ガス代や電気代のみんなの節約方法紹介!ひとり暮らしなど人数別も

ガス代や電気代が予想以上に高くて悩んでいたりしませんか?

夏はエアコンや扇風機などを使い過ぎで電気料金の請求書を見てビックリ、冬はお風呂や温かい食事にガスを使い過ぎ請求書を見てビックリした経験はないでしょうか?

この記事ではみんなが実践している節約術をガス代、電気代に分けて、さらにひとり暮らしから3人暮らし以上に分けて紹介します。

いざ節約しようと思ってもなかなか始めるのは難しいかも知れませんが、簡単で必ず安くなる節約方法をご紹介しますので、実践すれば光熱費が目に見えて変化していきますよ。

 

ガス代や電気代は節約すれば意外と安くなる!

ガス代や電気代は変動費です、しかも一緒に暮らしている人数によっても違いますし、使い方によっても違いが出てきます。

節約術のアンケートを取ったところ、ガス代と電気代合わせて一ヶ月に平均で2千円以上の節約が出来る結果が出ました。

一番変わった方は8千円以上の節約が実践できた方もいらっしゃいます。

この一番、節約できた方は実に誰でもできる簡単な方法で結果を出していらっしゃいます。

これだけ効果があるなら是非試して見たいですよね、しかも簡単に出来るなら面倒臭くないですし、ふたり暮らし以上なら一緒に住んでいる方にも頼みやすいですね。

それでは、具体的な方法を見ていきましょう。

 

ガス代の節約術と料金の変化

ここでは、ガス代を節約する方法をひとり暮らしから3人暮らし以上に分けて紹介します。

今回の節約術はクラウドソーシングサービスを利用してアンケートを取り、当サイトで内容をまとめました。

全国の方が対象で男女、家族構成などバラバラですが生活に密着した生の声をお届けする事が出来ます。

ガスは平均で一ヶ月1千円以上、最高で8千円の節約出来ますので、他のみんなが行なっている節約術を参考にして見て下さい。

ひとり暮らしのガス代節約術

ひとり暮らしの節約術の特徴として料理にガスをなるべく使わない方法がありました。

そして、ひとり暮らしのガス代の平均金額は3,125円と言う結果になりました。

一番安い人で2,000円、一番高い人で6,000円で、オール電化なのでガスを使用しない方もいました。

一人暮らしのガス代の節約術

神奈川県:シセンさん(男性)
必要のない照明は点けないことをはじめ、こまめにコンセントを抜いています。洗濯機や電子レンジ、ドライヤー、炊飯器などは使っていないとき必ず外しています。またパソコンやルーターなどのコンセントは、タップを使って使っていないときはオフにしています。とにかく、こまめなオンオフを心掛け、節約しています。
(1ヶ月300円ほど安くなる)


石川県:じゅにぽさん(女性)
ジムに通っているので、お風呂はそこではいって、ガス代の節約。料理は電子レンジを使い、極力ガスコンロを使わないように。
(1ヶ月3000円ほど安くなる)


大阪府:dakuさん(男性)
ガス・電気会社を同じにする。暖房をすぐ使わず、厚着をしたり靴下をはく。湯で洗うと肌が荒れると考え、水で洗いものなどをする。


秋田県:へ~ちょむ~ちょさん(男性)
必要最小限の火力にする。煮沸の場合沸いたら早めに止めてポットに入れる。また必要な場合はポットのお湯を利用する。(当日中のものに限る)
自炊をしているが煮込み料理などの場合、電子レンジで予め予熱するなどして時間を減らす。
(1ヶ月300円ほど安くなる)


宮崎県:みはさん(女性)
私の場合ガス会社の基本料が高いということもありますが、それを知ってから、IHを使うようにして、出来るだけコストカットしています。
(1ヶ月1000ほど安くなる)


宮崎県:MONさん(女性)
シャワーを主に使って、湯船を使わないようにしています。煮物は圧力鍋など調理器具を使って調理時間を少なくしています。
(1ヶ月1000円ほど安くなる)

