エネチェンジはお得?キャンペーンや利用者の評判を詳しく解説

「電力自由化と聞くけれど、どのようにして電力会社を変更すればよいのか分からない」と悩む人はいるはず。電力・ガス会社を選べるようになった今では、ライフスタイルに合ったプランを申し込むことが重要です。

現在ではさまざまな電力・ガス会社が存在していて、会社を効率的に比較できるサイト「エネチェンジ」を使うことがオススメ。お得なキャンペーンや利用者の評判など、エネチェンジについて解説します。

エネチェンジとは

あなたが電力・ガス会社を切り替えることで、節約できるかどうかを確認できるのがエネチェンジです。公式サイトで見積もると最適なプランが表示されて、スムーズに契約会社を変更できます。

エネチェンジは2015年4月に設立されたENECHANGE株式会社によりサービスが運用されているもの。スマホ代を見直せるSIMチェンジも同じ会社が経営していて、株主には日立製作所や住友商事などが存在します。

日経マネーやヒルナンデスといったメディアでエネチェンジは取り上げられていて、ある程度の信頼性があることが特徴。ネットには多数の口コミがあり、利用者が多いことを推測できます。

あなたがエネチェンジを利用することで電力・ガス会社を見直せて、より良い会社があればスムーズに切り替えることが可能です。電気・ガスの利用状況やライフスタイルから適切なプランを紹介してくれます。

サービスの利用方法

サービスを利用するにはまず、エネチェンジの公式サイトにPCやスマホからアクセス。公式サイトを開くと料金を見直したい分野と郵便番号、世帯人数を入力する項目が現れます。

自宅の郵便番号や家族の人数を記入することで、実際に電気やガス料金を会社ごとに比較できるもの。複数の電力・ガス会社から料金やキャンペーンなどを比較して、最適なプランを検討しましょう。

もし細かい条件でプランを探すのであれば、「条件を変更する」というボタンをタップして条件をすることがオススメ。利用状況や料金を入力することで、プランを比較しやすくなります。

利用状況やライフスタイルにあったプランがあれば、エネチェンジからそのまま申し込みましょう。サイト内で個人情報を入力して申し込むことで、そのまま契約会社を切り替えられます。

対応しているエリア

エネチェンジには北海道の電力会社から沖縄の電力会社まで掲載されているため、電気代の見直しや契約会社の切り替えであれば日本全国のエリアに対応しています。

また対応しているエリアであれば都市ガス、非対応であればLPガスを見直すことも可能です。LPガスはエネチェンジ公式サイトではなくエネピにより料金プランを切り替えられます。

もし引越し先で任意の電力会社と契約したい場合は、引っ越す前にエネチェンジで電力会社に申し込めます。「引越し先での電気の手続き」でプランを検討することで効率的に電力会社を切り替えられるでしょう。

注意すべきポイントは引越し前に手続きを済ませないと、引越し先で電気が使えなくなる場合があること。また引越し間際になると契約できないプランが出てくるため、余裕をもって手続きすることがオススメです。

利用するメリット

あなたがエネチェンジを利用するメリットは簡単にプランを比較できて、サイトからすぐに申し込めることです。利用者からの口コミにより使い勝手を改善しているため、誰でもスムーズに手続きを進められます。

また電力やガスの切り替え時にエネチェンジのスタッフと無料で相談できるから、疑問や悩みがあったときでも安心です。電話やメールで自分が知りたいことを手軽に問い合わせられます。

切り替え先の電力会社が今まで使っていた電力会社に対して解約手続きしてくれるから、自分で解約しなくて済むのもメリットです。エネチェンジに申し込むだけで自動的に料金プランが切り替わります。

自分で電力会社に直接申し込むのとエネチェンジで申し込むのではスケジュールが変わらず、基本的に切り替えが長引くことはありません。エネチェンジ限定のキャンペーンがあるから、電力会社に直接申し込むよりもお得ですね。

利用するデメリット

エネチェンジに掲載されている電力会社には違約金や請求書の有料化などのデメリットがあります。例えば1年以内に契約を解除した場合、決められた違約金を徴収されてしまうのです。

大半の電力会社では違約金を2,000円程度に設定していますが、中には1万円以上の金額を請求する業者も存在します。契約プランをよく確認して、どれくらいの違約金が発生するのかチェックしておくと良いですね。

