中部電力の電気料金は高い?一番お得な電力会社を徹底比較

東京、そして関西に匹敵する大きなエリアとして中部地方があります。東海地方とも呼ばれることがありますが、その中心都市となるのが愛知県であり、世界的な自動車メーカーも名を連ねているなど、その重要性は年々ましている印象があります。

その中部地方に安定して電力供給しているのが中部電力です。長い間中部地方において電力供給していたわけですが、電力自由化の流れによって新しい電力会社が続々と参入しており、価格的にも決して安くない状況となっています。

では、中部電力の電気料金は本当に高いものなのでしょうか?ここでは、中部電力の電気料金プランや他の電力会社と比較していきます。

中部電力の電気料金情報まとめ

中部電力についてより詳しく解説すると、愛知県、長野県、岐阜県、三重県、静岡県をエリアとしている電力会社です。長野県が入っているというのが少しユニークですが、幅広いエリアをカバーしているという特徴があります。

略称は中電であり一般に中部地方で「中電」と言えば中部電力を連想できます。但し、中国地方を事業地域とする中国電力が存在しており、当該地域地域においては中電と呼ばれているので、両者の混同を防止するために株式市場では中部電と呼ばれています。

コーポレートスローガンは「時代の先へ。ひとりのそばへ。」となっており、常に新しいことにチャレンジしようとする姿勢が見て取れます。また、東邦瓦斯、名古屋鉄道、松坂屋とともに名古屋の有力企業四摂家の1社としても有名です。

歴史を紐解くと、大正末期から昭和初期において多治見市および岡崎市に中部電力が存在していました。ただ、後に東邦電力に合併されていますが、まだこの時点では中部電力と直接的な関係はない状況でした。

1951年5月1日、 松永安左エ門氏がGHQへの説得によって国会決議より効力が強いGHQポツダム政令をベースとして、戦時統合によって発足した中部配電の配電部門、日本発送電の発電・送電部門を再編成して、発電から配電までの電力一貫管理会社という形で誕生しました。

2016年現在、中部電力は211箇所、3,313万8,330kWの発電能力を有しています。主な発電における施設は以下のようになっています。

水力発電所
・畑薙第一発電所
・畑薙第二発電所
・井川発電所
・奥泉発電所
・大井川発電所 ダム水路式
・川口発電所
・泰阜発電所
・平岡発電所
・奥矢作第一発電所
・奥矢作第二発電所
・矢作第一発電所
・高根第一発電所
・馬瀬川第一発電所
・馬瀬川第二発電所
・新上麻生発電所
・奥美濃発電所 ダム式
・横山発電所
・徳山発電所

内燃力発電所
・神島発電所

原子力発電所
・浜岡原子力発電所

新エネルギー
・御前崎風力発電所
・メガソーラーいいだ
・メガソーラーしみず
・メガソーラーかわごえ

関連会社運営
・ウインドパーク久居榊原 風力発電
・ウインドパーク美里
・ウインドパーク笠取
・ソーラーファームとよはし
・ソーラーパークひちそう
・ソーラーパークしまだ
・ソーラーパークかいづ
・ソーラーパークすずか
・ソーラーパークおとわ
・ソーラーパークしおみ
・ソーラーパーク新舞子

特筆すべきは、現時点では火力発電が一基もないという点があります。また、原子力発電所も1箇所しかないのですが、そのかわりに新エネルギーに積極的に取り組んでいる印象があります。

