Eneでんきのメリット・デメリットを口コミ・評判から比較

電力自由化により、さまざまな電力会社が登場しています。しかしどの電力会社が一番お得なのかがわからず、困ってしまうことはありませんか?そんな電力会社の一つがEneでんきです。

「Eneでんきって電気代が安くなるのかな?」「Eneでんきって安心して使えるのかな?」と気になっている方に向けて、今回はEneでんきを徹底的に紹介します。

Eneでんきの料金設定や口コミ、評判などをチェックし、他社と比較してお得かどうかを確認していきましょう!

Eneでんきの特徴

Eneでんきとは、株式会社イーエムアイが提供する電力サービスです。東京に本社があり、新電力事業の他、受変電設備の24時間監視システムの販売や施工、一般電気工事、業務用パッケージエアコンの販売・施工、インターネット接続サービス事業などさまざまな事業を行っています。

電力の自由化が2016年に開始された後、新電力事業に参入し、Eneでんきをスタートさせました。安心、低価格な新電力サービスをモットーにしています。

Eneでんきの供給エリアは以下のようになっています。北海道や沖縄などEneでんきには切り替えられないエリアもあるため注意しましょう。

■東北エリア
青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、新潟県

■関東エリア
東京都、栃木県、埼玉県、神奈川県、静岡県の富士川以東、群馬県、茨城県、千葉県、山梨県

■北陸エリア
富山県、石川県、福井県(一部除く)、岐阜県(一部)

■中部エリア
長野県、岐阜県、静岡県の富士川以西、愛知県、三重県

■関西エリア
滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県、福井県(一部)、岐阜県(一部)、三重県(一部)、兵庫県(一部)

■中国エリア
鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、兵庫県(赤穂市福浦)、香川県(小豆郡,香川郡)、愛媛県(越智郡,今治市の一部)

■四国エリア
徳島県、高知県、香川県(一部除く)、愛媛県(一部除く)

■九州エリア
福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県

Eneでんきの料金プランまとめ

Eneでんきの料金プランについてまとめていきましょう。

Eneでんきの料金プランはまず、個人向けのファミリープランと企業向けのビジネスプランが用意されています。今回は個人向けのファミリープランを紹介していきます。

全国共通で必要となるのが契約事務手数料です。これは初回に必要なお金で、1契約につき3,780円かかります。契約期間は2年で自動更新されます。

ファミリープランの料金プランは地域によって異なります。まずはお住いの地域の料金プランを参照してください。

関東エリアと九州エリアには「PFプラン」があります。こちらは基本料金は同じで、300kWhを超えた時の電力量料金の単価が安くなるプランです。300kWhまでの料金はまったく同じですから、電気の使用量が多くなる方はこちらを選ぶと良いでしょう。

関西エリアには通常プランに加えて「ファミリープランNP」があります。こちらは最初の15 kWhまでの基本料金と、15 kWh超過120 kWhまでの単価が高い分、120 kWhを超えた時の単価が安くなるプランです。こちらも電気の使用量が多い方向けのプランとなっています。

その他の地域は、通常プランのみです。

■東北エリア
基本料金
区分
単位
金額
10A
1契約
259.20円
15 A
1契約
388.80円
20 A
1契約
518.40円
30 A
1契約
777.60円
40 A
1契約
1036.80円
50 A
1契約
1296.00円
60 A
1契約
1555.20円

電力量料金
区分
単位
単価
最初の120kWh
1 kWh
18.24円
120kWh超過300 kWhまで
1 kWh
24.87円
300 kWh超過分
1 kWh
28.75円
最低月額料金
1契約
257.04円

■関東エリア
基本料金
区分
単位
金額
10A
1契約
224.64円
15 A
1契約
336.96円
20 A
1契約
449.28円
30 A
1契約
673.92円
40 A
1契約
898.56円
50 A
1契約
1123.20円
60 A
1契約
1347.84円

電力量料金
区分
単位
単価
最初の120kWh
1 kWh
19.52円
120kWh超過300 kWhまで
1 kWh
26.00円
300 kWh超過分
1 kWh
30.02円
最低月額料金
1契約
231.55円

EneでんきPFプラン基本料金
区分
単位
金額
10A
1契約
224.64円
15 A
1契約
336.96円
20 A
1契約
449.28円
30 A
1契約
673.92円
40 A
1契約
898.56円
50 A
1契約
1123.20円
60 A
1契約
1347.84円

EneでんきPFプラン電力量料金
区分
単位
単価
最初の120kWh
1 kWh
19.52円
120kWh超過300 kWhまで
1 kWh
26.00円
300 kWh超過分
1 kWh
28.88円
最低月額料金
1契約
231.55円

■北陸エリア
基本料金
区分
単位
金額
10A
1契約
190.80円
15 A
1契約
285.12円
20 A
1契約
380.16円
30 A
1契約
570.24円
40 A
1契約
760.32円
50 A
1契約
950.40円
60 A
1契約
1140.48円