また毎月に使用した電力量と料金などが記載される紙の検針票が有料になるケースもあります。電力を切り替えることで料金が安くなる代わりに、無料のサービスが有料化するのはよくあること。

多くの電力会社ではネットで料金などを確認できるようシステムを提供しています。紙の請求書が欲しい人は電力会社の料金確認画面を印刷するか、手数料を支払うことが必要です。

エネチェンジのキャンペーン

エネチェンジにより申し込める電力会社ではさまざまなキャンペーンを実施しています。2019年6月現在に開催しているキャンペーンの一例は次の3つです。

● Looopでんき
● レモンガス
● HTBエナジー

電力・ガスを切り替えることでどれくらいお得なのか、それぞれのキャンペーンについて詳しく解説します。

Looopでんき

Looopでんきは個人や法人が基本料金なしで電気プランを契約できるサービスです。エネチェンジを経由してLooopでんきに切り替えることで、3,000円分のAmazonギフト券が提供されます。

キャンペーンの適用条件は2019年の6月17日から7月16日までに、キャンペーン対象のプランを申し込むこと。申し込んだ後に切り替えが完了して、電気を使い始めることが必要です。

もしLooopでんきを契約して電気を使い始めてから6ヶ月以内に解約した場合、キャンペーンが適用されないため注意しましょう。また既にLooopでんきの対象プランを使っている人はキャンペーンの対象外です。

電気の使用開始日から6~8ヶ月後に特典を受け取るためのメールがエネチェンジから届きます。案内メールに従って手続きすることでAmazonギフト券を受け取れる仕組みです。

レモンガス

首都圏にLPガスや都市ガスを提供しているブランドがレモンガスです。エネチェンジでレモンガスの都市ガス料金プランであるわくわくプランを申し込むことで、請求額から最大3,000円の割引を受けられます。

キャンペーンの適用条件は2019年6月1日から8月31日までにエネチェンジで対象プランに申込み、ガスを使い始めてから3ヶ月目の月末までにガス料金の支払い手続きを済ませておくこと。

適用条件を満たすことで、レモンガスの供給開始月を含む4ヶ月目の請求額が割引されます。もしガス料金が3,000円に満たない場合は請求額が割引の条件となる仕組みです。

東京ガスの提供エリアでのみ申込みが可能であり、その他の地域では申し込めないため注意しましょう。レモンガスは解約手数料や違約金がないため、特典を受けてから再度切り替えることも可能です。

HTBエナジー

旅行会社として有名なエイチ・アイ・エスの子会社であるのがHTBエナジーです。キャンペーン期間中にエネチェンジでHTBエナジーの「たのしいでんき」に申し込むことで、500円分のAmazonギフト券を受け取れます。

キャンペーンの適用条件は2019年6月17日から7月16日までに対象プランにエネチェンジで申し込み、電気の利用を始めること。電力が供給されてから6ヶ月以内に解約するとキャンペーンが適用されないため注意しましょう。

電気の供給開始日から6~8ヶ月後にキャンペーンの特典メールがエネチェンジから送られます。特典メールに従って手続きを進めることで、Amazonギフト券を受け取れる仕組みです。

「たのしいでんき」には複数のプランがあり、特定の時間帯における電力料金が無料になるプランも存在します。ライフスタイルに最適なプランを選ぶことで、あなたの電気代をより安くできるでしょう。

電気代を見直せる競合比較サイト

「エネチェンジ以外にも電気代を比較できるサイトはないのか気になる」と思う人はいるかもしれません。ユーザーから人気の電気代比較サイトはエネチェンジの他に2つあります。

● タイナビスイッチ
● 価格.com 電気料金比較

どのようなサービスであるのか、それぞれの比較サイトを知っておきましょう。

タイナビスイッチ

お住まいの地域や利用状況から最適なプランを探せるのがタイナビスイッチです。郵便番号や世帯人数、在宅状況などを入力することで、電気代を節約できるプランを紹介してくれます。

タイナビスイッチは電気代を比較するときにエネチェンジにアクセスするため、利用者は実質的にエネチェンジと同じサービスを利用する仕組みです。

価格.com 電気料金比較

郵便番号と世帯人数を入力するだけで最適なプランを探せるのが価格.comの電気料金比較。気に入ったプランがあればネットで直接申し込めて、電力会社が代行して手続きしてくれるメリットがあります。