あと全てのご家庭に当てはまりますが、ガス料金の見直しをしてガス会社を変更したり、電気とセットにしたり、電気だけにしたという方もいます。

ひとり暮らしなので自分の好みで自由に決められますので、個性を活かした節約術を行うと毎日が楽しくなりそうですね。

ふたり暮らしのガス代節約術

ふたり暮らしでも気をつけるポイントは調理時と入浴に関する事でした。

そして、ふたり暮らしのガス代の平均金額は6,117円と言う結果になりました。

一番安い人で3,000円、一番高い人で15,000円と言う方もいました。

ふたり暮らしのガス代の節約術

岡山県:ななさん(女性)
ガスで野菜をゆでると時間がかかるので、電子レンジでチンしてから鍋にいれて、ガス代を節約しています。
(1ヶ月500円ほど安くなる)


石川県:たくやさん(男性)
お風呂が冷めてしまうとガス代が勿体ないですので家族続けて入るようにしています。
(1ヶ月500円ほど安くなる)


北海道:fuu15さん(女性)
お風呂の温度設定を気温の高い時に下げる。茶碗の洗い物は、風呂に入る前にシャワーから出るぬるま湯をバケツにとっておき、そのお湯で洗う、すすぎは水ですすぐ。
(1ヶ月1000円ほど安くなる)


愛知県:ガリバーさん(男性)
お風呂を沸かしたら直ぐに入る。1人が入ったあと、直ぐに2人目も入って追い炊きをしなくていいようにする。
(1ヶ月1500円ほど安くなる)


京都府:みさきさん(女性)
食器洗いや歯磨き、朝の洗顔などの時は冬でも水で洗い、お湯は使わないようにすること。
お風呂は2人で一緒に入って給湯時間を短くすること。
(1ヶ月1500円ほど安くなる)


北海道:kamimoto1970さん(女性)
私が実践しているガス代の節約術として、冬の暖房には「灯油」を使用することで節約しております。調理では「プロパンガス」を使用しておりますが、プロパンガスの方がどうしても割高となり、「調理」と「暖房」でガス代を使い分けております。また、お風呂を沸かす際のガス代につきまして、極力お風呂には一緒に入り、何度もお風呂を沸かさないようにしております。
(1ヶ月5000円ほど安くなる)

どうしても湯船に湯を張ると高くなるのでシャワーだけで済ませている方が多いようです。

3人暮らし以上のガス代節約術

家族が多くなるとガス代も高くなりますのでまとめて使用する方が多いようです。

そして、3人暮らし以上のガス代の平均金額は7,890円と言う結果になりました。

一番安い人で4,000円、一番高い人で23,349円でした。

3人暮らし以上のガス代の節約術

神奈川県:あかっちさん(男性)
家族が4人いるのですが、子供もまだ小さいのでなるべく全員一緒にお風呂に入るようにして、何度も沸かさなくてもいいようにしています。
また、シャンプーを流す時は湯船のお湯を使うようにしています。
(1ヶ月1500円ほど安くなる)


熊本県:たけしゃんさん(男性)
風呂は追い焚きしないよう、家族三人一緒に入る。湯をたくさんためずに済むよう、三人で湯船につかる。料理は温め直さなくて良いよう、食べる前に作る。
(1ヶ月1000円ほど安くなる)


熊本県:まいさん(女性)
ガスファンヒーターをやめてエアコンにする。お風呂は沸かしたらすぐに家族みんな順に入り、自動昨日を二時間以内に切る。真冬以外は洗面台や流し台のお湯は使用しない。
食事の支度も時短出来るように電子レンジなとを利用してさっと料理する。これだけで節約する前より月4000円ぐらい安くなりました。
(1ヶ月4000円ほど安くなる)