関連会社を含めて、メガソーラーを多く抱えて、エコに配慮した発電を実施しているのが良いですね。

中部電力の電気料金推移

中部電力では、時代の流れに則して電気料金を決定しています。過去の主な電気料金の推移は以下のようになっています。
改定時期
改定率
改定の経緯
1951年8月13日
平均30.1%
物価上昇および第1次資産再評価実施による資本費増加のため
1952年5月11日
平均28.0%
物価上昇および第2次資産再評価実施による資本費増加のため
1954年10月1日
平均11.2%
電源開発および第3次資産再評価実施による資本費増加のため
1965年4月1日
7.89%
電源開発に伴う資本費増加および燃料費増大のため
1974年6月1日
平均56.82%
燃料費の高騰・環境対策費および電力供給設備拡充に伴う資本費の増大、諸物価の高騰
1976年8月31日
22.47%
燃料費の高騰および諸物価高騰に伴う資本費の増大
1980年4月1日
平均50.83%
燃料費高騰および資本費増大
1988年1月1日
▲17.83%
燃料費の低減
1989年4月1日
▲2.96%
消費税の導入にあわせて原価補正
1996年1月1日
▲6.29%
経営効率化の実績・見込による原価の低減
1998年2月10日
▲4.67%
経営効率化の実績・見込による原価の低減
2000年10月1日
▲5.42%
経営効率化の実績・見込による原価の低減
2002年9月1日
▲6.18%
経営効率化の実績・見込による原価の低減
2005年1月1日
▲5.94%
経営効率化の実績・見込による原価の低減
2006年4月1日
▲3.79%
経営効率化の実績・見込による原価の低減
2008年4月1日

原子力発電所の停止等に伴う燃料費の増加
2014年5月1日
3.77%
原子力発電所の停止等に伴う燃料費の増加

中部電力の値上げは原発停止が理由?

中部電力の価格変動の歴史を見ると、他の電力会社と同様に平成に入ってずっと値下げが続いていました。これは、経営効率化の実績・見込による原価の低減が大きな理由なのですが、2011年に発生した東日本大震災の影響を受けて状況が一変します。

中部電力では、浜岡原子力発電所を抱えているのですが東海地震の予想震源域のほぼ中央にあって、しかも活断層が直下にあるという説まで発表されています。更に、トラブルが多発していることもあって耐震性の不足が懸念されています。

他にも、以前は高さ10m~15mの砂丘で高さ8mの津波を防ぐ想定を行っていましたが、2011年3月16日に2、3年以内に地上高4mほどの防波壁を作る計画が発表しています。また、2012年4月に海抜15mへの変更を決定しましたが、7月22日に発表された新策定においては地上高は海抜18mへとさらに引き上げられています。

2011年5月6日には、当時の内閣総理大臣であった菅直人氏が全原子炉の運転停止を経済産業大臣の海江田万里を通じて要請しました。これに対して、中部電力は現在運転中の4号機、5号機を停止する決定し、また、定期検査から停止したままであった3号機も当面運転再開を見送ることを決定しています。

これによって、2014年5月1日には3.77%の値上げを断行していますが、他エリアの電力会社と比較して値上げ幅は少ないものとなっています。

中部電力の電気料金確認と計算方法

中部電力では、電気料金は基本料金、電力量料金、再生可能エネルギー発電促進賦課金の合計額で算出しています。基本料金は、契約電流(アンペア)または契約電力(キロワット)によって変動するようになっています。

電力量料金は使用電力量によって算出でき、燃料費調整額を燃料費の変動に応じて加算あるいは差し引かれます。具体的な計算式は、以下のようになっています。

電気料金 = 基本料金 + (電力量料金単価 × 一ヶ月の使用電気量) ± (燃料費調整単価 × 一ヶ月の使用電気量) + (再生可能エネルギー発電促進賦課金 × 一ヶ月の使用電気量)

実際に請求される金額については検針票で確認することができます。また、電気メーターまたはスマートメーターの数値を確認して自分で算出する方法もあります。

他では、中部電力のホームページで会員登録することでWeb上で料金を確認する方法もあります。

中部電力の電気料金プラン一覧

中部電力では、利用者のニーズに応じて様々な料金プランが用意されています。自分に似合ったプランを適用することで、よりお得に電気を利用することができます。

中部電力では、主に以下のようなプランが用意されています。
・ポイントプラン
・おとくプラン
・とくとくプラン
・暮らしサポートセット
・スマートライフプラン
・従量電灯A・B・C

では、それぞれにどのような特徴があるのでしょうか?