電力量料金
区分
単位
単価
最初の120kWh
1 kWh
17.52円
120kWh超過300 kWhまで
1 kWh
21.33円
300 kWh超過分
1 kWh
23.02円
最低月額料金
1契約
178.08円

■中部エリア
基本料金
区分
単位
金額
10A
1契約
224.64円
15 A
1契約
336.96円
20 A
1契約
449.28円
30 A
1契約
673.92円
40 A
1契約
868.56円
50 A
1契約
1123.20円
60 A
1契約
1347.84円

電力量料金
区分
単位
単価
最初の120kWh
1 kWh
20.68円
120kWh超過300 kWhまで
1 kWh
25.08円
300 kWh超過分
1 kWh
27.97円
最低月額料金
1契約
253.80円

■関西エリア
基本料金
区分
単位
金額
最初の15kWhまで
1契約
163.83円

電力量料金
区分
単位
単価
15kWh 超過120kWhまで
1 kWh
19.76円
120kWh超過300 kWhまで
1 kWh
26.19円
300 kWh超過分
1 kWh
29.94円

ファミリープランNP基本料金
区分
単位
金額
最初の15kWhまで
1契約
167.41円

ファミリープランNP 電力量料金
区分
単位
単価
15kWh 超過120kWhまで
1 kWh
19.95円
120kWh超過300 kWhまで
1 kWh
25.33円
300 kWh超過分
1 kWh
28.76円

■中国エリア

基本料金
区分
単位
金額
最初の15kWhまで
1契約
165.62円

電力量料金
区分
単位
単価
15kWh 超過120kWhまで
1 kWh
20.40円
120kWh超過300 kWhまで
1 kWh
26.96円
300 kWh超過分
1 kWh
29.04円

■四国エリア
基本料金
区分
単位
金額
最初の11kWhまで
1契約
201.96円

電力量料金
区分
単位
単価
11kWh 超過120kWhまで
1 kWh
20.00円
120kWh超過300 kWhまで
1 kWh
26.50円
300 kWh超過分
1 kWh
29.95円

■九州エリア

基本料金
区分
単位
金額
10A
1契約
233.28円
15 A
1契約
349.92円
20 A
1契約
466.56円
30 A
1契約
699.84円
40 A
1契約
933.12円
50 A
1契約
1166.40円
60 A
1契約
1399.68円

電力量料金
区分
単位
単価
最初の120kWh
1 kWh
17.14円
120kWh超過300 kWhまで
1 kWh
22.64円
300 kWh超過分
1 kWh
25.58円
最低月額料金
1契約
309.66円

EneでんきPFプラン基本料金
区分
単位
金額
10A
1契約
233.28円
15 A
1契約
349.92円
20 A
1契約
466.56円
30 A
1契約
699.84円
40 A
1契約
933.12円
50 A
1契約
1166.40円
60 A
1契約
1399.68円

EneでんきPFプラン電力量料金
区分
単位
単価
最初の120kWh
1 kWh
17.14円
120kWh超過300 kWhまで
1 kWh
22.64円
300 kWh超過分
1 kWh
23.80円
最低月額料金
1契約
309.66円

Eneでんきのガスとセットプラン

Eneでんきでは、ガスの料金自由化によりガスと電気のお得なセットプランを提案してもらうことも可能です。

セットプランでは、ガス料金がEneガスのみの場合と比べて0㎥~20㎥までの場合、基本料金が約30円安くなります。さらに契約事務手数料3,780円がガス会社分無料となりお得です。

Eneガスの提供エリアは関東と中部地方です。提供エリアにお住まいの方はガスと電気をまとめて切り替えるのもおすすめです。

Eneでんきのキャンペーン


Eneでんきでは2019年8月31日までの期間中、公式サイトからリンクされたキャンペーンページ内でNTTグループカードを新規申し込みすると毎月500円が1年間キャッシュバックされるキャンペーンを行っています。

条件はまず、キャンペーンページでNTTグループカードを新規申し込みします。カードが発行されたら、EneでんきやEneガス、Ene光の利用料金の支払い方法をNTTグループカードに設定するだけです。これで毎月500円を1年間、合計6,000円がキャッシュバックされます。

キャンペーンページからカードを新規申し込みしないと受けられないキャンペーンですから注意してください。

Eneでんき安心生活サポート

Eneでんきには「Eneでんき安心生活サポート」という月額500円のサービスがあります。

これは鍵をなくして家に入れない、電球が切れてしまったけど手が届かないから交換できない、など日常生活の突然のトラブルをサポートしてくれるサービスです。

サポートスタッフが直接訪問して対応してくれるので、困った時に頼りになります。月額500円で1カ月無料です。サービスに加入した方は、12カ月に1回まで無料でサポートしてもらえます。遠方に一人で暮らすご両親などすぐに駆け付けられない家族がいる方にもおすすめです。

Eneでんきのメリットとデメリット

Eneでんきを利用するメリットとデメリットについてまとめてみましょう。

Eneでんきのメリット

Eneでんきを利用するメリットは、電気料金が安くなることがある点です。

Eneでんきででは特に日中も電気を使うことが多い方、家族の多い家庭では削減につながりやすくなります。Eneでんきを実際に導入した方の事例では、4人家族で年間2.4万円や4.6万円電気代を削減できた例もあるとのこと。