熊本県:ynfkh269さん(男性)
ガスコンロのみの使用で、ガスコンロの火が強くなり過ぎないように火を弱くしています。また、7~8年ごとに燃費のよい最新のガス器具へ変更することで消費量を抑えています。
(1ヶ月500円ほど安くなる)


熊本県:まえひろさん(女性)
お風呂に順に入れるよう皆んなが揃ってからお湯を溜め、追い焚きをしなくていいようにしています。
(1ヶ月1000円ほど安くなる)


埼玉県:なぎさん(女性)
料理するときに1回に大量に作り、何度もガスコンロを使わないようにしています。また基本的に朝ごはんは、ガスを使わないで電子レンジで温めるもので済ませます。例えばパン、フレーク等です。お風呂は夏場はシャワーのみにします。
(1ヶ月3000円ほど安くなる)


兵庫県:なおさん(女性)
プロパンなので割高。お風呂入る時は家族一気に入る、男子が多いのでシャワーは極力使わずお風呂のお湯でシャンプーするように気をつけてます。ガスコンロが古かったので、新しいのに変えたら少し変わったようにも思います。
(1ヶ月3000円ほど安くなる)

 

電気代の節約術と料金の変化

今度は電気代の節約方法について、ひとり暮らしから3人暮らし以上に分けて紹介します。

こちらも節約術はクラウドソーシングサービスを利用してアンケートを取り、当サイトで内容をまとめました。

電気代も調理やお風呂の使い方で節約できる方法があります、エアコンなど家電の使用方法を変えるだけでも効果があるそうです。

また家電に頼らない生活を送っている方もいますし、そもそもの電力会社を見直す方もいます。

電気は平均で一ヶ月1千円以上、最高で3千円の節約出来ますので、みんなさんが行なっている節約術を参考にして見て下さい。

ひとり暮らしの電気代節約術

北海道から宮崎県まで全国で共通しているのは、コンセントを使用していないときは必ず抜いておくようにしていることです。

そして、ひとり暮らしの電気代の平均金額は5,450円と言う結果になりました。

一番安い人で700円、一番高い人で17,000円と電気代では大きく差が出ていました。

ひとり暮らしの電気代の節約術

東京都:まーさん(女性)
案外トイレの電気をつけなくてもいけるので、トイレの電気はつけない。
早く寝る。ゆっくり湯船に入るときは電気はつけずにアロマキャンドルにしてみる。朝、日が昇っているなら電気はつけずに、日の光だけで準備をする。
(1ヶ月1000円ほど安くなる)


埼玉県:あんもかさん(女性)
テーブルの位置を外気の影響を受けにくい場所に置く(窓際は寒いから)エアコンは必ずタイマーを使う。設定温度 冬20度、夏28度
冬はできるだけ昼間に太陽光を取り入れて、暖房を入れない。電気は一か所のみ。移動したら、一か所消す
(1ヶ月1000円ほど安くなる)


埼玉県:あんもかさん(女性)
テーブルの位置を外気の影響を受けにくい場所に置く(窓際は寒いから)エアコンは必ずタイマーを使う。設定温度 冬20度、夏28度
冬はできるだけ昼間に太陽光を取り入れて、暖房を入れない。電気は一か所のみ。移動したら、一か所消す
(1ヶ月1000円ほど安くなる)


埼玉県:むむさん(女性)
ガスと電気をまとめました。ペットがいてなかなか暖房冷房は稼働状態ですが、使わない部屋の電気は消す、使わないコンセントは常に抜いてあります。
(1ヶ月1500円ほど安くなる)


神奈川県:MONさん(女性)
もとは40アンペアの契約を20アンペアに変更して、できるだけ一度に使う電気を少なくしています。また、電源を元から切る、コンセントを抜く、自分のいない部屋の照明は確実に消しています。暖房器具は、エアコンを低めの温度でつけ続けています。
(1ヶ月2000円ほど安くなる)


大阪府:まさん(女性)
電力会社を自分の生活にあったものに変える
(1ヶ月500円ほど安くなる)