ポイントプラン

ポイントプランは、契約電流が10A~30Aの電灯契約の方を対象としているプランであり、2年間の継続利用が加入条件となっています。よって、簡単に次に乗り換えることができない半面、よりお得感が強いプランでもあります。
種類・区分
単位
料金単価
基本料金
10A
ひと月につき
280円80銭
15A
ひと月につき
421円20銭
20A
ひと月につき
561円60銭
30A
ひと月につき
842円40銭
電力量料金
最初の120kWhまで
1kWhにつき
20円68銭
120kWhをこえ300kWhまで
1kWhにつき
25円08銭
300kWhをこえる
1kWhにつき
27円97銭
最低月額料金
ひと月1契約につき
253円80銭

また、カテエネポイントを電気料金のお支払いに利用できます。カテエネポイントとは、電気料金の支払い200円あたり1ポイント獲得できるポイント制度で、他にもコラムをチェックしたりカテエネを経由して楽天市場などのショッピングサイトを利用することでも貯めることができます。

おとくプラン

お得プランは、契約電流が40A~60Aまたは契約容量が6kVAの電灯契約の方が対象となるプランです。また、2年間の継続利用が加入条件となっています。

カテエネポイントを電気料金に使用できますし、また毎月カテエネポイントを150Pプレゼント、または現在の料金メニューから毎月150円割引するサービスがあります。

もしカテエネ会員でない場合でも、毎月の電気料金から100円割引を受けることができます。
区分
単位
料金単価
基本料金
契約電流 40A
ひと月につき
1,123円20円
契約電流 50A
ひと月につき
1,404円00円
契約電流 60A
ひと月につき
1,684円80円
契約容量6kVA
ひと月につき
1,684円80円
電力量料金
最初の120kWhまで
1kWhにつき
20円68円
120kWhをこえ300kWhまで
1kWhにつき
25円08円
300kWhをこえる
1kWhにつき
27円97円
特典
カテエネ会員の場合
ひと月につき
150ポイントプレゼント
または150円割引
カテエネ会員でない場合
ひと月につき
100円割引

とくとくプラン

とくとくプランは、契約容量が7kVA以上の電灯契約で2年以上の継続利用が条件となるプランです。カテエネポイントを電気料金のお支払いに利用できますし、カテエネ会員の方は毎月カテエネポイントを150Pプレゼント、または150円割引され、カテエネ会員でない場合も毎月100円割引されます。

更に、現在の料金メニューと比較して120kWhまでの電力量料金単価を0.5円/kWh引き上げられますが、300kWhをこえる電力量料金単価を1.4円/kWh引き下げるのが魅力的です。
区分
単位
料金単価
基本料金
ひと月1kVAにつき
280円80銭
電力量料金
最初の120kWhまで
1kWhにつき
21円18銭
120kWhをこえ300kWhまで
1kWhにつき
25円08銭
300kWhをこえる
1kWhにつき
26円57銭
特典
カテエネ会員の場合
ひと月につき
150ポイントプレゼント
または150円割引
カテエネ会員でない場合
ひと月につき
100円割引

暮らしサポートセット

暮らしサポートセットは、日々の生活で発生しがちなトラブル時に手厚いサポートを受けることができるプランです。電気料金に300円を加算するだけで、60分以内までの駆け付けサービスを無料で利用できます。

他にも、専門家による各トラブルの相談サービスがあったり、中電暮らサポクラブオフと呼ばれる福利厚生サービスもありますので、より生活を豊かにすることができます。

スマートライフプラン

スマートライフプランは、電灯契約をされている方が利用できるプランです。お得に電気を使用できるナイトタイムを8時間から10時間に拡大でき、またライフスタイルに合わせてナイトタイムを以下の3つのパターンから選択可能です。
スマートライフプランのナイトタイム
22時~翌8時
スマートライフプラン(朝とく)のナイトタイム
23時~翌9時
スマートライフプラン(夜とく)のナイトタイム
21時~翌7時