また価格.comを経由して電力会社に申し込んだ場合、公式キャンペーンに追加で価格.com限定の特典が適用されることがあります。

エネチェンジと価格.comで比較してみて、より特典が多い比較サイトで申し込むことがオススメです。

エネチェンジの評判

「エネチェンジを使ってみたいけど、騙されそうで不安」と思う人はいるかもしれません。電力・ガス料金の比較サイトには悪質なサービスもあり、信頼性が気になる方は多くいるでしょう。

気になるエネチェンジの信頼性を確かめるには、利用者の口コミやレビューを見ることがオススメです。エネチェンジに対する利用者のよい口コミと悪い口コミについて詳しく紹介します。

利用者からのよい口コミ

エネチェンジを実際に利用した人の中には、以下のような内容をSNSなどで発信しています。

● エネチェンジで基本料金無料プランにしたらキャッシュバックが高かった

● エネチェンジで契約した電力会社から6,000円分の大きい特典を貰えた

● 試しに料金を見直したらあまり電気を使わない我が家でも安くなりそう

「公式サイトで問題なく申し込めて、キャンペーンを受け取れる」という口コミがあり、利用しても騙される可能性は少ないです。

また「テレビで紹介されたときにエネチェンジの公式サイトにアクセスしにくくなった」という口コミもあり、多くの利用者が存在することを推測できます。他にも利用者がいればサービスを使うハードルは低くなるはず。

利用者からの悪い口コミ

キャンペーンや料金に対してよい口コミを書く人がいる一方で、エネチェンジに対して悪い口コミを発信する利用者もいます。例えばSNSでエネチェンジの悪い部分を以下のように発信されているのです。

● エネチェンジは中抜き業者であり、直接大手の会社に割引を依頼したほうが良い

● 一番安いプランを申し込もうとしたら、ネットとセットで契約する必要があった

エネチェンジは複数の電力・ガス会社を仲介して紹介するため、直接契約するよりもお得でない場合があります。特典を重視する人はエネチェンジで見積もりをした後にその会社の公式サイトを確認することがオススメです。

電力・ガス会社の公式サイトまたはエネチェンジの2つの選択肢を知っておくことで、よりお得に電気やガスを切り替えられます。

注目されているプロパンガス料金比較サイト

「都市ガスに対応していないからプロパンガスの比較サイトで検討したい」と思う人は多くいるはず。ネットユーザーから注目されているプロパンガス料金比較サイトは以下の3つです。

● エネピ
● ガス屋の窓口
● プロパンガス消費者協会

なぜこれらのサービスが注目されているのか、それぞれ詳しく紹介します。

エネピ

プロパンガスの料金を比較して、ガス代をもっと安くできる比較サイトがエネピです。公式サイトでプロパンガス料金をシミュレーションできて、お得なガス会社に無料で切り替えられるのがメリットです。

ガス会社の仲介手数料は無料であり、今まで使っていたガス会社に解約手続きする必要はありません。また一部のプランにはエネピ紹介特典が付与されます。

ガス屋の窓口

ガス屋の窓口はあなたがお住まいの地域における最安のガス料金を案内してくれる比較サイトです。無料でガス会社の変更や相談に対応してくれるから、無駄な手数料を支払わずに済むのがメリット。

ガス会社を変更すると後になって料金が高くなる場合がありますが、ガス屋の窓口ならあんしん保証があるから問題ありません。利用者に対するガス料金をガス屋の窓口が監視してくれます。

もし料金が不当に値上がりすれば、ガス屋の窓口が値上げをやめるよう通告してくれるのがポイント。また正当な理由によりガス料金が値上がった場合、1年間の返金保証サービスを受けられます。

プロパンガス消費者協会

プロパンガス料金をネットや電話で相談できて、より安いガス会社に変更できるのがプロパンガス消費者協会です。エリアごとに適正価格が記載されているから、自分が利用しているガス会社が割高かどうかチェックできます。

プロパンガス消費者協会を経由してガス会社を切り替えた場合、不当な値上げを防ぐガス料金見守り保証が適用されます。保証の料金は無料であり、いつまでも保証が続くところがメリットです。

まとめ

自分が今使っている電気・ガス会社を見直して、よりお得な会社に切り替えられるのがエネチェンジです。独自のキャンペーンがあるから直接契約するよりも、エネチェンジで契約するほうがお得な場合があります。

光熱費が高くて悩んでいる人は、エネチェンジで電気代やガス代を見直してみましょう。