ふたり暮らしの電気代節約術

ふたり暮らしでもコンセントをこまめに抜いて待機電力を消費させないようにしている方が多いです。

そして、ふたり暮らしの電気代の平均金額は7,880円と言う結果になりました。

一番安い人で2,000円、一番高い人で15,000円でした。

二人暮らしの電気代の節約術

神奈川県:キティさん(女性)
うちで使っているヒーターが、電気代が高くて冬だけとても電気代があがってしまいます。なので、エアコンに切り替えたりカーテンを厚手の物したり、部屋の加湿に気を使っています。
後はこまめに切ったり誰も居ない部屋の電気に気を使ったりしています。テレビはタイマーをセットしていて、旦那がよく消し忘れるのを自動で切れるようにしています。
(1ヶ月5000円ほど安くなる)


京都府:みさきさん(女性)
LEDに変える。エアコンは極力付けず、もうしても暑い夏は27度に設定して夜はタイマーをかけて付けっぱなしにしない。電子レンジ、炊飯器などのコンセントは毎回抜く。
(1ヶ月1500円ほど安くなる)


東京都:はろさん(女性)
待機電力の消費を抑えるために、使わない家電のコンセントを抜くこと。良く使用する電気はLEDへ変えること。
テレビを見ないときはスリープではなく、主電源を切ること。
(1ヶ月500円ほど安くなる)


大阪府:nagakumiさん(女性)
極力余計な電気をつけません(部屋の二重電気を1つしかつけない等)
(1ヶ月1000円ほど安くなる)


群馬県:りんさん(女性)
お風呂の追い焚きは、すると電気代がかかるため、沸いたら、すぐに家族全員入るように心がけています。IHでは、圧力鍋を使い、加熱時間を短く+余熱調理をするようにしています。
また、冷凍庫は常にいっぱいにして、無駄な冷気をためないようにしています。
(1ヶ月1000円ほど安くなる)


北海道:fuu15さん(女性)
人のいない所は居間でも電気を消す。100ワットの太陽光パネルを購入し、バッテリーにつないで発電している。40ワット位なら扇風機、スマホ、パソコンモバイルバッテリー、シェーバーの充電ができる。
(1ヶ月1000円ほど安くなる)

ふたり暮らしでは、一緒に行動する事が節約のポイントのようです、同じ部屋にいたり一緒にお風呂に入ったりして仲良く暮らすのが効果ありそうですね。

3人暮らし以上の電気代節約術

3人以上で暮らしている方は、主婦の方の力が大きいように感じます。

そして、3人暮らし以上の電気代の平均金額は12,606円と言う結果になりました。

一番安い人で4,500円、一番高い人で40,000円と言う方もいました。

3人暮らし以上の電気代の節約術

広島県:ゆーかさん(女性)
冬場の日中はなるべくエアコンをつけないようにしています。その分厚着したり、じっとしている時は電気毛布を膝掛けにしたりと、なるべく電力を使わないようにしています。
3人家族なのですが、お風呂は2時間以内に済ませること、洗濯や給湯器の脇上げは深夜電力を利用するようにしています。
料理にかかる電力は、例えば汁物や煮込み料理の場合、食材を入れて沸騰したらすぐにIHのスイッチを切り、鍋の蓋をするか保温袋に入れ、無駄な電力を使わないようにしています。
(1ヶ月2000円ほど安くなる)


鹿児島県:あいさん(女性)
他の電力会社に釣り節電の時間のプランにし電気代が2000円安くなった
(1ヶ月2000円ほど安くなる)


埼玉県:なぎさん(女性)
基本的に使わないコンセントは抜いておいたり、設定モードはエコモードにします。テレビはダラダラとつけず、見たいテレビのみつけておきます。古い冷蔵庫は電気代か余計にかかってしまうと聞いたため、新しく買い替えました。
(1ヶ月2000円ほど安くなる)