更に、午前中の@ホームタイムを、10時まで拡大することもできるお得なプランです。
区分
単位
料金単価
基本料金
契約容量10kVAまで
ひと月1契約につき
1,460円00銭
契約容量10kVAをこえる
ひと月1kVAにつき
280円80銭
電力量料金
デイタイム
1kWhにつき
38円00銭
@ホームタイム
1kWhにつき
28円00銭
ナイトタイム
1kWhにつき
16円00銭

従量電灯A・B・C

他の電力会社でもあるスタンダードなプランですが、従量電灯B・Cの場合は電力量料金単価は使用量に応じて3段階に分離されます。ひと月のご使用量が120kWhまでは安めの料金で、超えて300kWhまでは平均的な料金、300kWhを超えた使用量は高めの料金となります。
従量電灯A
区分
単位
料金単価
最低料金(最初の8kWhまで)
ひと月1契約につき
253円80銭
電力量料金(8kWhをこえる)
1kWhにつき
20円68銭

従量電灯B
区分
単位
料金単価
基本料金
契約電流 10A
ひと月につき
280円80銭
契約電流 15A
ひと月につき
421円20銭
契約電流 20A
ひと月につき
561円60銭
契約電流 30A
ひと月につき
842円40銭
契約電流 40A
ひと月につき
1,123円20銭
契約電流 50A
ひと月につき
1,404円00銭
契約電流 60A
ひと月につき
1,684円80銭
電力量料金
最初の120kWhまで
1kWhにつき
20円68銭
120kWhをこえ300kWhまで
1kWhにつき
25円08銭
300kWhをこえる
1kWhにつき
27円97銭
最低月額料金
ひと月1契約につき
253円80銭

従量電灯C
区分
単位
料金単価
基本料金
ひと月1kVAにつき
280円80銭
電力量料金
最初の120kWhまで
1kWhにつき
20円68銭
120kWhをこえ300kWhまで
1kWhにつき
25円08銭
300kWhをこえる
1kWhにつき
27円97銭

その他のプランまとめ

中部電力では、他にも以下のプランがありますが一部は新規加入が終了しています。
・Eライフプラン(3時間帯別電灯)…契約容量が50kVA未満で、かつデイタイム以外の時間帯への負荷移行が可能な方が利用できるプラン
・タイムプラン(時間帯別電灯)…契約容量が50kVA未満で、デイタイムからナイトタイムへの負荷移行が可能な方が利用できるプラン
・ピークシフト電灯…契約容量50kVA未満で、かつ、ピークタイム以外の時間帯への負荷移行が可能な方が利用できるプラン
・低圧深夜電力A・B…低圧深夜電力Aは契約電力が0.5Kw、低圧深夜電力Bは契約電力が1kW以上50kW未満の方が利用できるプラン
・わくわくホット(沸増型電気温水器契約)…沸増型電気温水器をご使用で、契約容量が50kVA未満の方が利用できるプラン
・第2深夜電力…契約電力が50kW未満の方が利用できるプラン
・定額電灯
・公衆街路灯A・B
・臨時電灯A・B・C 臨時電力

中部電力の電気料金は高い?他の会社と徹底比較

中部電力の料金を同エリアにある電力会社と比較した場合、高いというのが実情です。ただ、実際にどの程度高いものなのかを把握しておかないと、乗り換えても損する場合もあります。

ここでは、具体的にどの程度料金さがあるのかについて解説します。

中部電力と他の電力会社の料金比較

中部電力エリアには、多くの電力会社があるので自分に似合った会社を選びやすいのが魅力的です。その中で、特に以下の電力会社がおすすめです。
・Looopでんき
・ピタでん
・あしたでんき

中部電力と従量電灯プランで比較した場合、次のような違いがあります。
アンペア容量
中部電力
従量電灯B
Looopでんき
おうちプラン
ピタでん
ピタでん使った分だけ
あしたでんき
15A
421円20銭
0円
0円
3,000円
20A
561円60銭
0円
0円
3,000円
30A
842円40銭
0円
0円
3,000円
40A
1,123円20銭
0円
0円
3,000円
50A
1,404円00銭
0円
0円
3,000円
60A
1,684円80銭
0円
0円
3,000円