ただし現在の料金プランや使用量によっては、金額が上がってしまう場合もあるため事前に料金シュミレーションを行うことが大切です。特にオール電化向けの料金プランを契約している方の場合は高くなることが多いため、必ず確認しておきましょう。

Eneでんきのデメリット

Eneでんきを利用するデメリットは、契約事務手数料がかかるという点です。

Eneでんきと新しく契約する場合、契約事務手数料として初年度に3,780円を支払わなくてはなりません。

Eneでんき以外のほとんどの電力会社では、契約事務手数料がかかることはないため、これは大きなデメリットとなります。

いくら電気料金が安くなったとしても、契約事務手数料がかかる分、初年度は割高になってしまうことがあるのです。特に一人暮らしであまり電気を使っていない方の場合、もともと電気料金が安く抑えられている方の場合は、契約事務手数料分を損してしまうのがデメリットです。契約は2年ですが更新費用はかからないため、長期間使い続ければペイできるとはいえ、最初の年に損してしまうのはデメリットになるでしょう。

Eneでんきの評判と口コミ調査

Eneでんきの評判と口コミを調査してみました。

「いいねでんき」と言うところから電話があり中部電力からのような言い方で「来月から20%安くなりますのでお電話しました」と。

15分後に担当から電話しますと言われ、誘導されているようで何があやしかったので考えますと電話切りましたが、結局契約すればという事をこちらから確認するまで言いませんでした。

いいね電気という会社から、中電の関連会社を装う電話があり、20%安くなるとの事で電話で、変えますと返答をしましたが、私的には書類が送られて来てから、契約書にサインしてからの変更だと思ってました。

ところが、署名の書類を送る前に勝手に電気が中電からいいね電気に移行してました。

いいね電気は評判も良く不満も聞こえてきません。それだけ、従来と同等で何不自由なく利用できているという事なのだと思います。

「いいねでんき」では、料金プランを比較した限り、大手よりも安く、他の新電力会社に比べても安かったと認識しています。

それと、「いいねでんき」の特徴として、再生可能エネルギーを安定的に供給しているという点が挙げられます。ロハスな生活を行っている私にとっては、知名度よりも環境にどう向き合っているかで興味を惹かれました。

Eneでんきの口コミで多く見られたのが「電話勧誘が多い」という点です。特に中部電力など電力会社の関連企業のように勘違いさせる電話が多いという点が気になりました。最初の説明が不十分だと、例え料金が安くなっても不信感を抱いてしまう方が多いのではないでしょうか。

Eneでんきを実際に使っている方の口コミとしては、料金が安くなったなどよいものも見られました。

Eneでんきと他のサービス比較

Eneでんきと他の電力サービスとの比較をしていきましょう。

Eneでんきと他のサービスの料金比較

Eneでんきは他の電力会社と比較しても、十分安いと言える金額になっています。ただし他の電力会社にはない契約事務手数料3,780円がかかります。初年度は契約事務手数料がかかることを考えると、少し割高になってしまうのです。

電力会社
100 kWh1人
20A)
200kWh(1~2人・30A)
300kWh(2~3人・20A)
400kWh(3~4人・40A)
Eneでんき(関東)
2401.28
5096.32
7696.32
10922.96
東京電力
2513.6
5264.8
7864.8
11147.6
あしたでんき(東京
2550
5100
7650
10200
Looopでんき(東京)
2600
5200
7800
10400
楽天でんき(東京)
2600
5200
7800
10400
ソフトバンクでんき(東京)
2494.6
5365.2
8119.2
11372
ENEOSでんき(関東)
2513.6
5112
7521
10376.8

Eneでんきと他のサービスの口コミ・評判比較

Eneでんきと他のサービスの口コミ、評判を比較してみました。

Eneでんきの口コミで多く見られた電話勧誘の多さは、あしたでんき、Looopでんきなどでは見られませんでした。

またやはり契約事務手数料がかかる点をデメリットとして挙げている方が多くみられました。

電気代を安くするための電力会社の選び方

電気代を安くするために電力会社を選ぶときは、まずは事前の料金シュミレーションが大切です。

現在の電気の使用量やプランによっては、電力会社を変えてしまうと割高になってしまうことがあります。特にオール電化プランを利用している方は割高になる可能性がありますから、注意しましょう。

料金シュミレーションだけでなく、契約事務手数料や解約手数料についても確認が必要です。毎月の料金が下がったとしても、合計すると割高になることがあります。必要な手数料があるかどうか、契約前に必ず確認しておいてください。

まとめ

Eneでんきの料金プランや評判について紹介しました。

Eneでんきは料金プランは安く設定されていますが、やはり契約事務手数料がかかることがネックです。毎月の料金が下がったとしても、その分を取り戻すのには時間がかかってしまうからです。

他の電気会社と比較する時は、手数料も頭に入れて計算しておくと損しません。

事前の料金シュミレーションや手数料確認で、よりお得な電気会社を選んでくださいね。