新潟県:紅乱さん(女性)
できるだけ家族で同じ部屋にいるようにして、夏は窓を開けて自然の風を取り入れてクーラーを使わないようにしています。冬場は毛布や厚手の靴下を活用し、厚着などをして暖房を極力使わないようにしています
(1ヶ月1000円ほど安くなる)


北海道:tomecanさん(男性)
電力の自由化で契約している電力会社を変えました。スマートメーターで使用料を明確に明示してくれるので電気料金を時系列でチェック出来ますし、請求内容も詳細に把握することが出来ます。次に冷蔵庫やTVを節電タイプに買い替えました。
(1ヶ月3000円ほど安くなる)


熊本県:iyasiさん(男性)
基本料金が、アンペアで変わるのでブレーカーが落ちない程度のアンペア数にしています。夏に電気代があがるので、一人で過ごす時はクーラーを使わずに、窓を開けて扇風機やシャワーで涼みます。
クーラーを使わない時は、クーラーはブレーカーから落とします。
(1ヶ月7000円ほど安くなる)


富山県:ことさん(女性)
夕方5時から翌朝8時までの電気料金が安いプランなので、夕方5時からお夕飯の用意を始めます。洗濯機は朝8時までに終わるように早めに回し始めます。
煮物や炒め物もある程度火が通ったら、余熱調理をします。あとは主電源から切ることもしています。
(1ヶ月2000円ほど安くなる)


埼玉県:まいさん(女性)
子供と主人が会社や学校に行ったらエアコンを切り、夏は水分補給と扇風機、冬は厚着とカイロで家事をする。
冷蔵庫は節電モードにし、冷凍庫は一杯に冷蔵庫は風通しよく収納する。
掃除機は2日に一回で、掃除機かけない日は水ふきをする。これだけで節電する前より月2000円ぐらい安いです。
(1ヶ月2000円ほど安くなる)

3人暮らしでの電気の節約ポイントは、なるべく電気を使用しない方法をとり、古い家電は節電できる家電に切り替え、電気の契約内容を見直すことがお得のようです。

 

電気やガスは会社を変えればお得に?

みなさんが実践している節約術でも登場しましたが、ガスや電力会社の見直しをして節約する方法もありました。

ガスも電力も自由化によって会社を選べる時代になりましたので、今の契約内容を確認して他の会社の料金プランを検討してみては如何でしょうか?

ガスと電気をセットで販売し割引やキャンペーンを行なっている会社もありますので、各会社のホームページや比較サイトなどで何処の会社がお得か算出して見るのも良いでしょう。

今現在、沢山の会社がガスと電気の自由化でセット販売を行っています。

自分や家族のライフスタイルに合ったプランがきっとあるはずですし、月千円以上の節約をした方はプランの変更や会社変更などを検討しています。

自由化で盛り上がっているこの機会に、節約方法の一つとしておすすめですよ。

 

まとめ

ガス代と電気代のみんなの節約方法について紹介しましたが如何でしょうか?

ひとり暮らしから3人以上で暮らしている方別に節約術を紹介してきましたが、それぞれの特徴が出ていたり、同じような節約術を行なったりしていましたね。

ひとり暮らしの方は、なるべく家で料理をしない、家でお風呂に入らないと言う自由で個性的な方もいました。

2人以上で暮らしている方は、料理は一度に大量にしたり、一緒にお風呂に入ったりしてガス代を節約し、同じ場所にいてエアコンなどの電化製品を一緒に使用する電気の節約をしていました。

どの家もガスも電気もなるべく使用を控え、元栓を閉める又はコンセントを抜くといった基本的な事をしていましたね。

大きく節約するとなると、ガスも電気もプランの変更又は会社の変更をすると長期に渡って節約が可能になります。

節約術を用いて、日々こまめに実行していくことと、ガスと電気会社の料金比較をする事をおすすめします。

最初はどれか一つでも良いので試して見ては如何でしょうか?