用するガスなのに、年間8千円以上も損してしまうなんてショックですよね。

うわ!うちが他のガスに変えたらどのくらいお得になるのだろう…?と気になる方は、下記のサイトで無料10秒間のお見積もりができます。

プロパンガス自動料金診断を受けてみる

 

 

橋本産業(茨城)の口コミ・評判

橋本産業の口コミ・評判について、Twitter・Instagram・Yahoo!知恵袋、はてなブログ等でいろいろと検索してみましたが、残念ながらガス料金に関する口コミ評判はありませんでした

しかし、先ほどの結果から橋本産業の料金は高いことが分かりましたので、光熱費を節約のご検討中の方は、一度適正価格をお調べすることをオススメします。

ガスの請求書(検針票)にある情報を入力するとあなたのご自宅のプロパンガスの適正価格が見られるので、是非ご参照ください。

プロパンガス自動料金診断を受けてみる

 

橋本産業(茨城)の特徴

橋本産業は1948年4月に設立し、東京都台東区上野に本社を置きます。

また、橋本産業はマルハ産業株式会社マルハ運輸株式会社東北マルハ運輸株式会社に分かれ、各拠点に本社を置いています。

橋本産業は石油・ガス等のエネルギー事業だけでなく、家電製品食品等の様々な製品の販売から情報機器取り扱っているのです!!

家電製品ではシャープパナソニック等の製品を取り扱っており、食品ではキャノン丸大食品等の製品を取り扱っています。

また、情報機器では富士通NEC等の製品を主力としてとしてコンピュータOA等の販売及びネットワークシステムの構築等を行っています。

筆者
70年近くもやっていて、様々な製品の販売まで行うようにまで発展したんですね!
シャープ、パナソニック等、誰でも聞いたことがある超有名企業ですよね!!

橋本産業のメリット

様々なサービスを行っている

セット割引プランがある

LPガスを使用している方で、ENEOSでんきの使用も検討している方は電気代、ガス代ともに安くなる割引があります。

カードやギフト券等の特典がある

ENEOSでんきご利用の方向けで、多くの方が使用しているTカードのTポイントの付与があります。

ガス料金の仕組みが探しやすい

橋本産業のデメリット

プロパンガスの料金が平均と比較して高い

やはり、様々な製品や電気料金のサービスがあっても長年使用し続けるプロパンガスが高ければ、利用するデメリットとなってしまいますよね…。

電気料金・ガス料金以外のセット割引・特典がない

せっかく、様々なサービスを行っているのに、それらのサービスと連携させないのは勿体ないと思います。

 

まとめ

今回は橋本産業の電気料金とガス料金が茨城県の相場と比較してどうなのかについてご紹介しました。

結果として、橋本産業のLPガスは平均よりも高く、お得でもないということが分かりました。

ただし電気料金に関しては、電気を多く使用する家庭では安くなる可能性がありました。

毎日利用する電気やガスなので、両方セットでお得に使用したい!という方が多いと思います。

ですので、もっと安いプランを探したい!他社のプランを見て、今払っている価格が適当なのかちゃんと知りたい!というあなたは、一度お見積もりをオススメします。

プロパンガス自動料金診断を受けてみる