他の電力会社は、全て無料もしくは定額料金となっています。Looopでんきとピタでんは0円ですが、Looopでんきの場合は従量料金26円、ピタでんは従量料金20.75円となっています。また、あしたでんきは一律21円となっています。

使用量別で比較すると、以下のような違いとなります。
使用量
中部電力
Looopでんき
ピタでん
あしたでんき
200kwh(1〜2人・30A)
5,330円40銭
5,200円00銭
5,050円00銭
3,000円00銭
300kwh(2〜3人・30A)
7,838円40銭
7,800円00銭
7,575円00銭
7,200円00銭
500kwh(3〜4人・40A)
13,713円20銭
13,000円00銭
12,625円00銭
9,300円00銭
700kwh(4〜5人・50A)
19,588円00銭
18,200円00銭
17,675円00銭
13,500円00銭

中部で一番お得な電力会社はどこ?

中部エリアで最もお得な電力会社は、あしたでんきです。非常にリーズナブルな価格設定で、生活費の削減を期待することができます。

電気料金は非常に難しくわかりにくいという方が多いですが、あしたでんきはわかりやすい料金形態を採用しているので、よりお得感が実感することができます。使用量に応じて2つのプランが用意されており、標準プランでは、年間6,000円弱の電気量削減できますし、大家族の場合はなんと年間36,000円程度もお得になるケースもあります。

提供エリアも非常に広く、利用しやすい点も評価できます。申し込みについても、オンラインで最短10分で完了しますので、簡単さも魅力的です。

他では、毎月の電気使用量をホームページ上で容易にチェックでき、しかもグラフ表示されるのが良いですね。

電気会社を変更すれば電気料金がお得に

中部電力から他の電気会社に乗り換えると、よりお得になるのですが実際に乗り換えるためには手続きなどを踏まなければなりません。そのハードルを超えた先に、毎月の電気料金の削減を達成できるのです。

電気会社の変更は簡単?

中部電力エリアには数多くの電力会社がありますが、実際に電力会社を変更する場合どのような手続きを踏んで、どれだけ簡単に行えるのでしょうか?

中部エリアで特に地元に根ざした電力会社として、次の2つがあります。
・ハローG電力
・きらめきでんき

以上の電力会社における乗り換えまでの手続きについて紹介します。

ハローG電力

ハローG電力を運営している株式会社ハローGは、創業から60年以上に渡って、主に中部や関東圏を中心として、LPガス販売やインターネットプロバイダ、通信工事といったインフラサービスを提供していました。その活動は国内だけでなくインドネシアを中心とする東南アジア諸国にも展開している、グローバル企業です。

2016年4月に、新電力大手の株式会社F-Powerと販売代理店契約を締結して電力の販売実施しています。申し込みに関しては、まず検針票とクレジットカードもしくは口座情報を用意する必要があります。

申し込みはインターネット上で行うことができ、また非常に簡単な操作で完了します。その後、スマートメーターが設置されていない場合は設置工事が行われますが、特に立ち会いは不要です。

概ね、14日前後ですべての作業が完了して、次回検針日または次々回検針日からスタートとなります。日程については、メールにて通知されます。

きらめきでんき

きらめきでんきは、AOIエネルギーソリューション株式会社が運営しているサービスです。石油製品、LPガス販売、太陽光発電、法人向け高圧電力、省エネ商材販売といった総合エネルギーソリューションサービスを展開している会社であり、実績も多数あります。

シンプルでわかりやすい料金形態は魅力的で、また安定した発電力と供給体制を確保しているのも良いですね。電力見える化サービスによって、節電と省エネを実現できるので、よりお得感が増すことは間違いありません。

きらめきでんきは、申し込みはパソコンやスマートフォンから手軽に実施できます。支払いはクレジットカードか銀行口座振替から選択でき、申し込みから電力の切り替えは約2週間で完了します。

まとめ

中部電力エリアでは、値上げ幅こそ低いものの以前と比較して料金的に高くなっている傾向があります。その中で、今回紹介した電力会社への乗り換えを検討して、よりお得に電気を利用できると良いですね。